予備試験予備校比較

予備試験予備校比較ランキング

このページでは予備試験予備校おすすめランキングをメインで紹介しています。但し、まず最初に基礎情報を紹介してからの発表になりますので、既に理解がある方については飛ばして頂ければと思います。予備試験対策を予備校・専門学校・通信講座で検討されている方はきっと参考になりますので、ぜひ役立てて頂ければと思います。なお掲載しているスクール塾は評判&口コミ評価に優れている講師による講義を受けることができる優良サービスになります。

 

予備試験(よびしけん)とは?試験概要を徹底検証!

 

司法試験予備試験とは簡単に言えば法科大学院に入学しないで司法試験の受験資格を得るための国家試験です。まだ新しい制度の1つで2011年からスタートと歴史は浅い。これに合格すればOKという話ではなく、あくまで司法試験を受ける権利を獲得するための判定試験になります。合格後が本当の意味でのスタートと言っても過言ではないでしょう。

 

実施日程

 

※平成29年実施予定。内容が古い可能性がありますので、必ず公式サイトでご確認くださいませ。

 

短答式試験:5月21日・・・合格発表6月15日

 

論文式試験:7月16日、7月17日・・・合格発表10月12日

 

口述試験:10月28日、10月29日・・・最終合格発表11月9日

 

曜日については日曜日、土曜日、祝日のいずれかで実施されているのが基本になります。一般的な資格試験との違いは試験種目ごとに日程が定められていることです。それも2~3ヶ月程度の空き期間がありますので、集中を切らさないように勉強をするのが予備試験対策のポイントになると言えるでしょう。論文式試験は丁度夏場になりますので、水分補給や体調管理をシッカリ整えて本番に臨みたいところではありますね。体験談・口コミ感想を見ると「暑くて体力的に疲れた~」という意見も結構ありますね。予備試験予備校2ch(2ちゃんねる)噂などを見るといろいろ掲載されているのではないでしょうか。

 

予定試験実施地

 

※平成29年版

 

短答式試験:札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪府、広島市、福岡市

 

論文式試験:札幌市、東京都、大阪市、福岡市

 

口述試験:東京都

 

毎年の受験先を見ても大体主要エリアで実施されています。地方にお住まいの場合だと宿泊ホテルを予約をするなど事前準備が必要になるケースも。

 

予備試験の試験科目

 

  1. 短答式筆記試験
  2. 論文式筆記試験
  3. 口述試験

 

短答式の科目では憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法、一般教養科目(人文科学、社会科学、自然科学、英語)で構成されています。

 

論文式の科目は憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法、一般教養科目(人文科学、社会科学、自然科学)、法律実務基礎科目(民事実務、刑事実務、法曹倫理)で構成されています。

 

口述試験は法律実務基礎科目になります。

 

上記の全てを合格圏内に達するために予備試験対策をすることになります。そのために重要になるのはスケジュール管理と長期間勉強のモチベーションになると思います。できれば優秀な講師陣によるサポートを受けたいところではありますね。

 

過去の合格率推移

 

平成23年(2011年):1.79%
平成24年(2012年):3.05%
平成25年(2013年):3.8%
平成26年(2014年):3.44%
平成27年(2015年):3.81%
平成28年(2016年):3.90%

 

上記を見れば一目瞭然ようにめちゃくちゃ低い合格率になっています。狭き門であるということはシッカリと認識しておきたいところではありますね。

 

予備試験初年度こそ1%台だったものの、その後は3%台前半~後半で推移されています。

 

予備試験予備校おすすめランキング

 

 

申込はe受付がおすすめ!

 

超有名カリスマ講師による講義やサポートを受けることができる名門スクール塾です。予備試験予備校を札幌、仙台、大宮、津田沼、水道橋、新宿、渋谷、池袋、八重洲、立川、町田、横浜、京都、名古屋、梅田、難波、神戸、広島、福岡などで検討されている方におすすめです。全国各地に通学向けの校舎がありますので、利便性には非常に優れているのが選ばれる理由の1つになっています。

 

また、忘れてはいけないのが予備試験通信講座・通信教育おすすめの1社であるということです。通信おすすめランキングにおいても上位の実力を誇りますので、自分のライフスタイルに合わせて学習メディアを選択すると良いでしょう。ちなみに教室講座、個別DVD講座、WEB通信講座、DVD通信講座など様々なサービスを提供されています。

 

学習カリキュラムは概ね基礎力養成(インプット)と実践力養成(アウトプット)で構成されています。短答式、論文式共に過去問分析力に優れているのが特徴的で高い精度の予備試験対策講座を実現されています。各種模試試験も実施されていますので、強味や弱みを確認して総仕上げすることも可能です。

 

 

予備試験塾として人気を誇るサービスの1つになります。通学であれば渋谷、高田馬場、御茶ノ水、立川市など東京都内を中心に横浜市、名古屋市、京都、大阪梅田に校舎を構えていますので、検討対象に加えておいてはいかがでしょうか?また、予備試験通信講座もありますので、WEBで選ぶ場合においても比較対象に加えておきたいところではありますね。

 

伊藤塾を選ぶメリットとして挙げられるのは主に講師陣のレベルの高さです。高度な知識・理解力を身に付けなければ合格することはできないので、自分の努力以外においても講師の指導力は重要になります。

 

 

オンライン型の学習メディアを提供しているサービスです。予備試験予備校学費・受講料を安い・格安に抑えたい方におすすめです。この値段・価格でこのクオリティはスゴイ!!と思わず叫びたくなる人も今後出てくるのではないか?と推測しています。コストパフォーマンスを大切にしている方は間違えなく予備試験専門学校比較の対象に加えておくべきです。

 

 

通信教育専門のスクールです。こちらも学費・料金を大幅に抑えて対策することができるので金額がネックになって予備校や専門学校を利用できない人におすすめです。

 

 

法律系の名門になります。富山などニッチなエリアにも校舎がありますので、通学講座で検討されている方は必見です!

予備試験予備校比較記事一覧

登竜門である予備試験ルートで夢を叶えたい方におすすめの対策講座を紹介するページです。Wセミナー予備試験の評判&口コミ評価に関心を持っている受験者は結構多いと思いますので、料金・学費は他社と比べて高いのか?安いのか?さらには講師陣のレベルは本当に優れているのか?合格実績・合格率はどうなのか?など細部まで迫っていきたいと思いますので、既にTAC予備試験対策講座の2ch(2ちゃんねる)噂を分析された方に...

中卒で弁護士になりたい!一念発起して法曹業界のトップクラスと言われている国家資格を目指す人もいると思います。とは言っても今から高校や大学に行っていたら、何年後になるんだろう・・・と考えている人に朗報です。実は予備試験という制度があって、それに合格すれば学歴関係なく挑戦資格を得ることができるのです。さて、今回紹介するのは伊藤塾予備試験の評判&口コミ評価に関するテーマになります。既に2ch(2ちゃんね...