理系(技術職)の公務員予備校比較

理系(技術職)の公務員試験予備校・専門学校

今回紹介するのは公務員試験で理系の技術職を受験する方に向けた対策・攻略ページになります。

 

地方公務員及び国家公務員の両方に対応されていますので、少しでも参考になればと思います。

 

理系(技術職)の公務員試験予備校・専門学校を徹底比較するランキングページも用意していますので、スクール塾・通信講座(通信教育)でおすすめサービスを探している方はチェックしてくださいませ。なお、技術系の公務員予備校に関する企画がメインになりますが、最初は基礎知識から分析していきたいと思います。

 

技術系の公務員予備校・通信講座ランキング

 

最後に理系の公務員試験対策講座おすすめ特集になります。人気のあるスクールに厳選していますので、

 

まずは気軽に複数社へ無料資料請求をしてみてくださいませ。

 

 

対応職種

土木、建築、機械、電気・電子・情報

コース・料金事例

【速修 技術系公務員コース】
225,000円(税込)
【1年合格 技術系公務員コース】
240,000円(税込)
【技術系公務員2年合格コース】
270,000円(税込)

受験可能な試験事例

地方上級(技術)、東京都Ⅰ類B(技術)、特別区Ⅰ類(技術)、国家一般職(技術)、市役所、国立大学法人

 

理系の公務員通信講座として知られています。インターネットでの学習が基本になっていて通学講座はありませんので、注意が必要になります。社会人採用を受験する方向けの民間企業等職務経験者採用コースなどもありますので、転職を検討されている方についても必見です!

 

 

対応職種

土木、心理、福祉、建築、機械、電子・電気・情報、化学、物理、造園、林業、畜産、農学、農業、水産

 

通学・通信の両方の受講タイプがあります。地方公務員の自治体別の技術系試験対策に強いことで知られていて、工学の基礎を攻略するノウハウを持っているのが特徴的になります。もちろん、生講義である点や市役所・県庁に強いなど非常に魅力的な部分が多数ある優良学校になりますので、比較対象には間違えなく加えておきたいところではありますね。

 

 

対応職種

土木、建築、機械、電気・電子・情報、化学、生物、薬学、農学、水産

コース・料金事例

【土木職合格コース】
289,000円(税込)
【電気・電子・情報職合格コース】
289,000円(税込)
【農学職合格コース】
289,000円(税込)
【建築職合格コース】
289,000円(税込)
【機械職合格コース】
289,000円(税込)
【化学職合格コース】
289,000円(税込)
【工学の基礎合格コース】
210,000円(税込)
【国家総合職 工学系対策(6科目選択)コース】
396,000円(税込)
【国家総合職 工学系対策(5科目選択)コース】
343,000円(税込)
【国家総合職 工学系対策(4科目選択)コース】
317,000円(税込)
【国家総合職 農業科学対策コース】
362,000円(税込)
【国家総合職 化学・生物対策コース】
322,000円(税込)
【国家総合職 農学の基礎対策コース】
231,000円(税込)
【国家総合職(人間科学A)コース 法律科目選択】
455,000円(税込)

 

技術系公務員講座・コース種類が豊富にあります。地方上級、国家一般職、国家総合職など全般に対応されているのが特徴的になります。全国各地に校舎を構えている大手ですので、通学講義を検討されている方におすすめです。LEC東京リーガルマインドは教養試験、工学の基礎対策だけではなく、論文対策、面接対策も充実していますので、十分に最終合格を視野に入れることができます。

 

 

対応職種

詳細内容は資料請求。

 

1次試験対策だけではなく2次試験の面接・論文試験対策にも力を入れていることで知られています。特に技術系公務員は集団討論などの過去の情報量が各種スクールでも少ないと言われていますので、複数の公務員予備校に入会・入学するのも1つの手であると言えるでしょう。また、全国に多数の教室がある大手ですので、通学を検討されている方にとってもメリットがあると言えるのではないでしょうか?

 

 

対応職種

土木、建築、機械、電気・電子・情報、化学

 

理系向けの技術職公務員通信教育比較ランキングがあれば当然上位に食い込むのが名門TACです。東京アカデミー、資格スクール大栄と共にこの分野に強いのがポイントになります。2社との違いは多彩な学習メディアを持っているという点になります。

 

通学校舎で勉強するのも1つの方法ですし、それ以外においてもWEB講座、DL(音声ダウンロード)、DVDなど様々あります。もちろん、2次の技術公務員の面接対策にも力を入れていて、面接カードや志望動機(志願理由)・自己PRなどに迷っている方についても必見です。もちろん、論文試験の合格ノウハウも持っていますので、十分に最終合格を目指せるカリキュラムになっているはずです。

 

技術職(理系)公務員試験対策Q&Aコーナー

 

事務系と比べて給料・年収・賞与(ボーナス)ってどうなの?

