土地家屋調査士の夜間学校一覧

夜間の土地家屋調査士予備校・専門学校一覧

専門職+総合職型ダブルライセンスを活用して成功している方もおり、土地家屋調査士もまた活かせる一つの資格として注目されています。そして男性だけでなく「価値のある人生を実現できる職業」として女性の受験者も増えているのが現状です。

 

そこで主に仕事しながら、主婦として家事をこなしながら試験勉強している受験生が多く、夜に集中して勉強したいという方もいるのではないでしょうか。ここでは夜間受講が可能な土地家屋調査士学校に注目!特徴をまとめていますので、今後の試験対策の参考比較としてご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了となる場合もありますので、公式HPまたはパンフレット等で確認して下さいね!

 

 

各校舎受付時間

 

  • 東京校:平日9:30~19:00 / 土・日9:30~17:00
  • 名古屋校:月・火・木・金10:00~19:00 / 土・日10:00~17:00 / 水曜日定休日
  • 大阪校:土・日10:00~17:00※当分のあいだ、窓口業務は土日のみ
  • 福岡校:月・火・木・金10:00~14:00 / 土・日10:00~17:00 / 水曜日定休日

 

日程スケジュールに注目!

 

  • 主に土日に通学講座開講
  • 午前10:30~13:00
  • 午後14:00~16:30

 

本科合格講座を始め、東京法経学院の土地家屋調査士の通学講座は、土日に開講!午前、午後の2クラスを用意していますが、夜間の時間帯の講義は行っていません。しかし通信講座による試験対策も可能!自分のペースで学習を進めていくことができ、夜に集中して勉強することができます。

 

土地家屋調査士試験対策で夜間受講が可能な受験機関をお探しなら、東京法経学院はピックアップしておきたい受験学校となります。

 

 

初学者向け ストレート合格Aコース通学講座

 

生講義実施校:池袋本校、梅田駅前本校
ビデオ講義クラス実施本校:千葉本校、静岡本校、富山本校、京都駅前本校、岡山本校、広島本校

 

LEC土地家屋調査士の通学講座は主に午前、午後に分けて実施!生講義においては夜間講義は行っていません。しかしビデオ講義や個別ブースは、19:00~21:00、19:30~20:00、19:00~21:30など設置している校舎もあります。通学にこだわった試験勉強を検討している方は、関心を高めておきたい資格予備校となります。

 

決められたスケジュールに沿って通学するスタイルは、講師の熱意と迫力を直に感じられ通学講義ならではの魅力としており、合格までのモチベーションを維持することができます。

 

提携校通学クラス

 

  • LEC提携校にてWebまたはDVD講義を受講する形態
  • 自分の都合に合わせて日時予約
  • 校舎内のブースで試聴

 

LEC提携校の通学は、Web、DVDブースで受講するスタイルとなります。本校は21:00まで営業、提携校においても同様の時間帯まで開講している校舎が大半となっています。※運営会社に基づき定休日を設けているところがあります。

 

そのため夜の時間帯に集中して勉強することができる土地家屋調査士受験学校として、LECは注目しておきたいものです。校舎は全国各地に展開、駅チカでアクセス良好、通勤通学帰りに立ち寄り勉強することができます。

 

そこでLECは、土地家屋調査士と測量士補(午前の部免除資格)を並行して学習、また、午前の部の免除資格をお持ちの方向け、初学者、学習経験者向けのコースを多彩に用意!自身の傾向を踏まえた試験対策ができる夜間受講が可能な資格予備校として注目です。