証券アナリスト予備校比較

証券アナリスト予備校比較ランキング

証券会社や信託銀行に勤める高学歴のエリートサラリーマンに人気のある資格が「証券アナリスト」です。仕事内容に直結するので、入社後すぐに取得を推奨する会社や自ら勉強を開始する人は結構多いと思います。意識高い系と呼ばれている方については就職・転職のPRとして利用されている例もあります。

 

さて、今回紹介するのは証券アナリスト予備校・専門学校比較ランキングに関するテーマです。激務で忙しい方の中には通学する暇がないということもあると思いますので、証券アナリスト通信講座・通信教育おすすめについても用意しています。まずは基礎的な知識から紹介していきたいと思いますので、評判&口コミ評価に優れている試験対策講座・スクール塾に興味があるのであれば少し飛ばして頂ければと思います。

 

試験概要について

 

教育・学習過程を重要視していると明言されています。学生の中には資格取得を第一目標に掲げている方もいますが、大切なのは取得した知識をどのようにアウトプットして活かすことができるか?になります。証券アナリスト試験は講座の受講が受験の要件になっていますので、他の資格とはちょっと違った性質を持っていると言えるでしょう。なお、1回受講をすると3年間で計6回の受験チャンスが与えられます。1年間では春試験と秋試験の2回になりますので、対策は比較的立てやすいのが特徴的になります。

 

日程

 

春試験:4月下旬頃

 

秋試験:9月下旬~10月上旬頃

 

出題科目

 

  • 証券分析とポートフォリオ・マネジメント
  • 財務分析
  • 経済

 

試験会場

 

国内:札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡

 

海外:ニューヨーク、ロンドン、香港

 

業界的に海外転勤をされる人もいると思いますので、ニューヨークやロンドンなど主要市場のある国で試験場所が用意されているのは嬉しいですね。世界にまたをかけて働いている方にもおすすめです。

 

証券アナリストの平均年収・給料

 

気になるのは資格取得者の給与など金銭事情です。しかし、そのようなデータは見つけることはできませんでした。

 

しかし、言えるのは証券アナリスト試験に合格したからと言って明るい未来が保証されている訳ではないという点です。資格取得後にそれが理由で大幅に年収が増えるのは考えにくいです。あくまで本人の努力と実力が重要になる業界ですので、結果を残さなければ高額報酬を受け取るのは難しいでしょう。逆に言えばサラリーマンでも年収1000万円以上、年収1500万円以上、年収2000万円以上を狙いやすいと言えます。年収3000万円を超えるのは狭き門ではありますが、20代で年収700~800万円、30代で年収1000万円~1200万という事例は結構あります。もちろん、全く稼げていない人もいますが・・・。

 

証券アナリスト予備校おすすめランキング

 

 

申込はe受付

 

  • 基本講座・直前対策充実
  • 通学教室がある
  • 初心者から受験経験者まで
  • 学習メディア豊富

 

金融・証券関連の資格試験対策講座が充実していることで知られているTACには複数のコースが販売されています。初心者で基礎から土台を作り、応用実践講義でアウトプット、全国公開模試試験、総仕上げには直前講義など充実したカリキュラムになっている本科生から証券分析、財務分析、経済など苦手分野を徹底的に鍛えることができるタイプもあります。

 

もちろん、試験本番までの期間が迫ってしまった人向けの速修本科生という短期合格講座もありますし、全国公開模試だけワンポイントで受験するkもとも可能になります。1人一人のニーズに合った最適な証券アナリスト対策講座を提案してくれます。学費・受講料は安い・格安という訳ではないのですが、質を考えるとコストパフォーマンスにも優れているのではないか?と思います。

 

なお、ライバルとして比較されることが多いLEC東京リーガルマインドにも現在のところ証券アナリスト予備校としての講座は用意されていませんので、TACは本当に貴重な存在であると言えるでしょう。

 

証券アナリスト予備校比較記事一覧

金融界のみならず様々なビジネス分野においてもニーズがある証券アナリストは、今後のキャリアアップの選択肢を広げることができます。そして難易度は、およそ半数の方が合格することができますので、難しい試験でないことが推測できますが、その多くは十分な試験対策をしてこその結果となります。また学習範囲が広範なため、効率の良い学習が必要不可欠とし、一発、短期合格を狙うのであれば専門予備校や通信学校など利用すること...