消防士予備校比較

消防士予備校・専門学校比較ランキング

男性の憧れの職業の1つとして挙げられている消防官はモテる職業と言われています。日々訓練を積み、肉体的にも精神的にも鍛えている彼等を魅力的に感じる女性はかなり多いのではないでしょうか?それは日本だけではなく海外でも”英雄”扱いを受けていて、地域によっては町のトップエリートでなければ就職できないケースもあるみたいですね。試験においては大卒程度、短大卒程度、高卒程度の3つの学歴区分で実施されています。なお、消防士においても行政区分、建築区分、電気区分、化学区分など事務系や技術系の採用を実施されているケースもあります。

 

なお、基本的には市町村区の採用試験を受験することで消防士としてのキャリアを切りひらくことができます。傾向としては政令都市や中核市クラスになると安定して毎年のように複数名の募集を実施されいるのですが、小規模の市町村レベルになると数年に1回程度の実施や募集があっても予定人数が若干名と記載されているケースが多いのが特徴的になります。待遇条件や将来性を考慮するのであれば政令都市の消防官がおすすめですね。

 

さて、そんなファイヤーマンである消防士の予備校・専門学校比較ランキングを発表しているのが当ページの目的になります。消防士通信講座・通信教育おすすめ特集についても準備をしていますので、通学でいける場所に校舎が無い場合においても参考にして頂ければと思っています。もちろん、紹介しているスクール塾においては対策講座において評判&口コミ評価に優れていますので、筆記の教養試験、論文試験、作文試験対策だけではなく2次試験の面接対策も充実されていますので、十分に最終合格を狙えるカリキュラム構成になっています。まず最初に基本事項をまとめてみましたので、職業の概要について掴めていない方は上から順にご覧頂くことを推奨します。

 

仕事内容・業務内容ってどうなの?

 

何となく火事や地震などの災害の時に出動して救出や消火などをするイメージを持っている方が大半だと思いますが、消防官の具体的な仕事内容・役割まで把握している方は少ないと思います。ココではポイント①に進む前に簡単に説明していきたいと思います。

 

  • 消防隊
  • 救急隊
  • 特別救助隊
  • 水上消防業務
  • 航空隊
  • 火災予防業務
  • 火災原因調査
  • 指令管制業務
  • 消防音楽隊

 

上記が主な役割分類で救助、救急、消化、防止・予防、調査などが業務内容になります。なお、本庁の組織としては総務部(総務部/人事課/施設課/消防学校)、警防部(警防課/救急課/指令課/航空課)、予防部(予防課/指導課)に分かれ、出先機関としては各種消防署というラインナップになります。消防車と救急車を地域で頻繁に見かけると思いますが、実は出動している職員は両方とも消防官になります。救命業務と救出業務の仕事もありますので、様々な知識や経験を身に着けないと一人前にはなれないですね。

 

なお、公安系と言えば体を鍛えていざという時に備えておくというイメージがありますが、実はデスクワークも結構あります。特に管理職クラスになると基本的は現場に出ないので机に座って決済やパソコン作業が日常になります。

 

消防士の年収・給料

 

平均年収680万円~732万円(推定)

 

全体的に行政、建築、電気、化学などのデスクーワーク系の区分で採用されるよりも現場で出動する公安系の消防士の方が諸手当の関係で給与水準が高い傾向があります。場合によっては40代前半でも年収1000万円の大台を突破することも珍しくはないと言われています。もちろん、基本給(俸給)だけでは難しく、出動回数の多い忙しい地域でこそ諸手当がたくさんつきますので、年収においても跳ね上がりやすいと言われています。

 

実際に一般的な事務系に比べると消防官の給料は政令都市・中核市・一般市と勤める自治体の規模によって大きく変動しやすいと言われています。政令都市では平均年収で800万円を超えているのに一般市だと500万円台ということもあります。

 

給料モデル(政令都市・大卒出世コース)

 

23歳(消防学校):年収220万円

 

25歳(消防士):年収400万円

 

30歳(消防副士長):年収550万円

 

35歳(消防士長):年収780万円

 

40歳(消防司令補):年収900万円

 

45歳(消防司令):年収1050万円

 

50歳(消防司令長):年収1200万円

 

55歳(消防監):年収1240万円

 

58歳(消防正監):年収1400万円

 

60歳(消防司監):年収1600万円

 

相当稀ではありますが、上記のような出世コースを歩むことができれば順調に給与を伸ばすことができます。最終的な階級によって退職金にも影響しますので、努力をして昇進するのは老後を考えた時に重要になります。但し現実的に考えるとノンキャリアの場合ですと消防司令長、消防監クラスの階級が限界レベルになりますね。それより上の出世を目指すのであれば総務省の官僚としてキャリアを積むのが一般的になります。

 

出世・昇任・階級制度

 

消防士(係員)→消防副士長(副主任)→消防士長(主任)→消防司令補(係長)→消防司令(副課長)→消防司令長(課長)→消防監(消防署長)→消防正監(中核市レベルの消防長)→消防司監(政令都市クラスの消防長)→消防総監(東京消防庁の消防長)

 

高卒、短大卒、大卒の学歴によって多少昇任試験の受験資格を得ることができる期間が異なりますので、注意が必要になります。出世スピード・有利性については基本的に高卒採用でも大卒採用でも一緒と言われていますが、実際に中級幹部・上級幹部まで昇進できているのは大卒組の方が多いと言われていますので、野心があるのであれば大学を出てから受験をするのも1つの手です。

