国税専門官の予備校比較~口コミ6件

国税専門官の予備校比較ランキング

経済系のドラマであれば”脱税”に関する違法行為が定番の1つになりますが、それらを摘発・指導をする重要な役割を担っているのが国税専門官になります。勤務先である国税庁の組織は長官官房、課税部、徴収部、調査査察部、税務大学校、国税不服審判所、税務署、国税局調査部、国税局査察部など様々な部署で編成されているのが特徴的になります。

 

さて、今回紹介するのは国税専門官対策の予備校・専門学校比較ランキングになります。人気のある公務員試験の1つになりますので、筆記試験や人物試験を的確に対策することができるスクール塾が全国に多数あるのは事実になりますので、情報収集においては比較的容易であると考えていいでしょう。

 

また、通学で通える範囲に学校が無いという方も中にはいると思いますので、このページでは国税専門官の通信講座・通信教育おすすめランキングを含めて紹介していますので、興味がある方は最後までチェックして頂ければと思います。それではまずは基礎的な知識から解説していきたいと思います。早速、国税専門官予備校で評判&口コミ評価に優れているサービスを知りたいという方はラスト企画まで飛ばしてくださいませ。

 

国税専門官の予備校おすすめランキング

 

人気のあるサービスに厳選していますので、安心して受験勉強に専念することができるでしょう。国税専門官の面接対策(人物試験)にも強いと言われている東京アカデミー、資格スクール大栄、TACなど豪華のスクール構成になっています。

 

まずは気軽に国税専門官専門学校・予備校へ資料請求をしてみてくださいませ。(下記のほとんどは通信講座・通信教育としても対応されています。)

 

 

コース種類・料金

2020年合格目標 行政系公務員2年合格コース
Web通信:300,000円

 

非常にコストパフォーマンスに優れているのが最大の特徴になります。国税専門官の通信講座・通信教育おすすめで選ぶのであればクレアールは比較対象に加えておくべきでしょう。教養試験、記述式、専門試験、時事、面接試験のあらゆる試験科目の対策が可能です。

 

口コミ・体験談

 

※公式サイト引用

 

 

面接対策が何回受けても無料という点は、とてもありがたかったです。他の予備校では、追加料金が発生するところがほとんどではないかと思います。
また、集団討論の対策もありますので、本番前に雰囲気に慣れることや方針をある程度立てることができ、他の受験生より一歩リードすることが可能です。


 

 

数的処理、政治学、行政学、経営学に関して、テキストの出来は秀逸だと思います。


 

 

論文の添削は無料なので、何回も活用させていただき、誤字・脱字や改善点など細かく添削していただきました。また、論文を書くにあたってどのような情報を集めれば良いのか、なども指導していただき大変良かったです。


 

 

クレアールのテキストは非常に分かりやすく、授業の進行に連動していてとても使いやすかったです。


 

 

コース種類・料金

校舎によって異なる。詳細内容は資料請求

 

生講義でお馴染みの国税専門官予備校です。指導力・サポート体制で人気があります。合格実績も豊富ですし、評判&口コミ評価も優れていますので、資料請求で細かい部分の分析してみてください。

 

 

コース種類・料金

2019年合格目標トリプル本科生
Web+音声DL通信講座394,000円、入会金10,000円
DVD通信講座476,000円、入会金10,000円
教室講座391,000円、入会金10,000円
個別DVD講座391,000円、入会金10,000円
教室+個別DVD講座(VIPコース)422,000円、入会金10,000円
教室+DVD通信講座528,000円、入会金10,000円
2019年合格目標入門付きトリプル本科生
Web+音声DL通信講座409,000円、入会金10,000円
DVD通信講座491,000円、入会金10,000円
教室講座406,000円、入会金10,000円
個別DVD講座406,000円、入会金10,000円
教室+個別DVD講座(VIPコース)437,000円、入会金10,000円
教室+DVD通信講座543,000円、入会金10,000円

 

