警察官予備校比較

警察官予備校・専門学校比較ランキング

30歳~35歳くらいまでなら受験することができる自治体もあることから民間企業から転職を検討する方も多いと言われています。実際に難易度事態においてもそれほど難しいものではないので働きながら合格を目指しやすい職種の1つであると言えます。大卒程度、短大卒程度、高卒程度で実施されている。

 

さて、このページで紹介するのは警察官の予備校・専門学校比較ランキングに関するコーナーになります。自宅近くに通学校舎が無い方のためにWEB・音声DL・DVDで勉強を進めることができる警察官の通信講座・通信教育おすすめ特集も用意していますので、必見です。なお、まずは基本的な職業としての知識から入りますので、就職・転職を考えている方については先頭から既に受験を決意されている方についてはページ最後の警察官予備校の評判&口コミ評価企画まで飛ばしてくださいませ。2次試験で重要になる面接対策講座・時事対策・論文試験対策に関する解説もしていますので、そちらも必見です!

 

警察官の仕事内容・勤務先

 

身分を大きく分けると「地方公務員」と「国家公務員」に分かれます。前者はノンキャリア組、後者は最高幹部及びキャリア官僚で構成されます。一般的に都道府県で実施されている警察官採用試験に合格された方は地方公務員になりますが、警察庁採用試験で総合職(Ⅰ種)で入庁した方がキャリア官僚、一般職(Ⅱ種)で入庁した方は準キャリアと呼ばれています。いずれも身分は国家公務員になります。後ほど解説しますので、これらには今後働くうえで大きな違いがありますので、詳しい内容についてはポイント③でご覧頂ければと思います。

 

警察官の仕事内容・業務内容についてはシンプルに言えば犯罪防止・地域住民の安全を守ることになります。男性・女性の職員がいますが、基本的には同様の役割を果たすことになります。調べると1日の業務の流れ例などのコンテンツを用意されているサイトなどもありますので、興味があればチェックしてみるといいでしょう。

 

なお、勤務先として挙げられるのは大きく3つになります。

 

  1. 交番・派出所
  2. 警察署
  3. 警察本部

 

さらに組織内においては総務部、警務部、生活安全部、地域部、刑事部、交通部、警備部、政令都市警察部、警察学校などで運営されています。花形部署と言われている刑事部においては殺人・強盗などの凶悪犯罪から詐欺・窃盗事件など様々な案件を課ごとに対応されています。選りすぐりのエリート集団を集めていますので、まず新卒1年目、2年目、3年目で配属されることは無いでしょう。若い方であれば20代で刑事になることも十分に可能ではありますが、勤務成績上位でなければ希望通りにいくのは難しいと考えることができます。

 

なお、生活安全課はよく「警察24時」のようなリアルドキュメンタリーなどにも出てきます。理由は暴走族など少年犯罪を捜査する活動などもしているからです。他にも全体的に地域住民の生活の基盤を守る役割を任されていて風営法関連の取り締まり、経済・サイバー犯罪の捜査など様々な業務内容になっている。

 

地域部は一部親しみのある交番のお巡りさんになります。落とし物を届けたり、子供の頃迷子になったりなど一度くらいはお世話になった方も多いのではないでしょうか?基本的に交番勤務は巡査部長までの階級になりますので、地域の方とコミュニケーションを取ることができる現場主義に拘る方の中にはあえて昇任試験を受けない人もいます。女性・男性共に警察学校卒業後に配属されるオーソドックスな勤務先と言えるでしょう。

 

そのほかにはSP、機動隊などもいる警備部や憧れの白バイ隊員が在籍している交通部など様々あります。現実的には希望通りの人事異動をするのは難しいのですが、勤務成績が認められれば可能性は高まりますので、まずは仕事を頑張るということが大切になるでしょう。

 

年収・給料事情

 

平均年収700~800万円(推定)

 

多少、勤務する都道府県によって給与・賞与ボーナス(期末勤勉手当)の水準が異なりますが、全体的に高収入の職業の1つになります。大学時代、高校時代のスポーツに打ち込んでいた方などにも人気のある職種の1つで柔道・剣道経験者なども多いと言われています。体を動かす機会が多いので鍛えながらガッツリ稼ぐことができる仕事を探している方に非常におすすめになります。

