農学職・農業職の公務員予備校一覧

農業職の公務員試験予備校・専門学校

農地転用や耕作放棄地対策など難しい課題を抱えている部署も多数あります。一般的にはそれほど人気がある受験区分ではないので狙い目、簡単であるという声も少々あります。また、採用予定者数が少ないことで情報量が極端に少ないので独学の場合ですと面接試験対策、集団討論、論文試験、専門試験などに悩む方もいると思います。

 

そこで、農学・農業職に強い公務員試験予備校・通信講座比較ランキングを紹介していますので、どうぞ参考にして頂ければと思います。もちろん、既に参考書・過去問・テキスト教材などを購入して独学で勉強をされている場合においても専門学校・スクール塾については検討対象に加えて頂ければと思っています。通学だけではなく、通えない方のために農業の公務員通信教育の学校紹介もしています。まずは基本的な知識を掲載していますので、そちらから閲覧してくださいませ。

農業職の公務員予備校・通信講座ランキング

 

農学区分対策ができるおすすめの公務員試験予備校をまとめているコーナーになります。通学だけではなく通信講座にも対応している東京アカデミー、TAC、大栄の3社が特に一押ししています。

 

理由は筆記対策だけではなく個別面接・集団面接・グループディスカッションなど様々な種目に対して適切な対策をすることができるからです。

 

まずは気軽に複数社へ無料資料請求をしてみてくださいませ。

 

 

 

 

農業職の仕事内容・業務内容を教えて!

 

国家公務員一般職・総合職であれば農林水産省の受験が一般的になりますね。

 

地方公務員上級・初級区分で採用された場合で例を挙げると農林水産部に配属されるのが王道になります。その中には部内の調整や政策立案を担当する花形である農林水産政策課、農協・漁協・森林等の組合に対する指導や検査を実施している団体指導課、野菜や果物・花植木の振興を目的している生産振興課、その他流通販売課、担い手支援科、農地・農村振興課、安全農業推進課、耕地課などに分かれているのが特徴的になります。

 

全体的に言えるのは農業に関する管理・検査・指導・調査・計画・振興などの業務内容が多いですね。食品表示法、農地法など法律絡みの知識も必要になる仕事が結構ありますので、頻繁に最新情報はチェックしておきたいというのが本音ではありますね。また、近年においては有名な話ではありますが、農家において後継者不足に悩まされているケースが多いので、後継者確保の育成、新規就農社の支援、産地強化、試験研究などにも力を入れている地方自治体は多くなっていますので、直接住民と関わる機会が結構あるという点についても醍醐味になります。

 

合格を目指せる学科

 

  • 国際園芸農学科
  • 生命農学科
  • アグリビジネス学科
  • 食品生命科学科
  • 食料農業システム学科

 

農業職の給料・年収を教えて!

 

他の職種と同水準の給与・年収になります。もちろん、出世・昇任など本人の努力次第で同期に差をつけることは可能になります。地方公務員においても最高クラスの階級である部長や局長になることができれば年収1000万円超えもまだまだ目指すことができる状況です。

 

農業職の難易度・倍率を教えて!

 

例その①~農業区分

 

1次試験受験者数:85名

 

最終合格者数:25名

 

合格率:3.4倍

 

実は結構各自治体で需要のある区分として知られています。上記を見れば分かる通り20名以上の方が合格の切符を手にしている点で一目瞭然だと思います。農業の公務員試験難易度はそれほど高くはなく、シッカリと基本抑えて対策をすれば十分に独学でも合格を狙えるレベルです。

 

例その②~農業区分

 

1次試験受験者数:64名

 

最終合格者数:17名

 

最終合格倍率:3.8倍

 

1人で勉強を進めている方についても農業の公務員通信講座を検討するのは良いことだと思います。理由は資料請求をすることで情報収集することができますし、場合によっては面接のネタを見つけることができるケースもあります。当ページでは後ほど農学系に強い公務員予備校ランキングを発表していますので、興味がある方は読み進めてくださいませ。

 

専門試験択一の出題分野例

 

【農業区分】

 

作物学/栽培学/園芸学/農業経済一般/農業政策/育種遺伝学/植物病理学/昆虫学/土壌肥料学/植物生理学/畜産一般/食品化学/食品加工/人間工学/農村計画