公務員ゼミナールの評判

公務員ゼミナールの評判&口コミ2ch

公務員ゼミナールは佐賀校、山口校、下関校、久留米校(福岡)、佐世保校(長崎)、諫早校など九州地方を中心に拠店を構えている公務員専門の学校になります。現役合格を目指す高校生のための塾も開講されているなど常に注目の的になっている存在であることは間違えないでしょう。

 

このページでは公務員ゼミナールの評判&口コミ評価、2ch(2ちゃんねる)噂などを徹底的に分析すると共に選ばれる理由や魅力を分析リサーチしていきたいと考えています。学費・料金・費用・入学金に関する詳細内容については公式サイト等を参照して頂ければと思います。

 

校舎情報について

 

佐賀校

 

所在地:佐賀県佐賀市唐人2丁目5-8

 

受付時間:月~金9:00~17:30、土曜日9:00~17:00

 

関連ページ:佐賀県の公務員試験予備校一覧

 

筆記試験対策に強いのは当然の話ではありますが、何より凄いのは本番と同じような雰囲気・緊張感で面接対策や論文対策ができる点になります。勉強に専念することができる環境作りを徹底していますので、短期間で合格を目指したい方についても向いていると思います。サポート体制については公務員試験の勉強だけではなく将来及び私生活における悩みや相談を話すこともできます。公務員ゼミナール佐賀校の評判・口コミが注目されている理由は過去の最終合格先にあると思います。

 

例えば佐賀県職員は上級、中級、初級共に多数の合格者を輩出しています。さらに佐賀市役所、唐津市・・・など他の多数に及びますのでノウハウは十分に持っていると推測することができます。個別相談会、夏期講習会、オープンキャンパスなどイベント情報もありますので、見逃せません!

 

なお、公務員ゼミナール佐賀校の開講講座については下記の通りになります。

 

上級(大卒程度)対策コース

 

  1. 秋・冬入学公務員特別科
  2. 春入学公務員速成科
  3. 随時入学ロングランコースA・B
  4. 春・夏入学直前対策コース

 

入学する時期や自分の求める内容に応じて複数のコースから選ぶことができるのは非常に魅力的であると思います。例えば秋・冬入学公務員特別科においては国家公務員試験に強い総合パーフェクトコースや地方上級に強い教養パーフェクトコース、さらには警察官・消防士を目指せるコースなど多彩になります。学習カリキュラムにおいても行政法、憲法、民放など専門試験対策を徹底することができますし、インプットだけではなく問題演習などのアウトプットも欠かさないのが特徴的になります。

 

夜間コースなど社会人向けの講座もありますので、詳しい内容は公式サイトを参照してみてくださいませ。

 

初級(高卒程度)対策コース

 

  1. 公務員本科
  2. 公務員ビジネス科
  3. 公務員塾with

 

山口校

 

所在地:山口県山口市緑町5-11

 

受付時間:月~金9:30~18:00、土9:30~13:30

 

関連ページ:山口県の公務員試験予備校一覧

 

下関校

 

所在地:山口県下関市竹崎町4-4-1 下関商業開発ビル2F

 

受付時間:月~金 9:30~18:00、土9:30~13:30

 

久留米校

 

所在地:福岡県久留米市東町39-13 山水楼ビル5F

 

受付時間:月~金9:30~18:00、土9:30~17:30

 

関連ページ:福岡県の公務員試験予備校一覧

 

佐世保校

 

所在地:長崎県佐世保市三浦町1-13

 

受付時間:月~金9:00~17:30、土9:00~17:00

 

関連ページ:長崎県の公務員試験予備校一覧

 

諫早校

 

所在地:長崎県諫早市永昌東町2-17 諫早メディカルビル5F

 

受付時間:月~金9:00~17:30、土9:00~13:00

 

公務員塾withって何?教えて!

 

ザックリ言えば現役高校生で公務員試験合格を狙う方向けの塾になります。

 

H17~H25年において1,608名が1次試験合格となっていますので、その凄みが人数で理解することができると思います。何となく部活動が忙しい高校2年生、3年生の場合ですと現役で就職することを諦めてしまう傾向があるのですが、本気で対策をすれば実は十分に合格を狙うことができます。

 

  • クラス担任制
  • 夏の猛特訓
  • 室の高い2次試験対策
  • モチベーション維持

 

専門学校タイプにおいてもサポート体制は評価されているケースが多いのですが、こちらもクラス担任制になりますので、受験の併願に関する悩み、面接カード等のフォロー対応が非常に充実しています。また、高卒程度の地方初級・国家一般職・警察官などは9月、10月に集中しますので、夏にどれだけ頑張ることができるか?が合否を分けることになります。公務員ゼミナールでは夏期講習で徹底的にラストスパートをかけることができます。

 

さらに1次試験の教養試験対策につい目が行ってしまうのですが、実は内定を勝ち取るには面接対策、集団討論、作文、論文などの準備が非常に重要になります。実際に筆記は通るけど、毎回人物試験で落とされている受験生も少なくはないと言われています。