介護福祉士の予備校比較

介護福祉士の予備校・通信講座比較ランキング

介護福祉士になるルートは主に「実務経験」、「福祉系高校」、「養成施設」の3種類が王道になります。他にもルートはありますが、このいずれかを選択して資格取得を目指す例が多いのではないでしょうか?学歴を障壁に思っている方もいるみたいですが、実は中卒、高卒、大卒のいずれからでも受験することが可能になりますので、学歴が低い場合でもエリートと比べてそれほどハンデになる職種ではないのが特徴的になります。

 

但し、国家試験は誰でも無条件に受験資格が与えられる訳ではなく、実務経験が必要だったり、福祉系高校に進学、厚生労働省指定の養成施設を卒業など様々なルートがありますので、自分にとって最適な方法を選択してくださいませ。なお、ルートによっては介護福祉士試験において実技試験が免除されますので、筆記試験対策に的を絞るためにそれを狙ったステップを踏むのも1つの作戦であると言えるでしょう。

 

さて、このページでは介護福祉士予備校・通信講座比較ランキングを紹介していきたいと思います。介護福祉士対策講座を通学で探している方は結構多いと思います。但し、校舎が自宅近くに無い人もいると思いますので、そのような方には通信教育がおすすめです。様々なタイプの評判&口コミ評価に優れている予備校を掲載していますので、どうぞ参考にして頂ければと思います。なお、まずは基礎知識から紹介していきたいと思います。

 

介護福祉士国家試験の概要

 

筆記試験:1月下旬頃

 

実技試験:3月上旬頃

 

合格発表:3月下旬頃

 

筆記科目:人間の尊厳と自立、介護の基本、人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、社会の理解、生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ、医療的ケア、総合問題

 

実技科目:介護等に関する専門的技能

 

受験手数料:13,140円

 

※例年の概ねの内容を掲載しています。日程及び出題科目等については実施される年度によって異なる可能性がありますので、最新情報を確認してくださいませ。

 

介護福祉士の就職先・仕事内容

 

主な職場については下記の通りになります。

 

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 訪問介護サービス
  • デイサービス
  • 有料老人ホーム

 

ザックリ言えば概ね高齢者を支援する事業所に勤務するのが一般的になります。業務内容については就職先によっても若干異なりますが、食事・入浴・歩行・排泄などのサポートになります。また、高齢者の家族に相談を受ける機会があることからコミュニケーション能力は必須であると言えるでしょう。さらに施設内における清掃や日常生活で必要になる買い物・洗濯など仕事は本当に幅広いのが特徴的になります。

 

就職方法については新卒であれば学校の紹介が一般的で、一度辞めて新しく探す場合ですと転職サイトかハローワークで求人を探すケースが多いみたいですね。また、民間系が一般的ではありますが、一部の自治体では介護福祉士職の公務員試験採用募集が実施されているケースもありますので、県庁・政令都市・市役所等で働く公務員を目指す方もいます。

 

介護福祉士の年収・給料・待遇

 

平均年収300万円前後(推定)

 

キャリアによって給与・ボーナス(賞与)は違ってきますが、ザックリ言えば高収入の職業ではありません。年収250万円以下の人も珍しくはなく、労働に見合わないという不満を持っている人も結構多いのが特徴的になります。月収で言えば17万円~20万円程度の方も結構いて、パート・アルバイトはもちろん、正社員の場合でも年収400万円、年収500万円、年収600万円以上稼げるのは稀です。

 

勤続年数が長い方の場合ですと待遇を期待するのではなく、やりがいや責任感を重視されている傾向があるようです。

 

介護福祉士予備校おすすめランキング

 

通学講座及び通信講座が充実しているラインナップになっています。

 

まずは気軽に資料請求をしてみてくださいませ!

 

 

 

 

 

 

介護福祉士の予備校比較記事一覧

近年の高齢化社会で需要が拡大している職業の1つが「介護福祉士」です。日本国内においては深刻な少子化ですのでお年寄りを支える若い世代が少ないのが現状になります。確かな大変な仕事ではありますがその分やりがいもありますので目指してみる価値はあるでしょう。入浴、排せつなど身の回りの生活支援はもちろん生半端な覚悟では続けられませんが・・・。さて、今回紹介するのはヒューマンアカデミーたのまな介護福祉士講座の評...