宅建予備校比較

宅建予備校比較ランキング

毎年約20万名程度が受験する不動産業界の王道資格である宅地建物取引士(略称は宅建士)を目指している方は国内に多数いると思います。独学では合格するのが難しい試験ですので、ノウハウを持ったスクールの力を借りる方はたくさんいます。確かに効率的に短期間で合格を目指すのであれば膨大な情報量を持っている専門教育機関からサポートを受けたいと考えるのが普通だと思います。

 

さて、このページで紹介するのは宅建予備校・専門学校比較ランキングになります。評判&口コミ評価に優れている人気塾や対策講座に厳選して紹介しているので安心して選ぶことができるはずです。

 

宅建通学講座おすすめランキング

 

 

仙台、神戸、新宿、渋谷、水道橋など全国各地に多数の拠点を構えている資格業界大手の一角になります。特徴は駅から近いなど圧倒的に優れている利便性になります。また、コストパフォーマンスに優れているので宅建予備校費用安い・格安比較を検証されたい方においても比較対象に加えておきたいところではありますね。初心者を対象にしている合格コース(本科+答練)や基礎知識からシッカリ勉強することができる宅建士本科講座(民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法、都市計画法、建築基準法、宅地建物取引業法)などは確実に実力をつけることができる養成講座になっていますので、安心して合格を目指すことができます。

 

既に受験を経験されている方においても宅建士答練講座がありますので、インプットだけではなく、アウトプットも徹底的に鍛え上げることができるのが特徴的になります。また、地方においても多数の宅建学校がありますので、例えば静岡、名古屋、京都、札幌など東京以外でお探しの方においても向いていると言えるのではないでしょうか?宅建通信講座おすすめランキングにおいても上位の常連になりますので、通信教育で比較したいという方については読み進めて頂ければと思います。

 

 

熊本、広島、岡山、福岡(博多&北九州市)など様々な地域エリアにお住まいの方でも通いやすいスクール塾であると言えるでしょう。不動産取引の専門家としての登竜門資格になりますので、その業界でキャリアを積んでいきたいと考えているのであれば必見ですね。宅地建物取引士講座を比較するならAVIVAの存在は候補の1つに加えておくべきでしょう。

 

ザックリとした内容についてはオーソドックスなコースは出題頻度の高い項目を徹底的に反復練習をすることができるタイプになります。応用ではなく、基礎的な土台から学ぶことができますので、法律的な知識が乏しい方でも安心して利用することができるでしょう。宅建予備校口コミ&評判をチェックされている方は資料請求しておきましょう!

 

 

 

申込はe受付!

 

短期講座がありますので、直前対策のワンポイントとして活用するのも1つの手になります。試験本番まではコストをかけないために独学の道を選択してきた方でも最後の追い込みについては優良講師陣が多数いる有名・大手の宅建専門学校に力を借りるのも効率的な方法だと思います。主に3つのレベルに応じて講座が用意されています。

 

  • 初学者向け
  • 学習経験者・独学者・受験経験者向け
  • 宅建士試験合格者・宅建業に従事されている方

 

自分の求める条件の中からベストなコースを見つけることができるのが特徴的になります。長年人気をキープしている宅建予備校おすすめの1つ!

 

 

通学で選ぶのであれば欠かせないのがLEC東京リーガルマインドです。多数のカリスマ講師が在籍していて問題集・テキスト等の出版実績もたくさんありますので、信頼性・安心感はハッキリ言って数ある宅建学校・スクールの中でもずば抜けていると推測することができます。模試・模擬試験も実施されていますので、実力を試すタメにワンポイントで利用するのもいいでしょう。

 

 

宅建専門学校比較ランキングを調査している方であれば頻繁に目にする機会があると思います。資格の学校の中でも王道的な存在で全国主要都市に複数のスクールがありますので、知名度で考えると上記で紹介しているTACやLECに劣らないポテンシャルを持っていると言えます。料金・費用については決して安い・格安の宅建学校とは言えないのですが、テキスト教材や講座全体の学習カリキュラムの質を考えるとコストパフォーマンスは優れていると言えるでしょう。実際に口コミ体験談でも評価を受けていますからね。

 

宅建通信講座おすすめランキング

 

通学タイプに比べるとWEB(インターネット視聴)/DL(ダウンロード)/DVDによる学習は場所を問わないでマイペースに進めることができます。価格・値段を考えても大幅に削減されているタイプがほとんどですので、少ない予算で効率アップを狙いたい方に向いていると思います。それでは宅建の通信講座を比較してみてくださいませ!

