鹿児島公務員専修学校の評判&口コミ

鹿児島公務員専修学校の評判&口コミ評価

鹿児島県で確実に公務員合格したい高校生、浪人生、大学生の方は注目です。ここでは実績、伝統のある鹿児島公務員専修学校について、口コミ体験談等を交え、特徴や魅力を紹介!学校選びの比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

※こちらで紹介している情報は、今後変更、既に終了している場合もありますので、公式HPで確認することをおススメします。

 

鹿児島公務員専修学校の特徴

 

基本詳細

 

所在地 鹿児島県鹿児島市田上1丁目12番2号
アクセス

・JR鹿児島中央駅下車 徒歩15~20分
・バス田上バス停下車 徒歩3分

授業時間 平日9:00~15:50(曜日・時期により異なります)

土曜・日曜・祝日は休校日

ポイント 鹿児島県知事認可校

 

 

学校法人永吉学園が運営する鹿児島公務員専修学校は、過去27年間のノウハウで、 高い公務員試験合格率を生み出している学校です。「合格主義第一」を掲げ、徹底して学生全員の合格を目指し、スタッフ一丸となって試験対策に取り組んでいます。

 

また、学園創立以来の豊富な英語教育と人格教育のノウハウを生かし、国際感覚を身につけた新しいタイプの公務員を輩出しているのが特徴です。そして、鹿児島公務員専修学校は、県知事認可校であり、年間授業数が決められている二年制の学校で男女共学となっています。

 

2年課程を卒業した者は 公務員採用時に短大卒と同等の資格条件で扱われる(初任給等)という、高卒生にとっては給与と昇給の面で大きなメリットがあります。

 

H30年度一次試験合格者59名

国家公務員14名、地方公務員(県・政令都市10名、市役所・町村役場20名)、警察官9名、消防官5名、その他(団体等)1名

 

鹿児島公務員専修学校は、裁判所事務や海上保安、国立大学法人、国家公務員(税務・事務)のほかに、鹿児島県庁(初級・中級・上級)、姶良市・伊佐市・出水市・いちき串木野市・指宿市鹿屋市・霧島市・薩摩川内市・曽於市・西之表市・日置市・南九州市・南さつま市・加治木町・肝付町・錦江町・瀬戸内町・湧水町・喜界町など地元市町村役場へ就職内定している学生が多くいます。

 

また鹿児島県警や各都道府県警察官、消防官なども毎年、合格者を輩出しています。

 

公務員受験科(昼間)募集要項・学費

 

修業期間:2年
定員:60名 ※入学定員(30名)

 

用途 合計
学費 ・入学金150,000円

・授業料(1年分)680,000円
・施設設備費20,000円

850,000円
その他諸経費 年間教材費・諸経費等 90,000円

※但し、2年目は授業料のみとなります。

 

・学費に関しては通常通りだと思う。奨学金についても受けることができるため、やむを得ないときは奨学金を利用するのもよいと思う。

 

・私立だから学費は高いですね。特待生で免除されている方もいるようですよ(ウチの従兄がそうでした)。頑張って学費も皆さん稼いで下さい。

 

鹿児島公務員専修学校口コミ評価

 

成績の貼り出しは、モチベーションがあがりとても良かった。また学生は卒業後、公務員になる人が多く、信頼、安心できる学校。そして、アクセスは駅から離れており、学校の寮か自転車やバスで通う必要があるもの、バス停は学校から近いからまだ良い。

国家公務員を目指す方にピッタリの学校だと思います。この学校のカリキュラムに沿って勉強すればかならず公務員合格が見えてきます。そして先生達のサポートも心強いものがありました。

この学校のカリキュラムは、公務員試験のための筆記や面接の授業、試験がしっかりとしています。しかし取れる資格については特になかったです。

 

鹿児島公務員専修学校評判は、カリキュラム、授業は好評価を得ており、合格率、就職率も良く、卒業生のほとんどが公務員として働くことができるようです。そのため鹿児島で公務員合格ができる専門学校として高く評価されています。また、外装は古いもの、校舎内はキレイで設備も整っていると感じている方は多いようです。

 

そして、残念な点といえば、駅から遠いためアクセスが不便ということがあげられますが、それ以外は国家公務員、地方公務員、公安系公務員を目指すにには最適な環境であると見解できます。