公務員試験の髪型(男女別)を教えて!

公務員試験の髪型(男女別)・カラーを教えて!

女性・男性別に公務員試験を受験する時のベストな髪型・ヘアスタイルについて検証しているページです。

 

2次試験の面接試験向けにノウハウを伝授していますが、1次試験から見られていると思って気を引き締めることも大切です。基本的に最初から髪型や色(カラー)について気を付けておきたいところです。

 

男性編

 

メンズの場合ですとそれほど髪型の種類は無いと思われていますが、実際にプロの美容師に聞いてみると様々なヘアスタイルがあります。簡単にまずは種類をまとめてみましたので、ご覧くださいませ。

 

  • ウルフカット
  • ボブ
  • 丸坊主
  • スポーツ刈り
  • ソフトモヒカン
  • アシンメトリー
  • パンチパーマ
  • ツーブロック
  • コーンロウ
  • ブレイズ

 

暴走族から公務員に就職する方の中にはパンチパーマの方もいると思います。しかし、気合を見せるためにそのまま行くのは得策ではありません。なぜなら人事を担当する公務員は非行行為とはかけ離れたマジメな性格をしている方が多いので、不良・ヤンキーには抵抗があります。あまり、威圧的な髪型で面接試験に行くと怖がってしまいますので、避けるのが無難です。

 

一般的に民間企業でも共通して言えることは面接官に「一緒に働きたい!」と思わせることです。今にも暴力を振るいそうな凶暴な外見の方が選ばれにくいと思われますので、大変注意が必要です。男性で普段から「イカツイ」、「怖い」と言われているのであれば髪型を変更して「さわやか系」を目指すのも1つの手です。

 

また、高校生の現役受験生には少ないのですが、大学生などでは茶髪・金髪など黒髪ではなくカラーをされている方も結構いると思います。確かに色を染めていることは落とされる理由にはなりませんが、人事担当者も個人的な感情に流されてしまうこともあるでしょう。色で考えるとブラックが無難です。

 

男性髪型編をまとめると・・・

 

髪色は黒、髪型は清潔感があって、さわやか系が王道です。

 

髪の長さはロングより短髪の方が無難です。但し、スキンヘッドや剃り込みを入れるなど相手の威嚇するヘアスタイルは避けましょう。

 

女性編

 

流行に敏感の方の中には芸能人のヘアスタイルをマネする人も多いです。80年代であれば聖子ちゃんカット、90年代であればアムラー(安室奈美恵)などがブームになりましたね。レディースの髪型種類についてザックリまとめましたので、ご覧くださいませ。

 

  • ベリーショート
  • セミショート
  • ミディアム
  • セミロング
  • ショートボブ
  • マッシュ
  • フェザーボブ
  • セミロング
  • ミセス

 

最近では女性清廉性を巡って就職試験において民法テレビ局にて裁判になった事例もあります。その清廉性が現れると言われているの髪型になります。女性の場合ですと多少であればカラーが入っていても多めに見られるケースが多いので、あえて黒染めスプレーを使用する必要はないかもしれないです。但し、不安であれば黒髪に一時的に戻すのが無難であると言えるでしょう。

 

ただ、問題になるのが現役のキャバクラ嬢・ホステスで公務員試験を受験するケースです。仕事と就職活動を両立させている夜のお仕事の女性にとって悩みが髪型になります。地味にすると仕事に影響が出るし、派手なモリモリの髪型で面接を受ければ悪い印象を与えてしまうかもしれない・・・かなり難しい瀬戸際ですが、最終的な決め手になるのは優先順位はどっちか?という点です。公務員になりたい!という思いが強ければ、どちらにせよ副業することはできないので引退することになるでしょう。本気であればそもそもでキャバ嬢を退職届けを提出して、受験対策に集中しましょう。

 

女性髪型編をまとめると・・・

 

髪色は多少茶髪くらいであれば問題ないですが、派手なカラーにならないように。

 

髪型はおでこを見せるのがテクニックで、センターパーツ、ポンパドール、オールバックなどがおすすめです。ショートカットの方であれば特に問題はないのですが、ロングの女性は髪を縛るなど清楚力を意識するように心がけましょう。