建築士予備校比較

建築士予備校比較ランキング

受験資格では学歴と実務経験が重要視される国家試験として知られています。大学、短大、高専、高校、中卒など進学方法によって最短ルートも違ってきます。業界全体に言えるのは完全実力主義であるという点になります。

 

高学歴の方でも定収入の方もいますし、高卒・中卒でもカリスマ的な人気を誇る方もいます。確かに努力することも大切ですが、ある程度はセンスが問われる一面もありますので、正直な話をすると向き不向きは存在します。しかし、有名建築物を設計すると後世に名を残すことができるなど”偉業”として語られることもあります。スケールの大きな仕事をすればきっと満足感を得ることができるはずです。

 

さて、今回紹介するのは建築士予備校比較ランキングに関するテーマになります。受験資格を得るための大学・専門学校への入試対策ではなく、実際の国家試験対策をするスクール塾・通信講座おすすめ特集として捉えて頂ければと思います。なお、建築士1級・建築士2級の予備校で評判&口コミ評価に優れているサービスに厳選していますので、安心して選ぶことができるでしょう。安い・格安学費・費用で徹底比較したい人にとっても参考になると思います。

 

建築士予備校おすすめランキング

 

 

申込はe受付

 

  • 圧倒的な合格実績
  • ISO29990の認証取得
  • 受講料が安い・格安
  • 返金制度あり
  • 建築士1級・2級の両方に対応

 

大手予備校の中では意外とリーズナブルな価格・値段体系になっています。コストパフォーマンスで選ぶ上でも候補の1社として必ず加えておきたいところではありますね。また、TACは開講時期や学習レベルに合わせた最も最適なコースを提案するなど利便性に非常に優れています。例えば基礎からアウトプットまでフルパッケージで学ぶコースから受験経験向け、直前演習ゼミ、設計製図本科生、力学基礎講義、法規基礎講義など本当に様々です。なお、建築士予備校を札幌市、仙台市、津田沼(船橋市)、千葉、大宮、横浜、渋谷、新宿、池袋、水道橋、町田、立川、静岡、名古屋市、神戸市、大阪(梅田・難波)、京都、広島、福岡などでお探しの方にとっても利便性に優れている通学校舎がありますので、必見です。

 

学習メディアも教室講座、個別DVD講座、WEB通信講座、DVD通信講座と好きなタイプを選ぶことができますので、興味があるのであれば気軽に覗いてみてくださいませ。

 

 

建築士2級対策に強い!

 

  • 建築士通信講座でおすすめ
  • テキスト教材のレベルが高い
  • 超有名なスクールだから安心
  • コストパフォーマンスに優れている

 

建築士1級には対応していないのですが、その分建築士2級カリキュラム作成に力を入れているのが特徴的になります。学科対策も製図対策も充実していますので、通信教育で選ぶのであれば候補の1つとして加えておくべきでしょう。気になる金額については一括払いで98,000円(税込)です。10万円未満の対策講座ってなかなか無い分野ですので、安い・格安で考えるとトップクラスと言えるでしょう。

 

独学で勉強されている方もコストを抑えることができるので再度検討してみても良いと思います。

 

進学希望者必見!

 

建築士を目指せる専門学校一覧

建築士予備校比較記事一覧

建築物を設計するプロフェッショナルとして言語の違う海外で拠点を移しても活躍しやすい職種の1つです。実際に有名はビルや橋などの建造物に関わって、一躍業界のカリスマ的な存在に成り上がった日本人は結構いますね。さて、今回はTAC建築士の評判&口コミ評価に関連するポイントをチェックするコーナーを作成しました。1級建築士対策講座・2級建築士対策講座の概ね2種類に分かれていて、それぞれトップクラスの講師陣によ...