 

大卒警察官の給料モデル

 

23歳(警察学校):年収240万円

 

25歳(巡査):年収480万円

 

30歳(巡査部長):年収600万円

 

35歳(巡査部長):年収700万円

 

40歳(警部補):年収820万円

 

45歳(警部):年収900万円

 

50歳(警部):年収1000万円

 

55歳(警視):年収1100万円

 

60歳(警視):年収1140万円

 

上記は順調に出世したケースを想定して掲載しています。退職金ベースで考えると2500~3500万円程度が相場になるでしょう。退職金で重要になるのは勇退時の階級になります。なお、一般的に大卒警察官の方が若干給料水準が高く、出世に有利になると言われていますが、実際には短大卒程度と高卒程度と比べてもそれほど変わらない待遇条件になります。もちろん、高卒警察官でも年収1000万円の大台を突破されている方は大勢います。なお、後ほど警察官通信講座ランキングを発表しているコーナーを用意していますので、楽しみにしてくださいませ。

 

出世・昇進・階級制度

 

巡査(係員)→巡査長(上級係員)→巡査部長(班長・チームリーダー)→警部補(係長・副課長クラス)→警部(課長・副署長)→警視(警察署長・本部参事官)→警視正(理事官)→警視長(警察本部長)→警視監(局長・審議官)→警視総監→警察庁長官

 

ちなみに巡査~警視までは地方公務員の身分になります。そして警視正~警察庁長官までは国家公務員になります。ノンキャリアにおいても相当実力があれば警視正までは可能性があると言われていますので、地方採用組から国家公務員に定年間際になるケースも考えられるということになります。

 

一般的に警部までは昇任試験が実施されていて実力主義と言われていますが、それ以上になると上司の推薦制度などで自分の力ではどうにもならない場合が多いのが特徴的になります。ノンキャリアで目標を警察署長とされている方は多いと思いますが、そのためには最低でも警視、大規模な署のトップになりたいのであれば警視正を目指すべきでしょう。なお、昇進試験の受験資格においては大卒程度、短大卒程度、高卒程度で若干勤務間などが異なりますので、就職先の制度をシッカリと確認しておくことが重要になります。

 

なお、準キャリアにおいては初期から巡査部長の階級、キャリア組については警部補からスタートになりますので、出世スピードを考えると拡大に速いことが分かります。特に警察庁出身者である官僚の場合ですと27歳~29歳程度で署長を任されるケースもあり、30歳以上歳を重ねた部下を持つことも当然あります。一般的に準キャリアにおいても警視正クラスが限界レベルと言われていますので、警視長、警視監、警視総監、警察庁長官などを目指すのであれば総合職・Ⅰ種採用試験の受験をおすすめします。但し、その場合は難易度を考えると予備校・専門学校の利用が効率性を考えると重要になるでしょう。

 

第一の関門!警察学校について

 

試験に合格してすぐに現場で働くことができる訳ではありません。長期的な研修と言われているのが警察学校の存在になります。

 

これはどの都道府県で採用された場合においても入学して卒業しなければ現場で働くことはできません。メインになるのは警察官として最低限必要になる教養や知識の確保、そして体力作りなどになります。一般的に机に向かって勉強ばかりするイメージがありますが、意外と体力的な学習カリキュラムが多く組み込まれています。

 

規則正しい生活を送るのはもちろん、何より大切なのは同期との過ごす貴重な体験、思い出などになります。ココで一緒に学び友人になった方とは退職後までプライベートで遊ぶ中と言われている警察官OBも多数います。

 

ガチガチに縛りつけられた日常をイメージされている方もいると思いますが、休日で実家に帰省することも可能になりますので、シッカリと精神的にもリフレッシュすることができます。警察官予備校・スクール塾比較までもう少し!