 

 

次世代の学習システムを提案!コストパフォーマンスに優れている!

 

 

安定の人気を誇る!フルカラーテキスト、講義CD、講義DVDが合格の秘訣。

 

 

抜群のノウハウと情報量に強味がある!比較対象には必須!

 

 

申込はe受付!DVD・WEBの宅建講座を選ぶのであればココ!

 

 

宅建通信講座安い・格安と言えばココ!とにかく低料金ですので、手持ちが少ない方でも安心して勉強できる。

 

 

 

 

 

 

 

宅建士試験の概要・日程例について

 

*平成28年度実施試験を例にまとめています。

 

配布期間:平成28年7月1日(金)から8月1日(月)

 

申込:インターネットの場合ですと平成28年7月1日(金)9時30分から7月15日(金)21時59分まで、郵送の場合ですと平成28年7月1日(金)から8月1日(月)までになります。

 

受験手数料:7,000円

 

試験日程:10月16日

 

合格発表:11月30日

 

宅建試験のスケージュールについては最新情報をシッカリと確認してくださいませ。目標をもって勉強に励んでも申込に遅れてしまったり、試験本番に遅刻してしまえば努力が無駄になってしまいます。時間や日程は基礎的な部分になりますので、ついつい油断してしまいますが、非常に重要です。シッカリと頭に叩きこんでおきましょう。

 

宅建の難易度・勉強時間

 

難易度判定結果

 

Cランク(偏差値レベル52)

 

丁度真ん中くらいのレベルになります。法律系の中では登竜門の位置づけになりますので、上級試験にチャレンジを予定されている方はココで躓く訳にはいかないでしょう。民法などの法律系の知識が問われますので、暗記力があっても理解力が無いと苦戦するかもしれないですね。「なぜそうなるのか?」と説明することができる知識まで身に付ければそれほど合格するのは難しくないはずです。

 

合格までの学習期間(目安)

 

6ヶ月~12ヶ月(400時間~600時間)

 

1日5時間の学習×1ヶ月20日で進めれば半年程度で合格圏内を目指すことができるでしょう。個人差もありますが、1日10時間以上本気で過去問やテキストを読破すれば1ヶ月前からスタートしても突破できる可能性もあります。逆に1日1時間~2時間のコツコツと出題範囲を網羅するやり方になりますと知識が定着しにくいので1年間継続しても不合格の結果に終わる可能性もあります。

 

短期で合格を目指すのであれば宅建予備校・専門学校を活用することを推奨します。

 

過去の合格率・合格得点推移

 

平成23年:16.1%、36点

 

平成24年:16.7%、33点

 

平成25年:15.3%、33点

 

平成26年:17.5%、32点

 

平成27年:15.4%、31点

 

合格率は概ね15%~18%程度になりますので、7名~6名程度の1名合格する計算になります。合格ラインについては30点~36点程度になります。37点以上を取ることができれば合格圏内である確率は高いでしょう。何となく合格ラインの点数が高いと「今年は難しかった」、低いと「今年は簡単だった」とイメージを持つ方もいますが、出題問題の難易度によって合格ラインは違ってきますので、実はあまり関係なかったりします。難しい問題であれば皆不正解になりますし、簡単なら正解しますからね。

 

宅建資格で目指せる年収や将来性

 

平均年収(推測)

 

400万円~450万円

 

起業・独立後に成功したケースの給料・給与で考えれば年収1000万円以上を狙うことができます。従業員を増やして事業規模を拡大すれば年収2000~3000万円クラスまでなら辿りつきやすいと思います。

 

一方、ほとんどの宅地建物取引士資格保有者は独立開業する道を選ぶのではなく、会社勤めのサラリーマンとしてのキャリアを選択しています。その場合ですと資格手当として月3000円~5000円、多くて3万円程度の月収アップするケースもありますが、宅建に合格したからといっていきなり大金持ちになれる訳ではありません。但し、需要は拡大しますので、転職しやすくなるなどメリットはあります。

