FP予備校比較

FP予備校比較ランキング

ライフスタイルの向上を目指すファイナンシャル・プランナーの需要な高齢化社会の日本において需要が拡大傾向にあります。

 

主に「暮らすとお金」をテーマにしている資格で、その領域については基本的なライフプランニングを筆頭に金融、証券、保険、住宅ローン、年金、不動産など多岐に渡ります。また、レベルに応じてFP1級、FP2級、FP3級と段階が分かれているのが特徴的ではありますね。一般的に就職や転職試験でPRすることができると言われているのが2級以上になりますので、最初はそこを目標地点として勉強するのも1つの手であると言えるのではないでしょうか。その他、アドバイザー・提案能力の証明になるAFP、世界24ヵ国で絶大な信頼を得ているCFPなどステップアップとして様々な挑戦を目指すことができます。

 

さて、今回紹介するのはFP予備校・専門学校比較ランキングの徹底検証になります。評判&口コミ評価に優れているスクール塾に厳選して紹介していますので、安心して選択することができるはずです。なお、FP通信講座おすすめ特集も掲載していますので、WEBや音声DL(ダウンロード)、DVDなどの学習メディアを希望されている方についてもチェックしておいてくださいませ。

 

FP予備校おすすめランキング

 

まずは気軽に資料請求をして情報収集してくださいませ。

 

 

対応試験:FP3級、FP2級、AFP

 

短期講座もありますので、試験合格までにあまり期間を使わないで一発勝負したい方におすすめです。年金、株式・債権、相続、税金、保険など1人一人のライフプランを充実させるための知識をバランスよく学習することができるのがポイントになります。インプットでシッカリと基礎知識を身に着けるだけではなく、練習問題・演習問題などでシッカリと解答するアウトプット力を養うことができるのは最大のメリットであると言えるのではないでしょうか?社会人のFP学校評判&口コミ評価でも注目されていますので、仕事と両立させたい方にもおすすめです。

 

 

申込はe受付けがおすすめ!

 

対応試験:FP3級、FP2級、FP1級、CFP、AFP認定研修(技能士課程)

 

全てのファイナンシャル・プランナー試験対策講座があります。上級クラスで就活においても評価を受けやすいFP1級予備校は数少ないので必ず視野に入れておきたいところではありますね。学習メディアは通学なら教室講座と個別DVD、通信講座であればWEB(インターネット)とDVDタイプがありますので、自分の求めるライフスタイルに応じて選択することができます。学習の期間目安としては3級は2~3ヶ月程度、2級は4~5ヶ月程度となります。FP通信講座おすすめランキングにおいても注目されています。

 

ちなみに通学で検討されている方は東京都都内を中心に千葉、横浜、埼玉、札幌、仙台、神戸、名古屋、大阪、福岡、広島など全国各地に校舎がありますので、利便性には優れています。自宅から通える距離にFP専門学校がないか?調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

対応試験:FP3級、FP2級

 

過去3年間で5000人以上の合格者を輩出している大手FP通信教育になります。(平成26年度試験は1,733名合格)

 

最大の特徴はハイクオリティと言われているテキスト・参考書等の教材になります。初心者向けで構成されているタイプでグラフや図表を積極的に使っていることで”見やすくなっている”のがポイントになります。また、単なる暗記ではなく、考えさせることで確かな理解を身に着けさせる工夫をされている点についても評価することができます。

 

ファイナンシャル・プランナー試験対策の通信講座と言えばサポート体制が手薄になっているイメージがありますが、気軽に質問することができますし、添削サービスも充実しているので初めて受験する方でも安心して合格水準に達することが可能です。法改正対策にも力を入れていますので、最新版で学習を進めたい方にもおすすめです。

 

 

対応試験:3級、2級、AFP

 

日本FP協会認定講座になりますので、信頼性が優れています。特に「提案書作成」の講義がボリュームがあり、充実してるのが選ばれる理由の1つになっています。通学教室タイプになりますので、北海道、宮城、福島、岩手、宇都宮、浜松市、名古屋市、岐阜、三重、福井、新潟などニッチなエリアでスクール塾を探している方なども覚えておきたい存在になります。

 

 

対応試験:3級、2級

 

主要コースは33,800~

 

安い・格安費用でFP通信講座比較をするのであれば欠かせないのがKIYOラーニングの存在です。これまでの予備校・専門学校の常識を覆すような低料金を実現されている通信スクールになります。主流になるのは音声DL(ダウンロード)とWEB(インターネット)で「いつでも」、「どこでも」勉強することができることをモチーフにしているのが特徴的になります。スマホやタブレット端末の利用も可能ですので、忙しい社会人や独学者などに推奨したいですね。

 

 

対応試験:3級、2級、AFP

 

FP2級の予備校比較ランキングで注目されているケースが多いのがポイントになります。

 

  • 平均2倍の合格率
  • 抜群のサポート体制
  • 質の高いWEB講座
  • テキスト+過去問がハイレベル

 

上記が評判&口コミ評価の理由になっています。中でも合格率が全国平均の2倍を超えるというのは相当凄いことですので、実績面においても申し分ないと言えるでしょう。コースは2級FPになりますが、3級FP講座も利用することができます。詳しい内容は公式サイトで!

