機械職の公務員予備校一覧

機械職の公務員試験予備校・専門学校

メカニック・テクノロジーを支える希少価値に優れた職業になりますので、夢やロマンを追い求める方にとっては最適なお仕事の1つであると思います。

 

このページで紹介するのは機械系の公務員予備校・専門学校比較ランキングに関する内容になります。前半には基礎的な知識に関することを掲載していて、後半に機械の公務員通信講座・通信教育おすすめ特集などを企画していますので、どうぞ最後までチェックして頂けると嬉しいですね。

 

独学で勉強している方についても参考書、過去問で思うように対策ができていないのであれば学習方法をチェンジするのも1つの手です。

 

機械職の公務員予備校・通信講座ランキング

 

過去問、参考書、問題集で独学合格を目指している方についても一回くらいは検討しておきたいですね。機械の公務員試験予備校でおすすめのサービスを厳選5社でまとめてみました。通信教育を希望されている方も通学の専門学校を視野に入れているも必見です!まずは気軽に無料資料請求をしてみてくださいませ!

 

 

料金相場

15万円~30万円

 

コストパフォーマンス重視の方に人気があるのがクレアールです。通学校舎はありませんので、機械職公務員通信講座をお探しの方におすすめです。技術系公務員コースを申込の際に「機械」を選択することで受講が可能です。都道府県・政令都市・特別区Ⅰ類など地方上級、市役所、さらには国家一般職や国立大学法人試験に対応されています。

 

通信教育ではありますが、担任サポート、質問サポート、論文添削サポート、面接シート添削サポートなどバックアップ体制は充実しています。

 

 

料金相場

詳細内容は資料請求

 

大卒程度、高卒程度、社会人経験者採用など様々な学歴区分に対応されています。全国各地に校舎がありますので、情報収集力は抜群です。特に地方自治体の対策が充実していますので、市役所、都道府県庁の機械職を受験される方は必見です。東京アカデミーの最大の特徴としては効率性に優れている生講義です。熱意溢れる講師による授業を受けたいのであればココです。

 

 

主なコース・料金

2019年合格目標地方上級・国家一般職 機械職合格コース
Web+音声DL通信講座272,000円
DVD通信講座329,000円
通学(工学の基礎+教養)Web+音声DLフォロー付333,000円
通学(工学の基礎+教養)DVDフォロー付390,000円

 

※上記は一般価格、税込表記です。キャンペーン価格・特別割引、最新情報は必ず公式サイトで確認してください。

 

機械職総まとめ講座、機械職パーフェクト演習講座など専門科目対策が充実したカリキュラム内容になっています。

 

もちろん、教養試験、工学の基礎、論文試験、面接試験、時事試験にもシッカリ対応されていますので、十分に最終合格を目指すことができます。LECは地方上級・国家一般職だけではなく、国家総合職機械区分にも対応されていますので、官僚を目指す方も必見です!

 

 

主なコース・料金

2019年合格目標機械職本科生
Web+音声DL通信講座260,000円、入会金10,000円
DVD通信講座348,000円、入会金10,000円
教室講座273,000円、入会金10,000円
個別DVD講座273,000円、入会金10,000円
教室+個別DVD講座303,000円、入会金10,000円
2020年合格目標1.5年建築職本科生
Web+音声DL通信講座313,000円、入会金10,000円
教室講座325,000円、入会金10,000円
個別DVD講座325,000円、入会金10,000円
教室+個別DVD講座356,000円、入会金10,000円

 

※上記は一般価格、税込表記です。キャンペーン価格・特別割引、最新情報は必ず公式サイトで確認してください。

 

材料力学、流体力学、熱力学、機械力学、機械区分知識、機械職専門演習、機械職専門記述など専門試験対策が非常に充実しています。技術職用の論文試験対策、面接試験対策、官庁訪問対策などにも対応されているのは嬉しいですね。地方上級(道府県・政令指定都市)、市役所上級、東京都I類B、特別区I類、国家一般職(大卒)、国立大学法人等を目指すことが可能です。大手で信頼性の厚いTACは比較対象に加えておくべきですね。

 

機械職の仕事内容・業務内容を教えて!

 

ザックリ言えば機械に関する設計、工事監督への指導・定期検査の立ち合い、保守管理、計画立案などを担当することになります。入札関連やメーカーへの見積もり依頼や打ち合わせなどをするケースも結構ありますので、コミュニケーション能力が必須となる業務内容であると言えるでしょう。人と話すことが苦手な方については面接試験・集団討論などにおいても弱点になってしまいますので、事前に克服・対策しておきたいところではありますね。

 

主な配属先・勤務先の部署

 

  • 知事部局
  • 交通局
  • 水道局
  • 下水道局

 

その他、営繕課、環境課、都市整備、産業支援など様々な部署への人事異動の可能性があります。なお、国家公務員一般職や総合職の場合ですと国土交通省の運輸局、その他各省庁のシステム開発など多岐に渡るニーズがあります。
防衛省、経済産業省、農林水産省、総務省、原子力規制庁、文部科学省などを受験する方についても必見ですね!

 

主な大学の学科

 

  • 機械工学科
  • 機械電子創成工学科 
  • システムデザイン工学科
  • 未来ロボティクス学科
  • 動力機械工学科
  • 先端材料工学科

 

機械職の給料・年収を教えて!

 

通常の公務員と一緒です。特に大きな差は生まれないので平均的な年収・給与であると考えておけばいいでしょう。

 

機械職の難易度・倍率を教えて!

 

例その①

 

1次試験受験者数:27名

 

最終合格者数:15名

 

最終合格倍率:1.8倍

 

需要はあるのになりたい方が少ない職種になりますので、「狙い目」とか「受かりやすい」と2ch(2ちゃんねる)口コミ体験談などを見ると掲載されている例もあります。実際に公務員試験で倍率2以下な区分はどちらかと言えば珍しいので専門的な知識があるのであれば受験に挑戦してみるのもいいと思います。

 

例その②

 

1次試験受験者数:9名

 

最終合格者数:1名

 

競争倍率:9.0倍

 

実は前年度の競争倍率は1.5倍だったので一気に難易度がアップしている印象がありますが、シンプルに良い人材が少ない不作の年だったという可能性もありますので、単純に図ることは難しいでしょう。ただ、年度によって倍率はバラつきがありますので、簡単だと思っていると足元をすくわれるでしょう。

 

専門試験択一の出題分野例

 

数学・物理/材料力学/流体力学/熱力学/電気工学/機械力学・制御/機械設計/機械材料/機械工作

 

*あくまで参考に留めてくださいませ。