 

ただ、出世や大幅UPの昇給をすることができるか?については最終的には実力次第になるでしょう。また、大手企業の中では宅建資格を持っていて当たり前という社風がある場合もありますので、あまり取る前と取った後での違いが分からないという体験談・感想もありますね。

 

将来性(100点満点中)

 

85点

 

数ある国家資格の中でも上位に入る評価をさせて頂きました。理由は土地・建物などの不動産取引は今後も続きますし、何より宅地建物取引をしている企業の事業所において5人に1人以上の割合で必要になる人材ですので、就職・転職で有利になります。但し、サラリーマンとしての安定は掴めるかもしれないのですが、高収入を目指すのは資格を持っているだけでは難しいのが現実になります。プラスαでスキルや知識などの能力が必須になるでしょう。

宅建予備校比較記事一覧

圧倒的な知名度のある資格通信スクールになりますので、受講するメリットとしてはやはり安心感と信頼性であると言えるでしょう。さて、このページで紹介するのは”絶対的な王者”の名に相応しい生涯学習ユーキャン宅建評判&口コミ評価に関する徹底検証になります。テキストの魅力や料金・費用の割安感など様々な項目を語っていきたいと思いますので、興味がある方は最後まで見て頂ければと思います。ユーキャン宅建士講座が選ばれ...

不動産仲介会社への就職で武器になるツールの1つと言われているのが宅地建物取引士になります。事業内容によっては従業員の20%に該当する5人1人を置かなければいけないと厳しいルールが設けられていますので、その人材需要は衰えることを知りません。さて、今回紹介するのはアビバ(AVIVA)宅建の評判&口コミ評価に関するテーマになります。テキストレベルやインプット・アウトプットの反復学習に定評のある資格スクー...

不動産業界だけではなく、銀行や証券会社など様々な企業でニーズのある資格と言えば宅地建物取引士になります。不動産売買及び仲介などのビジネスをする事業所では従業員5名中1名は資格保有者を設置しなければいけないので就職に強いと言われています。また、試験対策で学ぶ知識についてはサラリーマンとしてキャリアを積む上でメリットのある法律学ぶことができるので、自己啓発に力を入れている方の間でも人気があります。さて...

独占業務がある資格になりますので、長年の間人気を継続されているのが特徴的になります。今後も一気に受験者が急増することは考えにくいですが、安定した社会的なニーズを続くでしょう。さて、TACの宅建講座評判&口コミ評価に関する検証をする内容をこのページでは紹介していきたいと思います。模試試験の成績表や結果を終えた難易度を調べたい方についてもチェックして頂ければと思います。ちなみに口コミ体験談によると「難...

インターネットを活用した質に優れたWEB講座の中から選びたいと考えているのであれば覚えておきたい優良スクールであることは間違えないでしょう。今回紹介するのはクレアール宅建の評判&口コミ評価に関するテーマになります。既に調べ尽くしている方についてもタメになる知識があると思いますので、最後まで見て頂ければと思っています。完全合格パーフェクトコースアドバンス(全79単元)*2017年合格目標ザックリ言え...

eラーニング道場破りは受講生専用でスマートフォン対応しているなど利便性に優れていることで知られています。さて、今回紹介するのはフォーサイト宅建の評判&口コミ評価の徹底検証になります。2ch(2ちゃんねる)噂や体験談を既に検証されている方についてもチェックして頂ければと思います。コースの種類について*2017年試験対策の講座を紹介しています。バリューセット1(基礎+過去問講座)通常料金は下記の通りに...

「だれでも」、「いつでも」、「どこでも」の学習BIG3をモチーフにしている新感覚の学習システムを導入しているのがKIYOラーニングの最大の強味であると言えるでしょう。コストを極限まで削減して、まるで「もう、こんな高い金額を払うのはやめませんか?」と訴えかけるかのような低料金を実現されています。さて、紹介するのは通勤講座の宅建評判&口コミ評価の徹底検証になります。まだ、利用者がそれほど多くはないので...