中小企業診断士予備校比較

中小企業診断士予備校比較ランキング

国内唯一のコンサルティング系国家資格として人気を集めているのが中小企業診断士試験になります。仕事内容については経営の「強み」や「弱点」を判断して、アドバイスをすることで報酬を得る仕組みになっています。一括りにコンサルタントと言っても金融、IT、人材、システム、建設、不動産、投資、医療など専門分野を作って活躍されているのが多いのが特徴的になります。

 

正直な話をすると資格が無ければできない独占業務はないのですが、顧客目線からすると信頼性は高まりますし、何より自分にとっても必要な知識を学ぶことができるので、キャリアアップに繋げることができるメリットがあります。また、実際にコンサルティング業務として独立開業を目指さない場合においても社内での管理職・マネジャーレベルでの需要もありますので、転職にも有利であると言われています。

 

さて、このページで紹介するのは中小企業診断士予備校・専門学校比較ランキングに紹介になります。おすすめスクール塾・対策講座に厳選していますので、安心して選ぶことができるはずです。安い・格安費用で中小企業診断士予備校を比較したい方や評判&口コミ評価に優れているサービスに的を絞りたい方などはきっと参考になると思いますので、最後までチェックして頂ければと思います。

 

中小企業診断士通学おすすめランキング

 

通信講座・通信教育ではなく、直接校舎に行って勉強したい!という方向けの人気ランキングになります。

 

まずは気軽に資料請求をしてみてくださいませ。

 

 

超効率重視ならココ!

 

神戸、名古屋、奈良、京都、札幌で中小企業診断士学校を探している方は特に注目しておきたいサービスになります。全国主要エリアを中心に地方まで多数の教室がありますので、兎に角通いやすく利便性に優れているのが特徴的になります。企業経営理論、運営管理、中小企業経営・中小企業政策、財務・会計、経営情報システム、経済学・経済政策、経営法務などバランスよく学習することができるのが特徴的になります。また、学習カリキュラムにおいてはインプット×アウトプットの繰り返しで構成されていますので、着実に力を付けることができる仕組みになっています。

 

 

大手の安心と確かな合格実績

 

中小企業診断士通信講座比較ランキングにおいても上位に入る実力派です。学習メディアにおいても豊富でWEB、音声DL(ダウンロード)、DVD、資料など通学以外でも様々な選択肢があるのが魅力になります。数ある資格の学校の中でも2ch(2ちゃんねる)噂など権威ある掲示板の住人からも注目を集めていますので、常に話題が絶えないですね。

 

 

メジャーな資格予備校で決めるなら

 

東京都内(新宿、池袋、渋谷、町田、立川)を中心に横浜、千葉、大宮、仙台など全国に様々な地域において通学で行ける中小企業診断士専門学校があります。評判&口コミ評価に優れている伝統あるスクール塾になりますので、安心感は抜群に高いと言えるでしょう。対策講座も種類もTACと同様に多数ありますので、選びたい放題の状態です。合格率、価格・値段などについては公式サイト等を参照して頂ければと思います。

 

 

1次・2次対策充実

 

初心者向けから受験経験者向けまで様々な方に対応しているので自分の学習レベルに応じて選ぶことができます。直前対策講座などもありますので、これまで独学で勉強を続けてきた方にとっても集大成として活用するのも1つの手になります。業界最大手の1社になりますので、中小企業診断士予備校・通信教育で安い・格安比較を検討されているのであればまずは各コースの情報収集として資料請求してみてはいかがでしょうか?

 

中小企業診断士通信講座おすすめランキング

 

 

圧倒的な低料金・コストパフォーマンス

 

特別価格で42,000円~

 

兎に角、価格・値段においてお手頃になっていますので、予算が少ないけど充実した教材を手に入れたいという方におすすめです。驚異的なのは受講生の94%が満足しているという点になります。100人中94人ってすごくないですか?学習メディアについては主にテキスト・映像講義(インターネット)になります。

 

 

スマホ・タブレット学習に強い

 

オーソドックスな1次2次合格コースの料金はキャンペーン割で59,989円になります。(詳しい最新価格は公式サイトを参照してくださいませ。)

 

動画コンテンツや音声視聴学習に力を入れているのポイントで様々な生活シーンで受験対策をすることができます。中小企業診断士通信講座を比較するなら絶対に候補に加えておきたい。

 

 

 

 

 

 

試験概要・日程について

 

*平成28年度実施試験の概要をまとめています。最新版は公式ホームページでチェックしてくださいませ。

 

第1次試験

 

試験案内・申込書類配布:5月6日~5月31日

 

受験申込受付:5月6日~5月31日

 

受験手数料:13,000円

 

試験科目:経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理(オペレーション・マネジメント)、経営法務、経営情報システム、中企業経営・中小企業政策

 

試験実施日:8月6日・7日

 

合格発表日:9月6日

 

実施地区:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

 

第2次試験

 

1次試験合格者が受験することができます。

 

受験料:17,200円

 

試験内容:筆記試験、口述試験

 

試験日程:10月23日(9時50分から第1時限目スタート)

 

実施地区:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

 

中小企業診断士予備校に通学されている方の場合ですと日程間違えをする確率は少ないのかもしれないですが、独学で勉強されていて受験する場合ですと勘違いを起こさないように入念に確認することが大切になります。特に何時までに到着しなければいけないのか?ということを事前に逆算することが大切になります。万が一でも遅刻をして不合格になってしまえばこれまでの努力を無駄にしてしまいますからね。