 

 

 

 

 

資格の大原

 

LEC

 

試験概要・日程について

 

*過去の実施情報を掲載しています。最新情報は公式ホームページを参照してくださいませ。

 

3級FP技能検定・2級FP技能検定

 

*平成28年度実施

 

  1. 申請
  2. 受験票発送
  3. 試験本番
  4. 結果発表

 

概ね5月、9月、1月の年間3度試験は実施されていますので、それだけに目標を定めやすいのが特徴的になります。受験する日程に合わせて合格レベルに達するように勉強できます。

 

受験申請期間:5月日程→3月10日~3月31日、9月日程→7月5日~7月26日、1月日程→11月7日~11月28日

 

受験票発送日:5月日程→5月2日、9月日程→8月25日、1月日程→1月5日

 

試験本番:5月日程→5月22日、9月日程→9月11日、1月日程→1月22日

 

合格結果発表:5月日程→6月29日、9月日程→10月24日、1月日程→3月1日

 

3級FP試験科目・内容

 

 

学科試験(筆記・マークシート形式):ライフプランニングと資金計画/リスク管理/金融資産運用/タックスプランニング/不動産/相続・事業継承

 

*問題数60問、制限時間120分、合格基準36点以上

 

実技試験(筆記・マークシート形式):資産設計提案業務(①関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、②ファイナンシャル・プランニングのプロセス、③顧客のファイナンス状況の分析と評価)

 

*問題数20問、制限時間60分、合格基準60点以上

 

2級FP試験科目・内容

 

学科試験(筆記・マークシート形式):ライフプランニングと資金計画/リスク管理/金融資産運用/タックスプランニング/不動産/相続・事業継承

 

*問題数60問、制限時間120分、合格基準36点以上

 

実技試験(記述式):3級FP試験の3科目に加えて「プランの検討・作成と提示」が追加されています。

 

*問題数40問、制限時間90分、合格基準60点以上

 

1級FP技能検定実技試験

 

*平成28年度実施

 

受験申請期間:7月14日~8月4日
受験票発送日:8月26日
試験本番:9月11日
合格結果発表:11月9日

 

試験科目(実技):①関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、②顧客データの収集と目標の明確化、③顧客のファイナンス状況の分析と評価、④プランの検討・作成と提示

 

試験詳細:出題形式は記述式筆記試験、問題数2題(20問)、制限時間120分、合格基準60点以上

 

難易度・必要な勉強時間

 

偏差値レベル判定

 

1級(CFP):Cランク(偏差値52)、合格まで半年~1年程度(400時間~500時間)

 

2級(AFP):Eランク(偏差値35)、合格まで3ヶ月(60時間~100時間)

 

3級:Fランク(偏差値30)、合格まで2週間~1ヶ月(30時間~50時間)

 

全体的にFPの難易度は低いので独学で3級~1級まで合格を目指すことも十分に可能であると言えるでしょう。もちろん、少しでも学習の効率性を高めようとするのであればファイナンシャル・プランナー試験対策講座のある予備校を利用するのが王道ではありますが、3級レベル程度であれば参考書・テキストを市販で購入してすぐにでも勉強をスタートするのも1つの手ではありますね。

 

1級になると難易度が一気に上昇するように思えますが、3級、2級の勉強をシッカリしているいれば基本が既に作られているはずですので、短期間で合格するのもそれほど難しくはありません。社会人の場合でも仕事と両立して資格取得しやすいタイプですね。最近では幼い子供のいる主婦にも人気があります。

 

平均年収・給料

 

年収400万円(推測)

 

FPとして独立開業・起業をすればトップクラスで年収1000~1500万円程度が相場年収であると言われています。

 

サラリーマンの場合ですと仕事内容と関連性があって資格手当で2000円~3000円程度支給されれば良い方だと思います。この資格で一気に高収入を得ることができる訳ではなく、学んだ知識をどのように活かすことができるか?が非常に重要になります。会社員の場合でも知識を活かして事業開拓に成功して出世・昇進することで年収100万円以上アップすることも可能でしょう。最終的には”あなた次第”と言えるのではないでしょうか。

FP予備校比較記事一覧

人間が生きる上で重要な知識を凝縮して学ぶことができることから近年において人気を集めているのがファイナンシャル・プランナー試験ですね。就活目的に資格取得をするのではなく、専業主婦で家庭を守るために勉強されている例もあるなど多様化しているのがポイントになります。さて、このページで取り上げるのは資格スクール大栄FP講座の評判&口コミ評価に関するテーマになります。大栄はFP2級、FP3級の人気のある試験区...

個人資産の運用や生活設計のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーは人生における様々なシーンで役立つ知識を提供してくれます。職業としてお金に関するコンサルティングをされている方だけではなく、一般の人にとっても必要な知識を学ぶことができる資格試験になりますので、興味がある方は視野に入れておきたいですね。アビバのFP講座口コミ&評判を徹底解説するページになります。様々なスクールがある中で何が...

日本屈指の資格予備校として人気を集めているTACはFP3級・2級・1級、さらにはCFP対策、AFP認定研修、ファイナンシャル・プランナー実務講座など全てを網羅しているタイプになります。国内においてこれほどまで充実しているケースは珍しく、大手の貫禄を見せつけていますね。TAC、FP(ファイナンシャルプランナー)講座の評判&口コミ評価を分析しているコーナーになります。TACでは主に3つの対象者に分かれ...

通信講座の中では有名なスクールの1つであるクレアールは効率的に資格試験合格を目指す方から高い支持を得ています。「非常識合格法」では合格に必要な得点を取ることに焦点を充てて、徹底的に無駄を省いた学習をすることができます。また、マルチデバイス対応ですので、WEBで知識を深めるスタイルを選択することにとってもマッチングするサービスであると思います。さて、今回紹介するのはクレアールFP(ファイナンシャル・...

FP(ファイナンシャルプランナー)試験対策の予備校って学習期間がそれほど長い訳ではないので、お手頃な価格のケースが多いのが特徴的になります。確かにFP3級・FP2級程度であればアルバイトでも一括払いできるような学費・料金設定になっているのがほとんどですね。その中でも特に安いと言われているのがKIYOラーニングの通勤講座FPです。今回は評判&口コミ評価を徹底検証すると共に何がスゴイのか?選ばれる理由...