 

警察官の難易度・倍率について

 

ノンキャリア(都道府県警察官)10段階中・・・1.5

 

キャリア(警察庁官僚)10段階中・・・10

 

全体的に一般的な警察官採用試験は難易度が低いと言われています。倍率・競争率は特別低い訳ではないのですが、受験生の学力レベルを考えてこのような評価になります。但し、キャリア組として警察官を目指しているのであれば相当難しく、合格者の大半は東京大学出身者と言われています。京都大学、慶応大学、早稲田大学クラスで合格するのは至難の業と言われているくらいの難易度になりますので、覚悟をもって受験勉強をするべきでしょう。

 

 

警察官の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

たくさん、テキスト教材がありますので、独学の場合ですと自分に合ったタイプを選択するのが大切になります。よく、口コミや評判などで決める方がいるのですが、参考書・過去問の使いやすさはその人によって異なりますので、自分基準で選ぶのが大切になります。

 

警察官の予備校おすすめランキング

 

警察官に強い予備校・専門学校特集になります!多数のコース講座を抱える名門を中心に厳選して掲載していますので、安心して最終合格を目指せるはずです。まずは気軽に最低5社へ無料資料請求をしてみてくださいませ!1次筆記の教養試験対策から面接対策講座まで充実!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察官予備校比較記事一覧

警察官採用試験は国内では47全ての都道府県別で実施されています。※状況によっては採用を停止する自治体が出る可能性もあります。住んでいる自治体を受験しなければいけないルールはありませんので、自分の働きたい自治体を選んで試験に臨むことができます。正直言って、筆記試験(教養試験・作文)、人物試験(面接試験)、体力試験に自信が無いので、警察官採用試験の中で難易度の低いところを受験したいと考えている人もいる...

警察官の平均年収はどのくらい?都道府県警察官(ノンキャリア組)→平均年収780万円程度警察庁職員(キャリア組)→平均年収900万円程度警察官の年収は自治体によって異なります。低いところで680万円程度、高いところで850万円程度と言われています。47都道府県別で考えるとダントツのトップは警視庁になります。財政規模が大きいこと、平均年収の高い民間企業が集まっている地域の場合ですと高水準になりやすいの...

大卒程度・高卒程度の警察官年齢制限一覧警察官採用試験の受験資格である年齢条件について調べてみました。警視庁を含む各自治体の上限をまとめてみましたので、ご覧くださいませ。注意点①平成29年度実施試験掲載(まだ最新情報が公開されていない一部の自治体で平成28年度実施試験の年齢制限を掲載しています。)②基本的に採用時の年齢制限を掲載していますが、一部異なる可能性があります。③「警察事務」と「警察官」の受...

警察官の初任給ランキング~自治体別まとめ初任給表のチェックポイント!①平成28年度4月採用をベースに掲載しています。(一部異なります。)②新卒の場合で算出されている金額です。既卒や経験者の場合は異なります。③扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当等の諸手当を除いた金額になります。④各自治体概ねの初任給月額を掲載していますので、正確性は保証できません。⑤最新情報は必ず各警察官採用試験ページをご...

警察官の階級・役職一覧表警察官の階級制度と昇進試験(昇任試験)に関するまとめページです。気になる警察官が登場するアニメ・漫画・ドラマ・映画の主人公の階級も一覧にしていますので、興味がある方は最後までチェックして言ってくださいませ。一般編警察庁警視庁警察本部民間例警察庁長官長官--代表取締役会長警視総監-警視総監-代表取締役社長警視監次長・局長・審議官副総監・部長本部長(大規模)専務取締役警視長課長...

【都道府県別】警察官の身長制限・体重制限一覧表警察官採用試験には各自治体で身体基準があります。それを満たさない場合は不合格(落ちる)という厳しい条件のある試験も存在します。今回は警察官の身長制限・体重制限を各都道府県別に一覧にしてまとめてみました。受験する自治体の条件を満たしているか?確認することに役立てて頂ければと思います。なお、近年の傾向としては体格基準の緩和や撤廃の傾向が進んでいます。ココ数...

【都道府県別】警察官の視力検査・聴力検査基準一覧警察官採用試験の視力検査、聴力検査を都道府県別にまとめているページになります。※内容が一部古い可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認してください。視力基準聴力基準北海道両眼で裸眼視力0.6以上又は矯正視力1.0以上-青森県--秋田県両眼で裸眼視力0.6以上又は矯正視力1.0以上-山梨県両眼で裸眼視力0.6以上又は矯正視力1.0以上正常であるこ...