同じ勤続年数で同じ役職であればほぼ同等の給与水準になります。逆に技術職の場合ですと仕事内容で諸手当が付きやすい傾向がありますので、年収ベースであれば上回ることもあるでしょう。ちなみに公務員の場合ですと賞与は期末勤勉手当といいますので、覚えておきましょう。

 

合格するのに資格取得が必要って本当?

必須の試験区分の場合は事前に資格取得する必要があります。必須で無いのであれば資格なしでも試験の成績が良ければ採用される可能性はあります。もちろん、仕事に活かせる資格を保有していれば個別面接・集団面接でPRしやすいのは間違えないのですが。

 

過去問・参考書・テキストが見つかりません。

受験者数が少ないので各出版会社においてはそれほど積極的ではないのが事実になります。教材探しに苦労するという話は頻繁に耳にしますね。予備校ではなく、独学で検討をするのであれば直接書店で探し回るより、アマゾンなど通販を活用するのが効率的だと思います。動かないで家の中で検索して見つけることができますからね。また、公務員試験対策のポイントとしては過去問や参考書など教材選びは一切妥協はしないべきです。それによって合否が左右される可能性もありますので。

 

出世・昇進・階級

 

まず頻繁に話題になるのが「技術系(スペシャリスト)」と「事務系」の格差に関することです。出世に違いが出るという噂は本当なのだろうか?今回筆者はその点について徹底的に検証してみることにしました。

 

これは業界内では暗黙の了解的な一面があり、具体的に「行政職や事務系の方が出世スピードが早いよ~」と明記されている訳ではないのはまず間違えないでしょう。例えば採用人事のこの件をお問い合わせすれば間違えなく、「関係ありません」と返答されるに違いないでしょう。

 

それではなぜ技術職の公務員は出世に不利という口コミが先立っているのだろうか?その答えは国家総合職採用組・・・通称高級官僚の影響が強いと思われます。(理系職の場合は技官と呼ばれている。)各中央省庁で働く公務員のトップ階級と言えば事務次官になります。財務省、総務省、経済産業省、文部科学省などの歴代トップを見ると大体が事務職出身者になります。国土交通省など技官が出世に有利と言われているケースもありますが、基本ベースとしては事務次官を目指すのであれば事務系の方が理想的と言われています。

 

続いて地方公務員の場合について見て行きましょう。高卒程度の初級区分、大卒程度の上級区分が採用されているケースが多く、規模の大きな県庁や政令都市レベルになると短大卒程度の中級区分の募集をされているケースがあります。実は地方公務員の技術職においても最高幹部への昇進は少ないと言われています。

 

なぜ、このようなことが起きているのか?

 

シンプルに考えられる要因として挙げられるのは下記の通りになります。

 

  • 技術職は人数が少ない
  • 管理職のポストが限られている
  • 専門職の一面があるので仕事が限定される

 

この3つの要素が強いと筆者は考えています。確かに考えてみると技術職(理系)の公務員通信講座・通信教育におけるコースは各予備校・専門学校においてもそれほど多くはないですし、国家一般職・総合職の採用数を見ても圧倒的に事務系の方が多いのが特徴的になります。例えば100名の中からトップを生むのと5名の中からトップを輩出するのでは間違えなく前者の方が確率が高いのは目に見えていますからね。

 

また、事務系は様々な部署へ人事異動をすることになりますので、その分複数の部署でポストを就くことができます。一方、技術系の場合ですとスペシャリストとしての期待が強いので配置される部署も限られています。つまりはポストが少ないことで昇進に不利になっている可能性が考えられるのです。格差というよりは実は仕方が無い部分が大きいのです。

 

難易度・倍率・競争率

 

技術系の試験は難易度が低いよね?これなら公務員学校を利用する必要はないのではないか?と考える方もいるようです。

 

ハッキリ言って倍率・競争率を見ると事務系に比べて難易度は劣ると思われます。1.5倍~3倍くらいでも珍しくはありませんからね。また、受験者のレベルについても低いと推測することができますので、巷では

 

「合格率を考えるとメリットがある」
「受かりやすい」
「狙い目すぎるでしょ」
「簡単に転職できる」
「短期で合格できる」

 

などのコメントが目立ちますね。2ch(2ちゃんねる)噂やQ&Aサイトなどを見るとさらに出てくるのではないか?と思いますので、興味がある方はさらに分析してみるといいでしょう。シンプルに公務員になりたいというだけであれば文系出身者においても理系の技術職を受験するのが合格する上で容易であるという意見もあります。

理系(技術職)の公務員予備校比較記事一覧

人気の試験区分の1つである土木職の公務員予備校・通信講座ランキングを紹介しているコーナーを作成しました。筆記試験、専門試験など1次対策以外の論文、面接、集団討論対策も可能な優良スクール塾を掲載していますので、必見です。高卒程度の初級区分で土木公務員の専門学校に入学を検討されている方についても参考になるかと思いますので、最後までチェックして頂ければと思います。まずは基本事項から解説していきたいと思い...

