不動産鑑定士予備校比較

不動産鑑定士予備校比較ランキング

土地や建物の鑑定業務をするスペシャリストです。不動産系国家資格の中では最高峰の位置付けとされています。

 

それだけに合格するまでの期間が2年~4年程度かかるような体験談・感想はゴロゴロあって、生半端な覚悟で突破するのは難しいと言われています。高度な知識・理解が必要になりますので、それを指導することができる講師は全国にはほとんどいないと言われている実際に不動産鑑定士試験対策講座・コースのある予備校はほとんどないですからね。

 

今回はその中でも選りすぐりの不動産鑑定士予備校を比較していますので、人気ランキングと合わせてご覧頂ければと思います。

 

なお、評判&口コミ評価に優れているスクール塾を筆頭に社会人や忙しい学生で通えない方向けの不動産鑑定士通信講座も掲載していますので、合わせてチェックしてみてくださいませ。

 

不動産鑑定士予備校おすすめランキング

 

 

申込はe受付

 

  • 短答式対策に強い
  • 論文式対策に強い
  • 合格占有率の実績がスゴイ
  • 業界を代表する講師が在籍
  • 短期講座あり

 

圧倒的なポテンシャルを誇るTACでは初学者向けコースと受験経験者向けコースの2つの種類で構成されています。学習レベルに応じて最も最適なプランを選択することができるのも強味であると言えるでしょう。また、不動産鑑定士予備校を札幌市、仙台市、千葉、埼玉、横浜、渋谷、新宿、水道橋、池袋、町田市、立川市、静岡、名古屋市、神戸市、大阪(梅田・難波)、広島、福岡で検討されている方にとっては朗報です!TACでは様々な全国の主要エリアに通学校舎を構えていますので、利便性に優れています。

 

もちろん、自宅から離れていて通えないという人もいると思いますので、WEB通信講座・DVD通信講座などのラインナップもあります。学習メディアの豊富度についても魅力の1つで様々なライフスタイルにマッチングする教材を選ぶことができます。まさにオーダーメイド型ですね。

 

そして何より知っておくべきなのは合格実績です。2016年度不動産鑑定士論文式試験合格者103名中TAC不動産鑑定士講座本科生は脅威の75名です。合格者の約70%が利用している大手・有名学校ですので、信頼性は非常に優れています。

 

実際に選ぶポイントにおいて学費・費用が安い・格安、テキスト教材のレベル、講師の口コミ・評判、知名度・大手など様々な項目がありますが、一番重要になるのは実際に試験突破している人はどのくらいいるのか?です。それが最大の証明になりますよね。

 

 

  • 各分野のプロフェッショナルによる指導
  • 全国各地にスクール教室設置
  • 全日制・夜間講座の両方に対応

 

ニッチなエリアにも学校があることで知られていますね。例えば八戸、秋田、郡山、中野、大宮、高崎、新橋、所沢、沼津、浜松、四日市、滋賀、和歌山、富山、新潟、福井、金沢、松江、岡山、山口、高松、松山、長崎、熊本、鹿児島、那覇などですね。これだけの地方エリアを網羅している通学スクールはなかなか無いので貴重な存在であると言えます。

 

学習カリキュラムの基本になるのは短答式試験対策においても論文式試験対策においても基礎講座と答練になります。簡単に言えばインプット後にシッカリとアウトプットで理解をするイメージです。行政法改正対策講座、実践答練、短答公開模試試験、論文公開模試試験など非常にボリューム面においては充実性があります。社会人でも勉強に集中することができるように昼間講座以外においても夜間講座があるのは嬉しいですね。また、短答式に限定した学習をするコース、論文直前パック、行政法規パック、担当実践答練・模試パックなどワンポイントで受講することができるのも嬉しいですね。

 

試験概要・日程について

 

短答式試験

 

日程:5月中旬頃→合格発表6月下旬

 

科目:不動産に関する行政法規、不動産の鑑定評価に関する理論

 

試験地:北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

 

論文式試験

 

日程:8月上旬(3日間)→合格発表10月中旬~下旬

 

科目:民法、経済学、会計学、不動産の鑑定評価に関する理論

 

試験地:東京都、大阪府及び福岡県

 

不動産鑑定士試験は真夏の3連戦と呼ばれるくらい体力的にも精神的にも疲労するという体験談口コミが多いですね。確かに1日でも結構大変なのに3日連続はつらいですね。しかし、それを乗り越えなければ夢を叶えることはできません。体調をシッカリ整えて試験本番に備えたいところではありますね。

不動産鑑定士予備校比較記事一覧

不動産価格の適正を見極めるのは大変高度な知識が必要になります。建物や土地を評価するお仕事が不動産鑑定士になりますので、興味を持っている方も中にはいるのではないでしょうか?コンサルティング業務などアドバイザーとしての需要もありますので、地味な業務だけではなく、ダイナミックなビジネスに携わることができるケースも。今後期待の国家資格の1つです。さて、TAC不動産鑑定士の評判&口コミ評価を徹底検証するコー...