不動産鑑定士の夜間学校一覧

夜間の不動産鑑定士予備校・専門学校一覧

社会人はキャリアアップ・転職、将来的な独立開業を目指し、学生にとっても不動産業界への就職を優位に進めることができるのが、不動産鑑定士の資格となります。そこで試験合格を目指すため、専門の受験学校で学習を検討している方のなかには、夜の時間帯に通学できる学校に関心を高めているビジネスマン、OL、学生もいるのではないでしょうか。

 

何かと日中は忙しいという受験生にとって夜間講座は、仕事や学校の帰りに無理なく受講することができ、集中して勉強できるメリットがあります。ここでは不動産鑑定士の合格実績のある資格予備校に注目!特徴を紹介していますので、今後の試験対策の参考比較としてご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了となる場合もありますので、公式HPまたはパンフレット等で確認して下さいね!

 

 

教室講座

 

LECの不動産鑑定士生講義は水道橋本校のみで、スケジュールを見る限り夜間の時間帯には行われていません。主に午前、午後の時間帯に分けて講義が行われているようです。

 

提携校Webクラス

 

  • 本校と変わらない学習効果を発揮
  • 期間内であれば何度でも視聴可能
  • 学習進捗管理や質問制度といったフォローシステムの利用

 

全国各地にあるLEC提携校でも不動産鑑定士講座を開講しており、通学の特徴は校舎内のブースで自分の都合に合わせて予約、視聴するスタイルとなります。主に21:00まで営業していますので、仕事や学校帰りに立ち寄り学習を進めていくことができます。

 

また本校でも同様にブースでWEB受講できますので、LECは夜間受講が可能な不動産鑑定士受験学校としてピックアップしておきたい資格予備校となります。

 

 

教室講座

 

  • 渋谷校、八重洲校、梅田校 ※講座により実施校が異なります。
  • 夜間クラス時間:17:30~20:00または19:00~21:30、18:30~21:30 ※校舎、講座により異なります。

 

日程表に従った通学スタイルは学習のペースがつかみやすく、疑問点は直接講師へ即質問、即解決で学習時間の節約になるメリットがあります。そこでTACの不動産鑑定士ライブ講義は、一部のみ教室で実施しており、夜間クラスも設置していますので通学が難しい受験生も会社帰りに立ち寄り受講することができます。

 

個別DVD講座

 

  • 開講地区:札幌校、仙台校、水道橋校、新宿校、池袋校、渋谷校、八重洲校、立川校、町田校、横浜校、大宮校、津田沼校、名古屋校、京都校、梅田校、なんば校、神戸校、広島校、福岡校
  •  

  • 視聴時間帯:(1)9:30~12:30 (2)12:30~15:30 (3)15:30~18:30 (4)18:30~21:30※※日曜日は(4)の時間帯はありません

 

合格までのスケジュールは自分で調整し、個別DVD学習のメリットを最大に活かすことができます。そこで全国主要都市に本校があるTACで受講することができ、平日は夜間の時間帯も開講していますので、通勤通学帰りに立ち寄り、学習を進めていくことができます。

 

TACは教室講座で欠席した際も、他の曜日はもちろん他校舎への振替受講も可能!また個別DVD講座においても好きな校舎で受講でき、平日は職場近くの校舎で仕事帰りに学習、休日は自宅近くの校舎で試験勉強でき、ニーズに合わせて自由自在に通学することができます。

 

そこで夜の時間帯に集中して勉強したい方は注目!TACは毎年、多くの不動産鑑定士合格者を輩出している実績、信頼の高い資格予備校となります。

 

通信講座なら夜、深夜受講が可能!

 

不動産鑑定士通学講座を開講している学校は少なく、TAC、LECが代表的な資格予備校となります。そしてどちらも通信Web、DVD講座を用意していますので、通学が難しい方も同様のカリキュラム、教材で試験対策することができます。

 

通信講座は24時間自由な時間帯に学習できるメリットがあり、早朝、午前、午後、夜間に試験対策が可能です。近くに通学できる学校がない受験生や、時間が不規則な社会人の方は、TACまたはLECの不動産鑑定士通信講座も視野に検討してみてはいかがでしょうか。