大栄、管理業務主任者の評判

大栄、管理業務主任者の評判&口コミ評価

マンション管理業を行っているそれぞれの事務所には、国土交通省が指定する人数の管理業務主任者の配置が義務づけられており、不動産仲介業(マンション)になくてはならない存在としています。そして就転職やキャリアアップに有利として、不動産業界に従事している方など資格取得を目指す方もいることでしょう。

 

そこで合格率は2割程度としており、短期学習で試験突破を狙う受験生のなかには、資格スクール大栄の管理業務主任者講座に関心を高めている方もいるのではないでしょうか。ここでは口コミ&評判、体験談を交え特徴や魅力をまとめていますので、学校選びの参考比較としてご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了となる場合もありますので、公式HPまたはパンフレット等で確認して下さいね!

 

大栄≪管理業務主任者≫の受講メリットを検証

 

理想的なカリキュラムで短期合格

 

授業で合格に必要な基礎力を養成⇒テストで自分の実力を確認⇒理解不足の場合はテキストに戻って完全マスター

 

試験傾向を徹底して分析し、初めて法律にふれる方にもやさしく確実にマスターできる学習方式とカリキュラムを用意!最短距離で合格まで導いてくれます。インプット、アウトプットの繰り返しが短期間に合格レベルの実力を身につける秘訣とし、大栄管理業務主任者講座は、本科講座(インプット)と答案練習講座(アウトプット)を効率的に組み合わせて、理想的なカリキュラムを編成しています。

 

分かりやすい教材

 

使用する教材はオリジナル教材を使用。図解入りのわかりやすいテキストは受講生に評判があります。さらに、本試験が掲載された「既出問題集」も合格への知識固めとして含まれ、過去問に始まり、過去問に終わる。」これが大栄が考える合格の鉄則としています。

 

受験ノウハウのある講師

 

弁護士や一定の実務家の講師ではなく、管理業務主任者試験専任講師を採用!試験を研究し尽くした講師が担当することがベストだという考えです。

 

忙しい受験生も無理なく学習できるスタイル

 

オンデマンド講座

 

  • Link Academy Online受講生専用の学習システムを利用
  • 講義の再生、受講の進捗、受講履歴の確認、質問の送信、回答の確認、お知らせの確認

 

自分の都合に合わせた日時に予約し、通学受講する学習スタイルとなります。映像講座用に収録した単元ごとのデジタルコンテンツを見ながら学習、ライブ講義と同様の臨場感を味わうことができます。そして主にフリー受講の教室が大半を占めているので、定期的な授業への出席が難しい方、自分のペースで学習したい方、また超短期での資格取得を目指す方などにおススメです。

 

スケジュール管理がしやすいライブ講座

 

  • 決まった曜日・時間帯に定期的に通学する学習スタイル
  • 独特の緊張感が学習効率を高める
  • 受講生同士の交流や、情報交換ができる

 

スケジュールにしたがって、定期的に通うことで学習するリズムや習慣が身につくメリットがあるライブ講義は、実施校は定かでありませんので、パンフレット、直接、校舎に確認する必要があります。

 

管理業務主任者講座の詳細

 

管理業務主任者(本科+答練)全44回

 

本科講座

 

  • 回数:30回
  • 学習期間:4ヵ月~
  • 管理業務主任者、マンション管理士共通講座

 

管理業務主任者試験合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図る講座です。法律関係を中心に、管理業務主任者試験に必要な法令の知識や実務的な内容を学習します。ベテラン講師のわかりやすい授業で、受験に必要な基礎力をしっかり身につけることができ、広範な試験科目の内容を、ポイントを絞り込んでやさしく解説。ムリなくムダなく、体系的に理解することができます。

 

答練講座

 

  • 回数:14回
  • 学習期間:1ヵ月~
  • 答案練習講座(8回)、直前模擬試験(2回)

 

本試験問題の分析による予想問題を解くことで、合格のための実践力を養成する講座となります。そして各科目の要点をしっかり押さえることが重要と考え、段階的に合格に必要な知識を習得していくというコンセプトの下に講座を構成、知識の習得と知識の整理をすることができます。

 

そして答案練習講座は制限時間内に解きながら、受験生の弱点を発見、克服するとともに合格を確実にする受験テクニックを身につけることができます。また直前模擬試験は、本試験と同じレベルの試験内容で、時間配分は適当か、漏れている知識はないかなど、合格のための最終チェックを行うことができます。

 

統一模擬試験

 

本試験の力だめしとして11月に実施!この時点で合格ラインに達していない科目については、本試験までに完全克服をめざします。

 

直前コース
宅建受験者がマンション管理士、管理業務主任者同時に合格を狙うことができ、宅建と管理業務主任者は、学習する法令がかなり重なります。宅建で学習する「民法」「都市計画法」は、あえて管理業務主任者試験対策として学習する必要はなく、宅建試験終了後、管理業務主任者試験までの間で効率的な講義を行うことができます。

 

大栄管理業務主任者の体験談、感想に注目!

 

平日受講しても日曜日の授業に参加できるので、復習にもなり、かなり実力がつきました。授業では、先生が教科書に線を引くように指示してくれたので、大事な箇所がわかり助かりました。また、先生は質問に対して親切に答えてくれたので、接しやすかったです。

先生の面倒見が良く、授業がおもしろかったですね。それに、平日に受講できなかった時など日曜日の授業に出席したり、他校でも受講可能な点がお気に入りです。

自分のペースで勉強ができ通学も駅前で便利でしたし、学費も安くて助かりました。オンデマンドシステムは講義が何度も聴けるので良かったです(苦手な民法はこれでマスターできました)。法律系の科目が中心で勉強は楽しいものでした。自然と生きる知恵が身につくという感じがします。

 

上記は不動産関係の資格合格者の体験談で、そこから見える大栄の管理業務主任者評判は、講師、講義は口コミ定評があり、受講スタイルにおいても好評としています。忙しい受験生も仕事と両立して勉強することができ、短期合格できるカリキュラムは、初学者でも分かりやすく学習できるようになっているようです。

 

 

資格スクール大栄