土地家屋調査士予備校比較

土地家屋調査士予備校比較ランキング

土地及び家屋に関する調査・測量実施のプロフェッショナルになります。職業人口が少ないので周囲で土地家屋調査士として働いている方は少ないかもしれませんが、社会的なニーズのある国家資格として不動産業に勤務する人に大変メリットがあります。図面の作成や不動産表示の登記申請手続きなど派手な仕事内容ではなく、地味に着実にこなすイメージが強いです。マジメで細かい確認作業をすることができる性格の方にピッタリだと思います。逆にダイナミックな仕事をしたいのであれば独立開業として専門的なキャリアを積むのではなく、企業内での活躍を目指すといいでしょう。

 

さて、土地家屋調査士予備校比較ランキングを徹底検証するページになります。専門学校・スクール塾を通学講座で探している方はもちろん、WEB(インターネット)やDVDなど土地家屋調査士通信講座おすすめを知りたい方についてもきっと参考になると思います。

 

なお、掲載している学校は評判&口コミ評価に優れている優良サービスになりますので、安心して申込をすることができるはずです。なお、土地家屋調査士予備校を札幌市、仙台市、埼玉、千葉、大宮(埼玉)、水道橋、立川市、中野、池袋、新宿、町田市、新橋、渋谷駅、神奈川(横浜市)、群馬県(高崎市)、新潟、富山、静岡、名古屋市、岡山、広島、山口、高松、松山、福岡、長崎、熊本、鹿児島、沖縄県(那覇市)で探している方は特に必見です。

 

土地家屋調査士通学おすすめランキング

 

 

合格実績豊富の名門

 

  • 抜群の人気を誇る
  • 通信講座にも強い
  • 合格実績・合格率に期待
  • 土地家屋調査士試験対策の王道

 

TAC(Wセミナー)、資格の大原、たのまな(ヒューマンアカデミー)、資格スクール大栄、アビバなど業界の大御所たちが対応していないので、ハッキリ言って一人勝ち状態です。調べてみるとフォーサイトやエル・エーなど不動産系の資格取得対策に力を入れている中小規模のスクール予備校においても取り扱いがありません。

 

東京法経学院がスゴイと言われているのは圧倒的な実績です。土地家屋調査士試験対策講座を選ぶ上で一番重要になる部分ですね。

 

実は平成27年度土地家屋調査士試験合格者403名中183名を輩出している一流の指導力を誇ります。輩出者の内訳については2015年答練講座受講生145+基礎講座受講生38名となっていて、数ある予備校・専門学校の中でもトップクラスの結果を残していることは間違えないでしょう。その合格者輩出率は脅威の45.5%です。校舎は東京校、名古屋校、大阪校、福岡校と主要エリアに構えていて、当然通信講座・通信教育にも対応されていますので、自宅近くに学校が無い人でも安心して受講することができます。

 

 

79,000円(税込)の圧倒的な低価格

 

土地家屋調査士予備校の学費・料金を安い・格安で選ぶのであれば間違えなくユーキャンは候補の1社として比較対象に加えておくべきでしょう。魅力的なのは単純に価格・値段の受講料が魅力的なだけではなく、質に優れているという点になります。テキスト教材も充実していますので、毎年の法改正や試験の最新情報のお知らせにも力を入れていますし、通信講座で不安なサポート体制も添削がありますので、安心感がありますね。

 

金銭的な事情で独学を余技なくされている方でもこれなら無理なく、支払うことができそうですね。興味があるのであればまずは気軽に資料請求で詳細を把握するのもアリですね。

 

 

業界大手で講師レベルが高い

 

指導力が評価されているLEC東京リーガルマインドは資格対策業界屈指の実績と規模を誇る有名スクールであることは間違えないですね。

 

その上で指導者である講師も実力派が揃っていると言われていますので、勉強効率アップを狙うことができます。また、他の土地家屋調査士予備校と比較してもコース種類が豊富である点についても抑えておきたいですね。主に初心者向けコースと学習経験者向けコースに分かれているのが特徴的で初心者向けの場合ですと基礎からシッカリと土台を作るイメージですので、初めての方でも着実に知識を身に着けることができるはずです。

 

逆に学習経験者向けコースの場合ですとリスタート講座、計算特訓講座、スタンダード講座、最終チェックテスト、スーパー特訓講座、申請書マスター講座、直前ファイナル答練など復習やアウトプットが中心の学習カリキュラム内容になっています。どちらにせよ効率性アップをさせる武器になるはずですので、申し込みをする価値は十分にあると思います。

 

試験概要・日程について

 

*平成28年度実施要項の内容を掲載しています。

 

受験資格:年齢、性別、学歴等は関係なく、基本的に誰でも受験可能です。

 

受験手数料:8,300円(収入印紙で納付)

 

筆記試験実施期日:8月中旬~上旬頃

 

筆記試験内容:民法に関する知識、登記の申請手続及び審査請求の手続きに関する知識、土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能(ア平面測量、イ作図)、その他

 

口述試験実施期日:11月中旬頃

 

最終合格発表:12月上旬頃

 

予備校などに通っている方であれば日程に関するミスはしにくいのですが、独学者の場合ですと願書申請や試験実施日などを間違えないように最新情報をシッカリと抑えることが大切です。インターネットサイトで掲載されている内容や口コミ・評判ではなく、公式サイトで必ず確認するようにしてくださいませ。

土地家屋調査士予備校比較記事一覧

毎年の受験者数・合格者数が少ないので取扱のある予備校・専門学校は少ないのが現状になります。不動産関連の調査や測量、さらには書類手続きの代理業務など縁の下の力持ち的な仕事が多いのですが、やりがいを感じている人は結構多いみたいですね。派手さはないのですが、社会的なニーズのある職業ですので、成功者になれば良い暮らしができるかも!?さて、今回紹介するのは東京法経学院土地家屋調査士の評判&口コミ評価に関する...