精神保健福祉士予備校比較

精神保健福祉士予備校比較ランキング

ストレスが日常に溢れている現代社会においてニーズのある精神科ソーシャルワーカー(PSW)は非常にニーズのある職業の1つになります。簡単に言えば精神的な障害を抱えている方を支援・サポートする仕事内容になります。なお、このページでは精神保健福祉士対策講座のある予備校・専門学校を徹底比較するコーナーを企画しています。通信講座・通信教育おすすめランキングに興味がある方も必見ですね。基本的には評判&口コミ評価に優れているスクールに厳選していますので、安心して精神保健福祉士予備校を選ぶことができると思います。なお、高校生や社会人で進学を検討されている向けの情報サイトも掲載していますので、そちらも必見です。まずは基本情報からご覧くださいませ!

 

精神保健福祉士になるには

 

実は国家試験の受験資格を得るためのルートは非常にたくさんあります。最短の年数はズバリ4年です。

 

つまり1年後に向けて勉強するぞ!と意気込んでも受験条件を満たすことができませんので、まずは挑戦権を得るために行動することが大切です。

 

一番最短のルートは保健福祉系の大学へ進学することです。保健福祉系短大ルートも期間的には同じですが、2年制の場合は2年間の実務経験、3年制の場合は1年間の実務経験が必要になります。卒業後にキャリアをスタートさせたいのであれば大学がおすすめですね。

 

また、高卒実務経験ルートや一般大学・短大のルートの場合ですと養成施設で1年以上学ぶ必要がありますので、5年以上の期間を要することになります。

 

試験概要について

 

管轄は公益財団法人社会福祉振興・試験センターです。

 

試験日程:1月下旬~2月上旬頃

 

合格発表:3月中旬頃

 

試験科目:精神疾患とその治療、精神保健の課題と支援、精神保健福祉相談援助の基盤、精神保健福祉の理論と相談援助の展開、精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム、人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会保障、障害者に対する支援と障害者自立支援制度、低所得者に対する支援と生活保護制度、保健医療サービス、権利擁護と成年後見制度

 

試験地:北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

 

転職・就職先について

 

主な勤務先は病院クリニックなど医療機関の精神科になります。総合病院や地域密着型の小規模クリニックなど職場によって求められる仕事が若干異なることもありますが、概ねは一緒です。また、キャリアを積んだ後にメンタルカウンセラーとして働いている方も結構います。フリーランス・個人事業主のとしてセミナー講師をされている方や独立開業・起業される方は本当に幅広いのが特徴的になります。

 

また、県立病院・市立病院・国立病院等が配属先になる公務員としての道もあります。確かに抜群の雇用安定感によって抜群に人気がありますので、倍率・競争率は高いのが現実ですが、少ない採用募集枠を勝ち取ることができれば民間とは違った業務内容を体験することができるケースもあります。出先機関で勤務することが多くなるかと思いますが、本庁勤務で事務仕事をされている方もいるみたいですね。

平均年収・給料・待遇

 

年収350万円~380万円程度

 

給料面は業界全体でそれほど高くはなく、平均的なサラリーマンよりやや低い水準にあります。高収入を目指すのであれば正社員やアルバイト等で雇用されるのであれば個人事業主や独立開業をするのが理想的です。普通に働く場合ですと年収400万円、年収500万円くらいまでは射程圏内ですが、年収600万円、年収700万円以上になるとハードルが高くなります。

 

精神保健福祉士予備校おすすめランキング

 

 

 

精神保健福祉士予備校比較記事一覧