ストレス社会である昨今においては企業においてもメンタル的な支援をするカウンセラーのニーズが高まっています。当然、官公庁においても同様で地方公務員・国家公務員共に採用区分があります。今回紹介するのは心理職の公務員予備校・専門学校おすすめランキングに関する企画になります。忙しい方向けに心理の公務員通信講座・通信教育比較の解説もありますので、どうぞ最後までご覧頂ければと思います。心理職の公務員予備校・通...

国家公務員の採用枠が少なく、基本的に地域密着型のお仕事になりますので、市町村区・都道府県など地方公務員試験を受験して就職するケースが多いのが特徴的になります。簡単に言えば「しあわせ」、「ゆたかさ」を向上されるために社会的援助の役割を果たす極めて重要な職業になります。今回、紹介するのは福祉職の公務員試験予備校・専門学校比較ランキングになります。なお、おすすめ特集についてはページ最後に掲載していますの...

インフラを支える仕事の1つとしてニーズのある職種の1つになります。もちろん、通常の事務系の採用枠に比べると極端に募集数が少ないのですが、それでも規模の大きな自治体であれば毎年のように試験が実施されていますので、就職・転職するチャンスは十分にあると考えていいでしょう。さて、今回紹介するのは建築の公務員予備校・専門学校比較ランキングに関するテーマになります。通学で通える範囲にスクール塾が無い方のために...

メカニック・テクノロジーを支える希少価値に優れた職業になりますので、夢やロマンを追い求める方にとっては最適なお仕事の1つであると思います。このページで紹介するのは機械系の公務員予備校・専門学校比較ランキングに関する内容になります。前半には基礎的な知識に関することを掲載していて、後半に機械の公務員通信講座・通信教育おすすめ特集などを企画していますので、どうぞ最後までチェックして頂けると嬉しいですね。...

電気の公務員試験対策講座は数少ないので探しているけど見つからない・・・そのような悩みを抱えている方は結構多いのではないでしょうか?基本的には電子・情報職と一緒のコースになっているケースが多いのが特徴的になります。この手の技術職は地方初級、地方上級、国家公務員一般職・総合職とあらゆる採用試験でニーズがあります。地上の場合ですと特に県庁や政令都市などは募集予定者数が多く、中小規模の市役所の場合ですと若...

厚生労働省を中心に総務省、気象庁、経済産業省などでも需要のある区分になります。まさに理系ど真ん中になりますので、研究職を目指すのも1つの手であると言えるのではないでしょうか?さて、物理・化学職の公務員試験予備校・専門学校比較ランキングを紹介しているページになります。お近くに通学校舎が無い方においても対策できる通信講座・通信教育のおすすめ特集などもありますので、よろしければ参考にして頂ければと思いま...

緑や自然環境に携わる機会が多い職種になりますので、都市緑地に関する施策を推進していきたい方にとっては向いている職種の1つになると思います。今回紹介するのは1次試験の教養試験や専門試験に加えて官庁訪問、面接・グループディスカッションの対策、論文試験対策を検討されている方を対象にしているコーナーになります。具体的に言えば造園・林業・畜産の公務員試験予備校&専門学校比較ランキングを企画していますので、結...

農地転用や耕作放棄地対策など難しい課題を抱えている部署も多数あります。一般的にはそれほど人気がある受験区分ではないので狙い目、簡単であるという声も少々あります。また、採用予定者数が少ないことで情報量が極端に少ないので独学の場合ですと面接試験対策、集団討論、論文試験、専門試験などに悩む方もいると思います。そこで、農学・農業職に強い公務員試験予備校・通信講座比較ランキングを紹介していますので、どうぞ参...

水産系公務員は内陸部の地域ではあまり募集はされてなく、海に囲まれている自治体で積極的に採用しているというのが印象的になります。市役所単位というよりは県庁・政令都市レベルで狙うのが理想的ではあります。これは地方上級・地方初級共に言えることでしょう。今回紹介するのは水産の公務員試験予備校・専門学校比較ランキングに関するテーマになります。自宅から片道1時間以内に校舎が無い方のために人気通信講座・通信教育...