 

 

10段階中・・・1.8

 

自治体の規模によっても難易度が異なりますが、概ね平均的なレベルで考えると上記の通りになります。政令都市の場合ですと競争率が高い傾向がありますので、10段階中で2.5以上になるケースもありますので、十分に対策することが重要になります。何となく、倍率や受験者のレベルを考えると簡単・狙い目などと思ってしまう方もいると思いますが、消防官予備校・専門学校を利用して毎日勉強に励んでいる方は意外と多いので独学で短期で合格を狙うとすれば相当の勉強時間が必要になることは覚悟しておきたいところではありますね。

 

また、筆記である教養試験においては学習のセンスがあれば独学で十分に突破を狙うことができるのですが、曲者と言われているのが論文試験、作文試験、面接試験対策になります。100%正解という答えがありませんので、それに近づけるように本番までに準備することが大切になります。しかし、過去の合格データやノウハウを持っていないと何をどのように対策すればいいのか?苦戦する方が続出されているみたいです。消防士通信講座・通信教育でもいいので面接対策を筆頭とした2次試験対策においては予備校の力を借りたいところではありますね。

 

ちなみに体力検査においては自分で黙々とトレーニングを重ねることで合格することは可能になりますので、種目だけ抑えれば特別な指導を受ける必要性はあまりないと思いますので、独自で体力試験に向けて励むといいでしょう。

 

消防士の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

高卒程度~大卒程度消防士採用試験対策のテキスト教材は多数ありますので、好みの参考書を妥協無で選ぶといいでしょう。

 

教養試験では理系科目の比率が多いなどちょっとした特徴のある出題科目になりますので、その辺りをシッカリと分析できている書籍が理想的ですね。

 

消防士の予備校おすすめランキング

 

消防官予備校・通信講座の人気特集になります。試験対策講座でおすすめできるスクール塾はココだ!教養試験も面接試験対策も充実していますので、安心して最終合格を狙えるはずです!まずは気軽に無料資料請求をしてみてくださいませ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防士予備校比較記事一覧

消防士の難易度ランキング~倍率・競争率・合格率まとめ今回は政令都市の大卒程度(Ⅰ類・上級)、短大卒程度(Ⅱ類・中級)、高卒程度(Ⅲ類・初級)消防士採用試験の難易度ランキングをまとめました。別途、東京消防庁の難易度についても徹底検証していますので、チェックしてみてくださいませ。全20の自治体の消防士(消防官)採用試験の倍率・競争率・合格率をまとめて掲載していますので、消防士の難易度をチェックしたい方...

消防士(消防官)の年齢制限一覧表消防士の受験資格で最も関心が高いと言われている年齢制限をまとめているページになります。大卒程度(Ⅰ類)、短大卒程度(Ⅱ類)、高卒程度(Ⅲ類)によって年齢の上限及び下限は異なりますので、それぞれ確認する必要があります。なお、今回は採用人数が多いと言われている大卒・高卒消防士(消防官)の年齢上限一覧表を作成してみました。掲載の注意点①掲載内容が一部古い可能性があります。...

消防士(消防官)の初任給ランキング政令都市消防士&東京消防庁の初任給ランキングをまとめているページです。手取り額や1年目のボーナスについても徹底解説しています。掲載の注意点①大卒程度・高卒程度の新卒をベースに掲載しています。②各自治体の採用ページで掲載している「初任給」になります。基本的に地域手当が含まれた金額になっていますが、詳細については公式サイトをご覧くださいませ。③最新情報の提供に努めてい...

消防士(消防官)の身長制限・体重制限一覧今回は消防士の身長制限・体重制限一覧表を作成してみました。ちなみに基本的に大卒程度、短大卒程度、高卒程度で体格基準の違いはありませんので、学歴区分については特に気にする必要はないでしょう。掲載の注意点①東京消防庁・政令都市・中核市消防士の身長基準・体重基準を掲載しています。②「-」は調査した結果不明だった場合に掲載しています。③”おおむね”と掲載されている場...

消防士(消防官)の視力検査・聴力検査基準一覧政令都市消防士&東京消防庁の視力検査・聴力検査基準についてまとめているページです。掲載の注意点①内容が一部古い可能性があります。最新情報は各自治体の採用案内でご覧くださいませ。②「-」は調べた結果不明だった場合に掲載しています。視力検査聴力検査札幌市--仙台市--東京消防庁矯正視力を含み両眼で0.7以上かつ一眼でそれぞれ0.3以上正常であること千葉市矯正...

消防士(消防官)の階級・役職一覧表東京消防庁、政令都市、中核市・一般市に分けて消防士の階級制度と役職を一覧表にまとめて掲載しているページになります。東京消防庁政令都市中核市・一般市消防庁消防庁長官---消防庁長官消防総監消防長--次長・審議官・部長消防司監本庁部長(主要)消防長-課長消防正監本庁部長・消防学校長局長・部長消防長(中核市等の規模)室長消防監本庁課長・署長・消防学校副校長部長・署長消防...

消防士(消防官)の平均年収ってどのくらい?自治体規模別の平均年収について東京消防庁政令都市中核市一般市町・村役場平均年収780万円720万円680万円620万円580万円上記は概ねの平均年収になります。消防士の年収・給料は全国で一律ではなく、各自治体の給与規定によって異なるのが特徴的になります。必ずしもではないのですが、基本的に財政規模の大きな自治体は給料・諸手当に恵まれてますので、平均年収が高く...