助産師の予備校比較

助産師の予備校比較ランキング

妊婦さんにとって頼りになる存在が助産師ですね。クライアントの対象や業務内容の関係から女性に限定した数少ない職種であると言われています。妊娠・出産・産褥の監督的な立場になりますので、新しい生命に携わることができるやりがいのある仕事になります。赤ちゃんが好きな人にとっては天職になるのではないでしょうか?

 

当サイトでは助産師予備校・専門学校比較ランキング及び通信講座・通信教育おすすめ特集を掲載していますので、国家試験対策を検討されている方や就職先において助産師公務員試験対策を視野に入れているのであれば必見です。また、高校生や社会人向けに資格取得を将来的に目指すことができる大学・専門学校等の進学情報サイトも掲載していますので、興味がある方はチェックしておいてくださいませ。なお、後ほどのランキングコーナーにおいては助産師予備校を札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、金沢市、京都、大阪、難波、岡山、福岡、鹿児島、神戸市、横浜市、千葉、埼玉、広島でお探しの方におすすめのスクールも用意しています!

 

まずは基礎知識から紹介していきたいと思います。

 

助産師になるには

 

資格取得をするためのルートは複数種類あります。

 

主な流れ・手順

 

  1. 看護学校(大学・専門学校・短大)
  2. 看護師国家試験
  3. 助産師養成学校(1年)
  4. 助産師国家試験合格
  5. 助産師としてのキャリアスタート

 

助産師は看護師資格取得後のステップアップ職になります。ですので、簡単に言えば助産師は必ず看護師資格を持っているのです。ポイントとなるのは助産師コースのある学校へ進学・入学することです。

 

就職先について

 

助産師国家試験対策講座の予備校で勉強をして見事合格した方はそこからが本当のスタートになります。

 

人に決められた職場に就職をするよりも自分が働きたい場所を見つけることが大切になります。

 

まず最初に大きくかけて2つの道があります。

 

  1. 地方公務員・国家公務員の助産師職
  2. 民間の病院等医療機関

 

まず最初に「民間」と「公務員」の2つのキャリアで悩まさることになるでしょう。実力や努力を評価してもらいやすい民間と給料や雇用が安定している公務員どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分なりに考えて選ぶといいでしょう。また、一般的に公務員においても県立病院、私立病院、国立病院など勤務するのは医療機関が中心になります。傾向としては結構規模な大きな施設に配属されるケースが多いですね。民間の場合でも総合病院など医療設備の充実している就職先もありますが、街の小さな産婦人科クリニックなどの選択肢もあります。なお、助産師公務員予備校も紹介していますので、教養試験・論文・面接対策を検討されている方は必見です。

 

年収・給料・待遇条件について

 

概ね平均年収500~600万円程度と言われています。

 

OLの平均的な給与と比べると倍近くありますので、待遇面においては1人立ちできる稼ぎが欲しい女性にとってはメリットがあると言えるでしょう。また、独立開業・起業にはあまり向かない職種になりますので、大金持ちになるケースはあまり考えにくいのが特徴的になります。実際に助産師で年収700万円、年収800万円を超えている人は割合的に極少数です。年収1000万円になるとほとんどいないですね。

 

助産師国家試験の概要

 

試験実施:2月中旬

 

合格発表:3月下旬

 

試験地:北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

 

試験科目:基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健及び助産管理

 

最新情報は公式サイトを参照してくださいませ。

 

【最新版】助産師予備校おすすめランキング

 

 

全国各地に拠点を構える大手

 

対応試験

 

①助産師学校受験対策
②助産師国家試験対策
③助産師公務員試験対策

 

特徴分析レポート

 

  • 夜間・土日祝に対応
  • 通学・通信共にハイレベル
  • 講師陣にレベルが高い
  • 助産師国家試験直前対策
  • 助産師公務員試験受験者におすすめ

 

公務員試験予備校としても高い評価を受けているので、県庁・政令都市・市役所の地方上級を受験する方も知っておくべきですね。

 

通学だけではなく、助産師通信講座・通信教育もありますので、そちらも必見です。

 

 

これから助産師コースのある学校へ入学して資格取得を目指す方に人気のある学校紹介サイトです。