教員採用試験予備校比較

教員採用試験予備校比較ランキング

子供の教育に力を入れて優秀な人材を社会に送り出すためのキーマンになるのが教員・教師です。

 

非常に重要な役割を担っている職業になりますので、なりたい人が誰でもなれる訳ではありません。仕事にするなら都道府県や市町村区で実施されている教員採用試験に合格・内定する必要があります。また、区分については小学校・中学校、高等学校、特別支援学校の大きく3つに分類されますし、受験する教科によっても試験内容が違いますので、確実情報については入念にチェックする必要があります。一律であれば把握しやすいのですが細分化されていますので、注意しましょう。

 

さて、教員採用試験予備校比較ランキングを紹介するコーナーを作成しましたので、さっそくチェックしてみてくださいませ。評判&口コミ評価に優れているスクール塾・専門学校おすすめ特集になりますので、きっと参考になるはずです。また、教員採用試験通信講座人気ランキングを検討されている方にとっても役立つ情報を掲載していますので、最後まで見て行ってくださいませ。2ch(2ちゃんねる)噂や体験談を既にチェックされている方も必見です!

 

教員採用試験予備校おすすめランキング

 

まずは気軽に資料請求をしてそれぞれのスクールを徹底比較!

 

 

王道です。迷ったらココ!

 

全国屈指の合格実績を誇る有名な教員採用試験対策塾・スクールになりますので、必ず覚えておきたいですね。通学の生講義がメインで売りになっていますが、実は通信講座・通信教育のテキスト教材レベルも多数のメディアにおいて評価を受けているのが特徴的になります。教室タイプに比べると料金・費用においても安い・格安に感じるはずですので、予算が少ない方やコストパフォーマンスを意識しているのであれば検討してみるのも1つの手ではありますね。

 

教員採用試験予備校を札幌、青森、仙台、秋田、静岡、名古屋、新潟、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡、長崎、大分、熊本、鹿児島周辺で探しているのであれば特に要注目になります。全国ネットワークの情報網を駆使して個別面接対策や集団討論対策など隙の無い学習カリキュラムが魅力的ですね。模擬授業や自己推薦書の書き方を個別指導するなどサポート体制も充実しているので安心感もあると思います。当然、アウトプットとして県別の模試試験を実施されていますので、自分の受験先に応じて実力を試すことができます。模擬試験で弱点や克服しなければいけない点を見つけることができますので、本試験を万全な状態で臨みやすいと思います。

 

  • 教職教養
  • 一般教養
  • 専門科目
  • 論作文

 

など試験に合格に欠かせない科目を中心に鍛えることができますし、高等学校、中学校、小学校、特別支援学校など目指す区分によっても対策することができます。オプション講座

 

 

1次・2次対策の万全サポート

 

初めて受験する方も一度失敗している方についても視野に入れておきたいのがココですね。全国各地に拠点を構えていることは周知の通りで東京内ですと新宿、水道橋、渋谷、池袋、立川、早稲田など”教員採用試験予備校の街”には必ずと言っていいほど学校がありますので、都心部にお住まいの方であれば通学しやすいと思います。また、福岡県、広島県、名古屋市、北海道、宮城県、千葉県、埼玉県、京都など全国の主要エリアにおいても堂々とスクール塾があります。

 

タックの凄さの秘訣は通学だけではなく、教員採用試験通信講座おすすめランキングにおいても様々なインターネットメディアで上位に掲載されているという点になります。WEB講座、DVD講座など通信の学習システムのレベルは数ある専門学校の中でも頭1つ抜けているクオリティーであると言えるでしょう。また、学習カリキュラムにおいてバランスの良い構成になっています。また、最終合格で大切になる個別面接・集団面接対策など人物試験を想定している講座は期待値が高いですね。

 

教育原理/教育法規/教育心理/基礎時事/直前時事/論文対策/面接対策/公開模試/一般教養/専門教養/県別対策・・・その他。コースによって内容は違いますので、詳しい内容や価格・値段を調べたいのであれば公式サイトを参照してくださいませ。

 

 

対策講座を「通信」で選ぶなら

 

通学教室はありませんので、教員採用試験通信講座の評判&口コミ評価を検証されている方は必見です。正直な話をすればこの分野の試験対策においてはそれほど有名ある訳ではないのですが、「急所の焦点を合わせている」という意味では覚えておく価値は十分すぎるほどあるでしょう。また、WEBを利用して課題演習と添削指導がありますので、基本的な知識を身に着けるだけではなく、アウトプットも充実しているのが選ばれる理由であると言えるでしょう。主に中学・高校、中学・高校教職教養・一般教養、小学校などにコースが分類されています。

 

 

実績豊富の伝統校で選ぶなら

 

合格率・累計人数については不明ですが、長年スクールを運営している信頼性は抜群に高いと言えます。教採予備校比較ならLEC東京リーガルマインドも加えておきましょう。

 

試験概要・日程について

 

*自治体によって異なりますので、注意!概ねの日程や内容を掲載しています。

 

出願期間:4月上旬~5月下旬頃

 

1次試験:7月上旬~下旬頃

 

2次試験:8月上旬~9月下旬頃

 

最終合格発表:10月上旬~11月下旬頃

 

1次内容:教職教養、専門教科、小論文・・・その他

 

2次内容:集団討論、個別面接、模擬授業、適性検査、実技検査・・・その他

 

募集予定人数:受験する自治体によって大きな差がありますので、注意が必要になります。

 

学校種類:小学校、中学校、高等学校、特別支援教育学校など。

 

