横浜市の公務員試験予備校

横浜市の公務員試験予備校・専門学校

人口集中地区の1つで、みなとみらいは頻繁にドラマ撮影地として取り上げられているのが特徴的になります。自治体としてのポテンシャルも優れていて、横浜市職員採用試験は難易度・倍率共に高いので対策方法が合否を分けることになるでしょう。公務員試験受験は教養試験・専門試験等の筆記に多くの時間を費やすのですが面接対策・論文対策にはあまり時間を使わない傾向があります。特に独学の場合ですと2次試験に向けての対策がおろそかになる傾向があるので注意しなければいけないですね。

 

これは横浜市職員採用試験対策以外においても言えることですが・・・。また、市内は政令都市になりますので鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、港北区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、瀬谷区、栄区、泉区、青葉区、都筑区に分類されています。それぞれの出先機関や働く場所について検証するのも個別・集団面接の攻略ポイントの1つになることでしょう。

 

 

横浜市の公務員予備校・専門学校をまとめているコーナーを作成しました。通学講座のスクール塾をお探しの方は参考にしてくださいませ。

 

横浜の公務員予備校おすすめランキング【決定版】

 

最低3社へ無料資料請求!評判&口コミで高い評価を得ている公務員試験学校に厳選しておりますので、安心して学習に集中することができるはずです。

 

所在地 横浜市西区北幸1-4-1 横浜天理ビル11階
通信 あり
学歴 全て
評価レポート 警察官・消防士試験に強いことでも知られています。東京アカデミーは講義の質に拘る方におすすめの公務員学校と言われていますので、通学教室で勉強を望むのであれば絶対に比較対象に加えておきたいというのが本音になります。また、横浜市社会人経験者採用対策をすることも可能になりますので、倍率・給与などばかりを気にするのではなく過去問など合格に直結する行動を移したいところではありますね。
所在地 公式サイト参照
通信 あり
学歴 全て
評価レポート 多数の校舎を構えているのが魅力的で実力派と言われることも少なくはありません。個人的にも横浜の公務員予備校おすすめで一押しすることができますし、地方初級・地方上級共にポテンシャルに優れているのが特徴的になります。また、民間企業経験者で中途採用を受験する場合は働きながら勉強と両立することになりますが、資格スクール大栄であれば夜間講座もありますので、安心して対策することができます。

所在地 横浜市西区高島2-19-12 スカイビル25階

横浜市港北区日吉本町1-5-21

通信 あり
学歴 大卒程度、院卒程度
評価レポート 大卒程度専門の公務員試験学校であることは周知の通りで事務・行政職以外においても土木、建築、電気、機械など技術系専用の講座・コースにおいても複数あります。全般的に学びたいのであれば工学の基礎などを受講するのも1つの手です。学習スタイルにおいても通学だけではなくDL、WEBなどいろいろありますので、自分に合った方法で学習を進めるといいでしょう。校舎については西区と港北区に構えている。

 

 

所在地 横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル6F

横浜市都筑区池辺町 4035番1
横浜市港北区日吉2-1-1
横浜市港南区上大岡西1-13-8 三井生命上大岡ビル7F

通信 なし
学歴 全て
通信 テキスト教材・WEB講座
学歴 大卒程度

所在地 公式サイト参照
通信 あり
学歴 大卒程度、院卒程度

*国家総合職、外務専門職、地方上級など。

通信 インターネット講座
学歴 全て

所在地 横浜市神奈川区反町1-8-14

横浜市港北区日吉本町1-23-6

通信 あり
学歴 全て
評価レポート 横浜の公務員専門学校で評判&口コミ評価を検証するのであれば一番最初に対象に加えておきたいのがココです。警察官予備校としての実績も素晴らしいものがあり、国内最大級の規模を誇っています。横浜市職員採用試験2ch(2ちゃんねる)をチェックするより大原の圧倒的な情報力の方が筆者としては魅力を感じますね。
所在地 横浜市西区北幸1-5-10 東京建物横浜ビル 6階
通信 あり
学歴 大卒程度、院卒程度

所在地 横浜市西区北幸2-4-3北幸GM21ビル4階受付

横浜市港北区日吉本町1-22-10日吉駅前ビル3階

通信 あり
学歴 全て
評価レポート 国家総合職や外務省専門職など他のスクール塾だとあまり取り扱いの無い区分においても徹底的に学ぶことができます。また、心理、福祉、物理、化学など専門性に優れている職種においても対応OKになりますので理系や福祉大学出身者は検討してみるといいでしょう。

 

東京IT会計法律専門学校横浜校

 

所在地:横浜市神奈川区台町9-5

 

主に公務員専門学校【横浜市】として注目を集めていますので、東京IT会計法律専門学校を検証されている方は大原と比較されているケースが多いのが特徴的になります。短期で合格を狙うことができる1年制と基礎からジックリと学ぶタイプの2年制で構成されています。コース種類としては・・・

 

  1. 公務員上級・中級コース
  2. 公務員初級コース
  3. 郵政・鉄道コース
  4. 警察官・消防官・自衛官コース

 

主に上記の4つに分かれています。民間就職にも強い公務員専門学校になりますので、高校生で進学する方はどのコースを選択するか入念に検討しておきましょう。

 

横浜市職員採用試験対策ポイント&難易度

 

  • 大学卒業程度採用試験
  • 高校卒程度、免許資格など採用試験
  • 社会人採用試験
  • その他の採用試験・選考

 

主に上記の通り分類されています。一番オーソドックスな大学卒業程度の公務員試験においては試験区分が多彩で平成28年度の場合ですと下記の通りになります。

 

事務、社会福祉、情報処理、土木、建築、機械、電気、農業、造園、環境、消防、消防(救急救命士)、学校事務、衛生監視員、保健師

 

さすがは人口集中地区!募集枠も本当にたくさんありますので、様々な働き方を求める方にマッチングする仕事を見つけやすいと思います。

 

免許資格系の採用試験においては保育士、学校栄養職員、司書などが代表的でいずれにおいても難易度は高いので早めに1次試験対策に向けて備えておくことが大切になります。高卒程度の地方初級になると試験区分はそれほど多くはないのですが事務、土木、機械、電気、水道技術、消防などが過去に実施されていますので、抑えておきましょう。

 

そして注目するべきは横浜市の社会人採用になります。受験資格において30歳を超えるとなかなか引っかかってしまうケースが多いのですが、社会人枠であれば平成28年試験の例で言えば31歳~59歳まで受験することができます。職種に応じてそれ以外においても当然条件はあるのですが、それでも転職先としては魅力的な給料・賞与(期末勤勉手当)・その他福利厚生等の待遇を考えると検討予知は十分にあるでしょう。

 

横浜市職員採用試験対策で大切なのは一般教養だけではなく専門時事論文、面接試験対策など筆記以外についても早めに準備を進めることです。また、消防士を目指す方で体力に自信がある人も多いと思いますが、長い間運動をしていないと現役時代のようにはいかないこともあり、本番で結果を出せない可能性もありますので、体力試験に向けてトレーニングは欠かさない方がいいでしょう。