 

難易度・必要な勉強時間

 

偏差値レベル

 

Aランク(偏差値62)

 

過去5年間の合格率推移は下記の通りになります。

 

1次試験

 

平成23年:16.4%
平成24年:23.5%
平成25年:21.7%
平成26年:23.2%
平成27年:26.0%

 

2次試験

 

平成23年:19.7%
平成24年:25.0%
平成25年:18.5%
平成26年:24.3%
平成27年:19.1%

 

概ね一次も二次についても20%前後の合格率で推移しています。イメージで言えば5名中1人が合格して、さらにその中の5名中1人しか試験を突破することができないことになります。最終合格率ベースで考えると3%~6%程度の狭き門になっていることは間違えないでしょう。難易度においても最高クラスのAランクの位置づけにさせて頂きました。

 

合格までの平均学習期間

 

1年~2年(900時間~1100時間)

 

上記はあくまで目安になりますが、ある程度は勉強に充てる時間を確保しなければ短期で合格するのは難しいと言えます。社会人で働きながら仕事と両立させたいのであれば効率性アップのために専門学校や通信講座を利用するのも1つの手になります。また、集中して学習をすることができなければ3年連続で落ちづける方も体験談口コミを見ると結構いるみたいです。初年度は1次試験の合格をまずは目指して、翌年に2次合格を狙うのが王道ですね。

 

平均年収や将来性

 

平均年収600~700万円(推測)

 

資格保有者ではなく、実際にプロコンサルタントや企業内診断士として活躍されている資格実用者の平均給料を予想してみました。単なる勉強マニアで全く生かしていない方も結構多いのが事実でその場合ですと取得後と前で全くキャリアが変わっていないということも結構あります。

 

独立開業や中小企業診断士として雇われている場合ですと普通のサラリーマンに比べて高収入を期待することができます。もちろん、実力主義になりますので、年収200万円~300万円の毎月暮らすのがギリギリという貧乏診断士も少なくはありません。

 

ただ、一流クラスになるとサラリーマンでも年収1000万円~1500万円くらいまでなら目指すことができますし、独立開業・起業で成功すればその倍程度の2000万円~3000万円の収入を得ている方もいます。実は経営指導、講演・セミナー研修、調査業務などは単価が高いので需要があると結構儲かるのです。

 

有名になれば単価に2倍、3倍と上昇できる業界です。

 

将来性(100点満点中)

 

15点

 

独占業務が無いので実力が無ければそれまでです。

 

あくまでプラスαーの位置づけになりますので、本質的な能力を持たなければあまり意味はないのです。逆に資格を持っていないコンサルタントで成功されている方も多数いますからね。必ずしも必須ではないということで将来性は低いと判定させて頂きました。

中小企業診断士予備校比較記事一覧

経営に関するプロフェッショナルを目指す方にとって取得しておきたい国家資格の1つになります。基本となるマーケティングから組織・人事、さらには財務・会計など幅広い知識が必要になりますので、それだけに勉強することで様々なビジネスシーンで利用できるノウハウを手に入れることができるはずです。今回紹介するのは通学・通信ともにトップクラスの予備校と呼び声が高い、TAC中小企業診断士の評判&口コミ評価に関する徹底...

一次試験対策だけではなく、二次試験対策で最終合格を目指すことができる予備校・専門学校になります。企業のリスクヘッジとして経営管理体制に力を入れているケースが増えています。代表取締役、取締役などの中には全く法律の知識がなく最適な判断をすることができないケースも増えています。そこで需要が拡大しているのが専門的なスキル・経験や問題解決力を持っている中小企業診断士になります。もちろん、国家資格を取得しても...

合格率が「低い」国家資格試験対策だからこそ、合格率の「高い」有名スクールを選ぶべきでしょう。中小企業診断士は経営コンサルタントとしてキャリアを積みたい方や将来起業家として活躍したい方に非常に人気があります。難しい試験ですので、出題範囲ば膨大で勉強時間もかなり掛かります。それだけに予備校を利用するとなると高額な料金・費用が必須になることが受験生の間では懸念点として挙がるケースが多いのが特徴的になりま...

動画を活用した次世代の勉強方法を実現しているクレアールは今注目の資格スクールの1つです。”非常識”、”新合格方式”、”Vラーニングシステム”、”マルチデバイス対応”の4つが特徴として挙げられることが多いのですが、実はまだまだ魅力はたくさんあります。このページでの企画ではクレアール中小企業診断士評判&口コミ評価を徹底リサーチしていきたいと考えています。最小の労力で最大の効果を狙いたい方は必見です。独...

中小企業診断士試験に合格するための塾として長年実績を挙げているのが診断士ゼミナールになります。最大の特徴は大手予備校に比べた時の費用・料金の割安感と高品質なフルカラーテキストにあります。中小企業診断士レボは当サイトでもごり押ししているサービスの1つになりますので、最後までチェックして頂ければと思います。さて、本題である診断士ゼミナール評判&口コミ評価の理由について徹底検証していきたいと思います。2...

KIYOラーニングは短期間で合格水準に達した人を徹底的に分析して教材を開発している次世代を担う通信専門の資格スクールです。さて、このページで紹介するのは通勤講座中小企業診断士評判&口コミ評価の徹底検証になります。合格率や2ch(2ちゃんねる)で「どうよ?」と注目されているサービスになりますので、独学で受験されている方の中には知っているという方も多いのではないか?と思います。今回は中小企業診断士通勤...