証券外務員予備校の口コミ(2件)&比較

証券外務員予備校比較ランキング

証券外務員二種に加えてさらに上級資格と言われている証券外務員一種を目指している金融関係のサラリーマンは結構多いみたいですね。簡単に言えば金融商品取引業務ですね。銀行や証券会社などの金融機関に勤めている方で資格取得を狙うのが一般的ではありますね。また、入社後に企業から推奨されて勉強をスタートさせる例も結構あるようです。株式、債券、投資信託、有価証券、保険商品などの知識は必須の業界もありますからね。他にも信用取引外務員、内部管理責任者などの資格を目指す方もいるみたいです。

 

さて、今回紹介するのは証券外務員予備校・通信講座比較ランキングに関するテーマです。外務員資格を目指せる学校はそれほど多くはなく、業界大手の存在が目立ちますね。通学で行ける範囲に対策講座のある専門学校が無い場合でも近年にはWEB(インターネット)といった便利な学習システムもありますので、無理に生講義に拘るのではなく動画の通信教育を選ぶのも1つの手です。

 

一種外務員試験の概要

 

試験実施日:祝日や年末年始を除く月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日の平日。詳しい内容は実施要項をご覧くださいませ。

 

出題内容:金融商品取引法及び関係法令、金融商品の勧誘・販売に関係する法律、協会定款・諸規則、取引所定款・諸規則、株式業務、債券業務、投資信託及び投資法人に関する業務、付随業務、デリバティブ取引(一種外務員資格試験のみ)、証券市場の基礎知識 、株式会社概論、経済・金融・財政の常識、財務諸表と企業分析、証券税制、セールス業務・・・実務レベルの専門知識が問われる問題が出題されている。

 

問題数:合計100問

 

試験時間:2時間40分

 

受験料:8,704円(税込)

 

二種外務員試験の概要

 

試験実施日:祝日や年末年始を除く月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日の平日。詳しい内容は実施要項をご覧くださいませ。

 

出題内容:概ね一種外務員試験と同様の出題科目になりますが、一部の科目で一種のみと記載されています。また、全体的に基礎的な知識レベルが求められる内容が多いので、インプットで土台を固めて、演習問題等のアウトプットで対策をすれば着実に合格水準に学力を持っていきやすいのではないか?と思います。

 

問題数:合計70問

 

試験時間:2時間

 

受験料:8,704円(税込)

 

外務員の難易度・合格率は?

 

証券外務員一種は440点満点の7割が合否判定基準になっていて、合格率は概ね40%~50%程度になります。合格までの勉強期間の目安については2週間~3ヶ月程度と短期間が多いので、一見すると難易度は低いように思われるのですが、受験層のレベルが高学歴&エリート層が多いので、結構難しいと言われています。銀行や証券会社に勤めている人って頭が良い人多いですからね~!甘くないです。

 

証券外務員二種は300点満点の7割が合否判定基準になっていて、合格率は55%前後と若干一種と比較すると高めの水準になります。難易度についても外務員二種の方が優しい傾向があります。

 

年収1000万円以上の狙える!?

 

完全実力主義の世界ですので、営業成績によっては年収1000万円を超えるケースも珍しくはないと言われています。

 

もちろん、年功序列の企業の場合ですと新入社員の1年目~3年目でいきなり高収入を目指すことは難しいのですが、結果を重要視されている給料体系であれば20代、30代の若手でも年収700万円、年収800万円、年収900万円の層は結構いると思います。

 

但し、資格を持っているからと言って高額給料へ昇給するのではなく、あくまでキッカケに過ぎないということは覚えておきたいですね。証券外務員一種を取得しても諸手当が数千円出るだけで何も待遇が変わらなかったという体験談・感想もあります。大切なのは学んだ知識をどのように仕事に活かすか?に限ります。もちろん、年収250万円~400万円程度でサラリーマンの平均年収を下回る人もいるでしょう。

 

証券外務員予備校おすすめランキング

 

人気のある試験対策講座のスクールに厳選しています。予備校・専門学校をお探しの方は必見です!

 

 

格安の証券外務員通信講座

 

コストパフォーマンスを重要視されている方におすすめのスクール塾です。通学校舎が無い分価格・値段はリーズナブルな設定になっているのが特徴的になります。スマートフォンを使った動画が便利で人気の理由の1つになります。

 

 

通勤に1時間はかかるため、その間スマートフォンで音声だけ聞いたり、会社の昼休みに問題集をといたりで、一日に2時間は勉強の時間を確保できました。またビデオ講義は、難しい項目を理解するのにとても役に立ちました。


 

 

1度のトレーニングか約10問程度のため、心理的な負担も軽く、
すき間時間を使って重要なポイントを繰り返し学習する事が最大の魅力でした。


 

 

申込はe受付

 

  • 二種・一種の両方に対応
  • 内部管理責任者対策講座あり
  • 通学・WEB・個別DVDなど多彩なメディア
  • 合格実績豊富の名門スクール

 

大手ですので、知っている人も多いと思います。全体的に短期対策講座が中心とあって学費・受講料も安い・格安のリーズナブルになっています。全国各地に通学校舎がありますので、証券外務員予備校を水道橋、新宿、池袋、渋谷、八重洲、立川市、町田市、横浜市、大宮、津田沼、名古屋市、京都、梅田、難波、大阪、神戸市、広島、福岡でお探しの方は特に必見であると言えるでしょう。また、夜間や土日も開校されていますので、忙しい社会人も外務員試験対策講座で学習しやすい環境にあると思います。

 

 

誰もが知っている資格の学校です。有名ですので安心感・信頼性がありますね。

証券外務員予備校の口コミ(2件)&比較記事一覧

金融業界に就職したい方、すでに銀行や証券会社に努めている方は必見となっていますよ!証券外務員資格を取得することで、今後のキャリアプランやスキルアップなど、男性も女性も活躍できる場を広げるチャンスとしています。ここでは低価格で資格試験合格が狙えるスタディング(旧KIYOラーニング通勤講座)に注目!口コミ&評判、体験談を交え特徴をまとめていますので、参考比較としてご覧下さいね!そして通信講座で証券外務...

金融業界への就職、転職に有利な資格「証券外務員」資格は、経済・金融の幅広い基礎知識が身につき、自身の投資や資産運用に役立てることができるのも取得メリットとなります。その合格率は二種で5~6割程度、一種になると4割程度平均合格しており、それほど難易度の高い試験でないことがわかります。しかし仕事やWスクールなど両立して試験突破を狙うのであれば、資格予備校、通信学校等を利用することが効率的かつ高い学習効...