大卒程度の公務員試験対策に強いことで知られているTAC。

 

幅広い職種に対応していて、国税専門官予備校としての実績も豊富です。コース種類もたくさんありますので、1人一人に合った学習方法を選ぶことができます。

 

口コミ・体験談

 

※公式サイト引用

 

 

公務員試験で最終合格者を多く輩出している過去の実績や、個性豊かな講師陣による講義など自分の中でTACだったら信頼できるという自信が持てたので最終的にTACに決めることにしました。


 

 

講義を欠席した際のフォロー制度が手厚かったことも非常に魅力的でした。音声DLフォローや個別DVD振替フォローがあり、安心して他の受講生に遅れることなく講義を受けることができました。さらに、自習室の利用も可能なので、朝早くから夜遅くまで快適に勉強することができました。TACには勉強に集中することができる環境が整っているので、万全の対策をたてられます。


 

 

コース種類・料金

校舎によって異なる。詳細内容は資料請求

 

全国各地に拠点を構えています。通学で検討されている方におすすめです。

 

 

コース種類・料金

2019年合格目標国税専門官・財務専門官専願コース
Web+音声DL通信講座280,000円
DVD通信講座330,000円
通学Web+音声DLフォロー付320,000円
通学DVDフォロー付370,000円

 

国税専門官の択一、記述、面接に対応しているコースがあります。もちろん、教養試験・専門試験のインプット・アウトプットが充実していますね。クレアール、東京アカデミー、TAC、資格スクール大栄と共に比較対象に加えてみてください。

 

国税専門官の仕事内容・業務内容を教えて!

 

国税に関するスペシャリストであり、関連するあらゆる業務に従事するのが特徴的になります。

 

TBS系列の高視聴率ドラマ「半沢直樹」で一躍時の人となった片岡愛之助さんが演じた黒崎駿一も国税局で勤務した経歴があります。その他、最近では税金を取り扱う国家公務員を題材にしているストーリーが増えていますので、昔に比べると認知度や理解も早いのかもしれないですね。ココでは受験するか?悩んでいる方のために簡単に国税専門官の仕事内容を紹介していきたいと思います。

 

代表的な業務を中心にまとめてみました!

 

課税部

 

国税の賦課に関する事務業務が概ねの内容になります。部署としては下記の通りになります。

 

課税総括課、個人課税課、資産課税課、資産評価企画官、法人課税課、消費税室、審理室、酒税課、鑑定企画官

 

一括りに国税賦課と言っても様々な分野があることが分かると思います。人事異動事に新しい知識を勉強する臨機応変な人材像が求められています。例えば個人課税課であれば所得税や個人事業主(自営業)に関する消費税などが絡んできますが、資産課税課では相続税、贈与税、譲渡所得税、山林所得などが関連します。一部の知識だけで一定時期は仕事を進めることができると想像されている方が多いと思いますが、実際には幅広い知識が必要になります。勿論、個人課税課の方が法人課税課に異動するケースもあり、その場合ですと法人税、地方法人税、法人の消費税などが主な対象になり、それに関する企画・立案、指導・監督業務などをすることになります。

 

徴収部

 

数ある国税庁の仕事の中でも最重要任務と言われているのが租税収入を確保することになります。歳入官庁と言われているくらいですので、滞納国税をいかに徴収をするか?が公務員としての評価にもつながっています。もちろん、徴収だけではなく国税債権及び債務の管理事務をする場合もあります。

 

  1. 管理運営課
  2. 徴収課

 

特に花形部署と言われているのが徴収課になります。国税徴収官と言われることもあります。長引く不況で増加していると言われている滞納者により十分な租税が確保できていないケースもあるでしょう。その中でも悪質な税金滞納者を相手にするのが特別国税徴収官でドラマなどに出ている方はこの役割を担っている部署のケースが多いのが特徴的になります。時には滞納者に厳しい差し押さえなどをすることもありますので、恨みを買うリスクは否定できません。それだけに知識だけではなく精神的な強さも求められています。