教科:技術、国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭、英語、書道、商業、農業(園芸・食品製造)、工業(機械・電気・工業化学)など。

 

受験区分:一般選考、大学推薦特例、教職大学院特例、英語科志願者特例、社会人特例、教職経験特例、養護教諭特別選考など。

 

教員採用試験は様々な受験区分・科目種類がありますので、それによって出題種目などが異なります。最適な勉強法をするにはまずは概要を知り尽くすことが重要になりますので、実施要項などはシッカリと熟読することを推奨します。

 

難易度・必要な勉強時間

 

偏差値レベル判定

 

Bランク(偏差値55)

 

それほど難しい訳ではないのですが、ある程度の努力は必須になります。また、近年においては学力・知識だけではなく人物重視の傾向が強まっているので「勉強ができるか?」という点に加えて「どのような経験をしてきたか?」ということも合格するために大切になります。面接試験で全くネタの無い人生を歩んできた方の場合ですとかなり苦戦するかもしれないですね。

 

体育会系・文科系のどちらでもいいのですが、部活動やサークルに打ち込んだ経験があると面接での質問に適格に答えやすいですからね。これはグループディスカッション(集団討論の詳しい内容はこちら)、模擬授業などにおいても活かすことができるはずです。

 

全体的に教員採用試験の難易度は倍率・競争率・受験生レベルなどトータル的に分析してもそれほど難しくはありませんので、志があるのであれば短期でも十分に合格を目指すことができるはずです。本気を出せば1ヶ月~2ヶ月程度でも筆記は突破することはできるはずです。もちろん、初期の学力は個人差がありますので、基本が無い人はかなり時間が掛かると思います。

 

目安になる合格までの学習時間

 

3ヶ月~1年程度(300~600時間)

 

教員採用試験対策は日々の仲間たちとのコミュニケーションや活動が大切になりますので、ひたすら勉強をするというスタイルはあまりおすすめできません。また、出題される問題の内容については易しい難易度になりますので、これまでに基礎的な勉強をされてきた方であればそれほど苦戦はしないはずです。ただ、「ノー勉」で挑むのは無謀ですので、1日2~3時間でもいいので本番前はコツコツ勉強を積み重ねましょう。

 

平均年収・給料

 

700~750万円(推測)

 

教員・教師は数ある公務員の中でも特殊な職種になりますので、基本給が高い傾向があります。特に20代・30代若手の頃は事務系に比べると年収ベースで100万円程度の差が生まれるケースもあります。ただ、部活動・休日出勤の手当がほとんど無いことを考えると時給換算ではコンビニレベルと嘆く悲惨な声も体験談・2ch(2ちゃんねる)などを見るとゴロゴロありますね。

 

ただ、50代など定年近くになるとスゴイ楽になるみたいです。7月・8月の生徒が夏休みの間は全て年休やサマー休暇を使って学校には一切来ない先生もいるみたいです。ザックリ年代・役職別の給料推移や出世・昇任例をまとめてみました。(少しユーモアに。)

 

*高等学校勤務を例にした本当にいそうな学校の先生フェクション物語です。

 

22歳~29歳(若手):年収400~550万円

 

30歳~35歳(ヒラ教員2~3回程度人事異動を経験、内1回教育庁出向):年収580~650万円

 

36歳~40歳(学年主任):年収660~700万円

 

41歳~45歳(教務主任、管理職・教頭試験2回失敗の浪人):年収740万円

 

46歳(教頭試験3回目で合格):年収750万円

 

47歳(保留):年収760万円

 

48歳(教頭就任):年収820万円

 

50歳(校長試験合格):年収850万円

 

51歳(教育庁出向室長~副課長級、まだ校長保留):年収860万円

 

52歳(出向中):年収865万円

 

53歳(校長就任):年収950万円(年収1000万円届くはずが・・・。あと一歩!)

 

55歳(県内の伝統校に異動):年収960万円(くそ~まだか~・・・)

 

57歳(教育庁理事階級):年収1000万円(よっしゃ~!!!)

 

59歳(教育庁部長階級):年収1200万円

 

60歳(定年退職):退職金3800万円

 

61歳(大学幹部に再就職):年収1200万円キープ

 

63歳(教育関連の独立行政法人に再就職):年収1400万円

 

65歳(教育委員会に選出される)→74歳(教育委員会の大物と伝説になるが引退を決意)→75歳(キャリアの終焉)

 

生涯賃金5億円オーバー

 

教育庁に出向した場合の役職例

 

小中学校教頭→主任・室長クラス

 

小中学校校長→副課長・課長クラス

 

高等学校教頭→副課長クラス

 

高等学校校長(若手)→課長クラス

 

高等学校校長(中堅)→理事クラス

 

高等学校校長(大御所)→部長クラス

教員採用試験予備校比較記事一覧

67自治体中62の教員採用試験対策に対応している講座を開講している名門スクールになります。全国各地に拠点を構えていますので、合格率・合格実績等に関心を持っているユーザーも多いのではないでしょうか?さて、今回紹介するのは東京アカデミー教員採用試験の評判&口コミ評価に関するテーマになります。2ch(2ちゃんねる)噂などを調べている方についても最後までチェックして頂ければと思います。「二次の集団討論・論...

学校の先生と言えば子供に向けた教育現場の最前線として働く職業になります。それだけに知識面だけではなく、常識や人間力が求められています。また、合格するために独学で勉強している人がいる一方で受験対策専用の予備校・通信講座を積極的に活用されている例もあります。さて、今回紹介するのは資格のTAC教員採用試験対策講座の評判&口コミ評価に関するテーマになります。小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の試験区分...