管理栄養士予備校比較

管理栄養士予備校比較ランキング

管理栄養士予備校・通信講座比較ランキングを紹介しているページです。通学の国家試験対策講座だけではなく、通信教育おすすめ特集も用意していますので、自宅から通える距離に学校が無い人でもタメになると思います。管理栄養士予備校は札幌市、青森、仙台市、秋田、埼玉県(大宮)、千葉県(津田沼)、東京、池袋、御茶ノ水、町田、横浜市、静岡、名古屋市、金沢市、新潟、京都、大阪、兵庫県(神戸市)、岡山、広島県、福岡県など全国各地に多数ありますが、無理に通学を選択するのではなく忙しい社会人や学生の場合ですと通信制が効率的に学習を進める最適な方法のケースもあります。

 

管理栄養士と栄養士の違いを比較

 

食事と栄養に関するアドバイスをする専門家です。大きく職種を分けると「管理栄養士」と「栄養士」の2つ職種があります。

 

同義語・全く同じ職種であると認識されている方もいると思いますが、実はこの2つは異なる業務内容になっていますので、違いを抑えておきたいところです。それぞれの特徴をザックリまとめましたので、まずは簡単にご覧くださいませ。

 

栄養士とは

 

  1. 都道府県知事の免許を受けた国家資格
  2. 主な対象者は健康な人

 

都道府県知事系の国家資格になります。健康な人に対して食事や栄養に関するアドバイスをするのが主な仕事内容になります。知識を活かして病気等の予防を狙います。

 

管理栄養士とは

 

  1. 厚生労働省大臣の免許を受けた国家資格
  2. 病気を抱えている方や高齢者にも指導・助言をする

 

まず管轄は国の機関である厚生労働省で免許を受けるのも大臣になります。管理栄養士は健康な人だけではなく傷病者にもアドバイスをします。簡単に言えばクライアント層の幅が広いのです。大規模施設における需要も考慮すると栄養士のパワーアップバージョンですね。より専門的な知識が必要になります。実際に管理栄養士国家試験を受験するルートの1つとして栄養士としての実務経験1年~3年以上という条件がありますからね。

 

管理栄養士の就職先とは?

 

主な種類を挙げると下記の通りになります。

 

  • 病院・クリニック
  • 保育園
  • 食品開発会社
  • コンサルティング系

 

民間企業で働くのが一般的ですが、自治体によっては公務員として栄養士職・管理栄養士職を募集されているケースもあります。主に・県庁・政令都市・市役所などの地方上級試験に合格することで就職することができます。管理栄養士公務員予備校も後ほど紹介していますので、よろしければチェックしてみてくださいませ。公務員の場合ですと保健センター、公立学校、福祉施設、本庁部署など幅広い勤務先に配属されることになるでしょう。その他、スポーツ選手へのコンサルティングやスポーツジムでの食事指導など様々なニーズがあります。

 

管理栄養士の年収・給料・ボーナス事情

 

平均年収400万円~450万円程度

 

正直な話をするとそれほど高収入な職業ではありません。年収500万円を超えていればスゴイ方だと思います。年収600万円、年収700万円、年収800万円レベルになりますと本当に一握りになります。年収1000万円以上の人も居ないことはないと思いますが、少数派であることは間違えないでしょう。一般的に正社員など雇用されている状態では大きなリターンを得ることは難しいので、高額給料・給与を得るには独立開業・起業が近道になるでしょう。その場合ですとセミナー・企業研修のセミナー講師、スポーツ選手やセレブの専属アドバイザーなどになりますね。また、複数のクライアントを持って監修料として収入を得ているフリーランス(個人事業主・自営業)もいるみたいですね。

 

管理栄養士国家試験概要

 

試験実施日:3月中旬頃

 

合格発表:5月上旬頃

 

試験地:北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県及び沖縄県

 

科目:社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論

 

最新情報は必ず厚生労働省の管理栄養士国家試験に関するページをご覧くださいませ。

 

管理栄養士予備校おすすめランキング

 

まずは気軽に複数社へ資料請求!通学・通信講座の対策スクールを徹底比較!

 

 

全国各地に拠点あり

 

無料セミナー、通学講座、夏期講習、直前演習ザファイナル講座、全国公開模試など各校舎で様々な管理栄養士試験対策講座が販売されています。冬期講習・直前演習は試験本番前に応用力試験対策ゼミ・総まとめゼミ・直前演習などで最後に追い込みをかけるアウトプット中心カリキュラムになっています。費用・学費も安い・格安な訳ではないのですが、お手頃な値段・価格になっていますので、独学での勉強を検討されている方についても東京アカデミーは比較対象に加えておきたいですね。評判&口コミ評価にも優れています!

 

また、ワンポイントで知って頂きたいのが管理栄養士公務員予備校としても人気があるということです。実は地方公務員の合格実績に優れているスクール塾になりますので、資格免許区分においても十分に対策することができます。

 

 

安い・格安の管理栄養士通信講座

 

59,000円(税込)の圧倒的なコストパフォーマンスで価格設定されていますので、金額面で独学を選択されている方にもおすすめです。リーズナブルな理由は通学校舎が無いので、経費を削減できている点が大きいと推測しています。通信教育ではありますが、添削11回のボリュームやその他サポート体制によってクオリティに優れている管理栄養士国家試験対策を実現されています。

 

 

女子栄養大学国家試験対策委員会がサポートしている通信制サービスです。学習メディアはDVDが中心になっています。

 

 

オープンキャンパスに参加したい人や進学向けの資料請求をしたい人におすすめの情報サイトです。受験する大学や専門学校探しに最適!

管理栄養士予備校比較記事一覧

ファーストフードなど欧米食が取り入れる方が増えている昨今において肥満に悩む人も結構多いと言われています。そんな中時代に沿った活躍をしているのが管理栄養士です。病院・クリニック等の医療機関、公共機関、一般企業など様々な現場でニーズがあると言われています。さて、今回紹介するのは東京アカデミー管理栄養士の評判&口コミ評価に関するテーマになります。通学講座、通信講座の2種類がありますので、自分の学習スタイ...