 

調査査察部

 

主に下記の役割に分かれています。

 

  1. 調査部
  2. 国際調査管理官
  3. 査察課

 

シンプルに国税査察官の仕事内容を表現すると脱税を司法に告発することになります。主な対象となるのが規模の大きい企業の調査になります。刑事責任の追及なども実施しているタフな業務の1つになります。特には財界の”超大物”を摘発することもありますので、圧力やプレッシャーに屈するような方は向いていないと思います。正義感を貫くことができる人が理想的ではありますね。仕事内容は非常にハードではありますが、やりがいを感じやすい部署ではあると思います。目的が明確で達成できたか?と判断しやすいですからね。

 

試験日程や概要について

 

*既に終了済みである平成28年度実施試験を基に掲載しています。詳しくは必ず公式サイトの実施要項をご覧くださいませ。

 

国税専門官予備校・通信講座を利用している方であれば試験内容や対策方法を明確に理解していると思いますが、独学で勉強されている方の中にはイマイチどのように攻略すればいいのか?イメージできていない人もいるでしょう。詳細内容に触れつつ対策する方法を学んでいきましょう!

 

日程:1次試験5月29日→1次合格発表6月28日→2次試験7月12日~20日のうち指定する日時→最終合格発表日8月22日→採用内定時期10月以降

 

1次試験内容:基礎能力試験(知識分野・知能分野)、専門試験(多肢選択式)、専門試験(記述式)

 

2次試験内容:個別面接(人物試験)、身体検査

 

教養試験対策も重要になるのは間違えないのですが、勉強時間が取られるのはどちらかと言えば専門試験対策になるでしょう。民法・商法、会計学、簿記などの知識はもちろん憲法・行政法、経済学、財政学、政治学、社会学・社会情勢、英語、商業英語、情報数学、情報工学など幅広い範囲で構成されています。特に難しいと言われている記述式の専門試験は独学で対策するのは至難の業になるでしょう。国税専門官に強い予備校などを利用して初期段階から準備を重ねておきたいというのが本音になります。おすすめランキングのコーナーも用意していますので、一度参考にしてみるといいでしょう。

 

国税専門官の年収・給料

 

平均年収650~690万円(推定)

 

国家公務員の税務職俸給が適応されますので、通常の行政職俸給に比べると高い水準の給与になります。なお、上記の平均年収は大卒程度のケースで独自の分析で推定ではじき出した数字になります。

 

実は以前までは平均年収700万円を超えている職業だったのですが、近年においては民間企業でいう賞与ボーナスである期末勤勉手当が削減傾向にありますので、このような金額になっています。今後も世間の風当たりを考えると急激に上昇することは考えにくいでしょう。

 

国税専門官の難易度・倍率について

 

10段階中・・・7

 

競争率などを考えても特別難しい試験ではありませんが、シッカリと対策しなければ合格することはできないでしょう。

 

勉強期間としては短期で合格を目指すとしても半年、現実的に余裕を持つのであれば1年半以上は学習に費やしたいところではありますね。なお、国税専門官の倍率・競争率例を簡単にまとめてみましたので、チェックしてみてくださいませ。男性だけではなく女性もたくさん活躍している職業です!

 

平成27年度試験

 

申込者数:13,197名

 

最終合格者数:3,291名

 

平成26年度試験

 

申込者数:16,510名

 

最終合格者数:2,834名

 

国税専門官の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

大きな書店にいけばテキスト教材は多数あります。教養試験(基礎能力試験)、専門試験対策の参考書を見つけるのにはそれほど苦労は無いと思います。しかし、それだけで理解できないのであれば早急に国税専門官予備校おすすめランキングなどをチェックして評判&口コミ評価に優れているスクール塾を探すことにシフトすることが大切になります。

 

効率の悪い方法で勉強をするとライバルたちに遅れを取ってしまいますからね。大変注意が必要になります。