公務員試験予備校比較ラボ~評判

公務員試験予備校比較ラボ~評判

講座・通学スクール選びに悩まされているのであれば公務員予備校比較ラボを活用してくださいませ。

 

主に公務員試験予備校おすすめランキングのコーナーなども作成していますので、参考にして頂ければと思います。基本的に当サイトで提携しているサービスは評判&口コミ評価に優れていますので、安心して合格を狙うことができるはずです。

 

試しに通学の公務員塾・スクールの2ch(2ちゃんねる)噂や体験談などを調べてみるといいと思います。きっと高評価を得ているはずです。

 

【決定版】公務員予備校ランキング

 

人気のある学校・通学講座に厳選して掲載しています。

 

まずは気軽に複数校へ無料資料請求をしてみてくださいませ。

 

対応学歴 大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度
総合分析

詳細レポート 通学の公務員塾・スクール講座を選ぶのであれば欠かせないのがココ!生講義がおすすめのポイントでこれまでに数々の難関試験突破の実績があるのが特徴的になります。国家、地方共に強く試験別の攻略ノウハウを持っているので受験者の少ない採用試験にチャレンジする方にも人気があります。特に市町村区単位になると網羅していない公務員予備校が結構多いので貴重な存在であることは間違えないでしょう。抜群の講義力が人気の理由になっているので特に通学で通って授業を受けたい方は必見です!
対応学歴 大卒程度
総合分析

詳細レポート 大卒程度の公務員試験に限って言えば合格実績は国内トップクラスであると言えるでしょう。知名度も抜群に高いですし、何より校舎数も全国に多数ありますので、通学しやすいのが特徴的ではありますね。公務員予備校の評判&口コミ評価を検証すると必ずと言っていいほど名前が挙がってくる理由は1人一人に合った講座・コースを提案するために多種類のカリキュラムを用意されているという点だと思います。まさにオーダーメイド型と言っても過言ではないでしょう。
対応学歴 大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度
総合分析

詳細レポート 学校としての規模で考えるとそれほど大きなイメージは無いと思います。教材・講義の質共にハイレベルでポテンシャルの高さを考えると決して軽視することはできないでしょう。また、他のサービスではあまり設置しないニッチなエリアにスクール講座を構えていますので、自宅近くから通いやすいと評判です。
対応学歴 大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度
総合分析

対応学歴 大卒程度
総合分析

対応学歴 大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度
総合分析

対応学歴 大卒程度
総合分析

対応学歴 大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度
総合分析

 

公務員通信講座ランキングはこちら

 

公務員試験予備校の選び方・決め方を教えて!

 

上記で全8校の公務員予備校おすすめランキングを参考にするのが王道ですが、そもそも比較するポイントが分からない!という方も多いと思います。

 

そこで理想的な選び方・決め方について厳選6項目でまとめましたので、それを参考にすると明確になると思います。まずは下記をご覧くださいませ。

 

ステップ①~信頼性・安心感はあるか?

 

一番大切なのはココですね。不安や心配になるような公務員専門学校・予備校は絶対に止めるべきです。

 

何となく公式サイトに掲載されている内容が胡散臭いと思ってしまったのであれば避けましょう。優良のスクールは山ほどありますので。

 

ステップ②~受験する試験区分に対応しているか?

 

上記を見れば分かると思いますが、大卒程度専門のスクール塾も結構ありますので、注意が必要になります。

 

例えば高卒程度を受験するのに間違って大卒程度の講座を選んでしまっては効率が悪いですし、合格までに遠ざかってしまいます。

 

ピンポイントで学習を進めることができる学校を選ぶのがベストになります。

 

ステップ③~勉強スタイルにあった講座はあるか?

 

通学であれば生講義、授業形式、通信であればDVD、WEB動画、音声ダウンロードなど様々な受講スタイルがありますので、覚えておきましょう。

 

例えば仕事が忙しい方であれば生講義を頻繁に受けるのは難しいのでWEB系を選択するのが理想的です。

 

逆に時間が余っているのであれば通学で授業を受ける選択肢もあるでしょう。このように自分のライフスタイル・勉強に合った講座コースの中から決めるようにしましょう。

 

ステップ④~自宅近くに専門学校・予備校はあるか?(通学編)

 

自宅から校舎まで1時間以上掛かるのであれば通学は諦めた方がいいと思います。

 

よほどの根性があれば別ですが、それだけの距離・通学時間をかけるのであれば自宅で学習を進める方がはるかに効率的です。

 

片道1時間以内、出来れば30分以内の公務員試験予備校を見つけましょう。

 

ステップ⑤~サポート体制はどうなっているのか?(通信編)

 

1次試験の内定を中心にPRしているスクールがある場合は注意必要になります。

 

最終的な目標・夢な試験に合格して働くことだと思います。1次の結果しか報告していない学校は2次・最終試験の結果において誇れない場合が結構ありますので、抑えておきましょう。

 

これは人物試験などのサポート体制力も現れますので、要チェックです!

 

ステップ⑥~複数社へ資料するべし!

 

最後にちょっとタイプが合わないな~と思うような公務員学校でも一応は資料請求で情報収集しておくことをおすすめします。

 

目安は最低5社ですね。資料には公式ホームページには掲載されていない貴重な情報もたくさんありますので、必ず講座を申込する前にはやっておきたいことですね。

 

「予備校」と「専門学校」どっちがいいの?比較

 

最後によくある疑問について徹底比較してみましたので、予備校にするか?専門学校にするか?悩まされている方は下記を確認しておいてくださいませ。

 

公務員予備校のメリット・デメリット一覧

 

メリット

 

  • 予算が少なめの方におすすめ
  • 合格に直結しているので効率的
  • 時期・季節に関係なく気軽に入会できる

 

デメリット

 

  • 専門卒を得ることができない
  • 設備が充実していない傾向がある
  • 体験学習等のイベントが少ない

 

公務員専門学校のメリット・デメリット一覧

 

メリット

 

  • 就職後に給料アップを狙える
  • ビジネススキル全般を身に着けることができる
  • 友達を作りやすい環境

 

デメリット

 

  • 高額の傾向がある
  • 本当に必要な学習以外も多い
  • 入学時期が限定されている

 

比較した結果~まとめ

 

既に”公務員になる”という強い意志があるのであれば予備校を推奨します。

 

コストパフォーマンス、勉強効率を考えると非常にメリットがありますし、自分の勉強スタートの制限もないのが特徴的ではありますね。

 

学生で現役合格を目指す方、浪人生・社会人など様々な環境に適応できるのも魅力ですね。

 

一方、公務員専門学校についてはまだに将来の進路に悩んでいる方におすすめです。

 

理由は民間企業への就職サポートに力を入れている傾向がありますので、予備校と比較すると民間へシフトチェンジがしやすいというメリットがあります。

 

また、公務員試験突破に直接関係は無いのですが、実務として幅広く使える資格やスキルを身に着けることができます。

 

例えばPC(パソコン)の操作ができなくても合格はできますが、実際に働くとなった時には必ず使うことになりますので、苦労しますよね?そのようなイメージでいいと思います。

 

もし、悩まされているのであれば予備校タイプと専門学校タイプの両方を自分なりに分析してみてくださいませ。

更新履歴