立川市の公務員試験予備校

立川市の公務員予備校・専門学校一覧

東京都多摩地域にある自治体です。主要駅は立川駅です。

 

他にも西立川駅、西国立駅、玉川上水駅などのターミナルがあります。観光やイベント行事も活発で毎年3月に開催されているシティハーフマラソンは注目度が高いですね。そのほかにもおいても「まつり国営昭和記念公園花火大会」などは必見ですね。

 

さて、今回紹介するのは立川市の公務員予備校・専門学校一覧です。評判&口コミ評価に優れている公務員講座・スクール塾に厳選してまとめていますので「どこにすればいいのか?」、「独学で勉強しているけど成績が伸び悩んでいる・・・」などという方は必見です。

 

立川市の公務員試験予備校おすすめランキング

 

市内には複数の資格学校がありますので徹底比較して決めることができます。

 

安易に選ぶのではなくジックリと資料請求をして自分に合ったタイプを見つけてみてください。

 

 

所在地:立川市柴崎町3-5-2

 

アクセス:JR立川駅より徒歩2分、多摩都市モノレール立川南駅より徒歩2分

 

立川市職員採用試験対策に強い予備校と言えばココですね。

 

自治体別の地方公務員試験攻略ノウハウを持っていますのでピンポイントで筆記試験・人物試験対策したい方におすすめです。東京アカデミーを選ぶメリットは過去の合格実績を見れば一目瞭然です。もちろん地方上級だけではなく高卒程度の地方初級にも強いので現役高校生で合格を狙う方も必見です。

 

 

所在地:東京都立川市曙町1-14-10 井門立川曙町ビル

 

アクセス:JR立川駅北口より徒歩4分 多摩都市モノレール立川北駅より徒歩3分

 

受付営業時間:月~金11:30~19:00 土・祝日9:00~19:00 日9:00~17:30

 

大学生・社会人経験者におすすめはココです!もちろん現役生だけではなく既卒者向けのコースもありますので上級試験を受験する方は必見です。料金・費用についてはそれなりの価格帯になりますが講師陣・教材の質は抜群に優れているのが特徴的になります。

 

総合本科生、総合本科生PLUS、トリプル本科生、教養型市役所本科生A/Bなど様々な公務員講座がありますので最も効率的に学習することができるコースを見つけてみてください!

 

 

法律系・難関試験に強い予備校として知られているのがWセミナーです。

 

公務員試験対策講座としては国家総合職及び外交官(外務専門職)に対応されています。

 

 

所在地:東京都立川市曙町2-13-3 立川三菱ビル7F

 

アクセス:JR立川駅北口

 

受付時間:月~木10:30~21:00、土日09:00~16:30、祝日10:30~16:30

 

社会人でも仕事と両立させやすいのが資格スクール大栄です。夜間でも対応されていますし、面接・論作文など人物試験対策もバッチリです。

 

筆記テストを突破することは大切ですが最終的には内定を勝ち取らなければ意味はありません。近年の公務員試験は2次試験の人物重視の傾向がありますのでそこをシッカリと対策することが合否を左右します。全国各地に教室を構える通学公務員予備校ですので安心感・信頼性も抜群です。ぜひ資格スクール大栄を比較対象に加えておいてください。

 

所在地:立川市曙町1-14-13 立川MKビル 1F

 

アクセス:JR立川駅北口より徒歩4分

 

公務員講座は開講30年を超える老舗です。地方上級・国家一般職、国家総合職・外務専門職、警察官・消防官など様々な職種に対応されています。土木、建築、電気、農業、化学など理系・技術系コースもありますので見逃せません。また、高卒程度向けのコース種類も豊富で力を入れている印象です。人気もありますので立川市の公務員試験予備校を検討されている方はLECを調べてみてください。

 

 

所在地:東京都立川市曙町2-18-17 町田ビル3F

 

アクセス:JR立川駅北口より徒歩3分

 

受付時間:月~金 14:00~20:00 ※水曜休館日 土日祝 11:00~17:30

 

大卒程度試験全般に対応されています。カリスマ講師多数在籍。

 

 

所在地:東京都立川市緑町4番8

 

アクセス:JR「立川駅」北口より徒歩6分、 多摩モノレール「立川北駅」より徒歩5分

 

受付時間:[月~金]12:00~19:00 [土・日・祝] 9:00~15:00

 

立川市の公務員専門学校を選ぶのであれば資格の大原は非常におすすめのスクールの1つです。まずCM等のメディア露出も活発ですので兎に角有名です。大原=公務員学校とイメージされている方も結構多いと思います。大きく分類すると専門課程と社会人講座があります。高校生から進学を検討するのもアリでしょう。もちろん、高卒程度だけではなく大卒程度試験にも強いです。