【2020年度】仙台市役所のボーダー(合格点)を予想!

【2020年度】仙台市役所のボーダー(合格点)を予想!

何でもそうですが試験対策する際は、合格に必要な点数を取るための実力をつける必要があります。そこで公務員である仙台市役所の採用試験のボーダーラインはどうなのか?気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、特に人気の事務職に注視し検証、まとめていますので参考としてみてはいかがでしょうか。

 

 

仙台市職員採用試験概要

 

実施期間 内容
第一次試験 6月中の日曜日 ・教養試験40問中33問必須7問選択(択一)、120分

・専門試験40問中30問必須10問選択(択一)、120分

第二次試験 7月上旬 集団面接・集団面接
第三次試験 7月下旬 ・小論文試験1,200字、120分

・口述試験個人面接

 

事務職一次試験の合格者

 

試験年度 採用予定者数 一次合格者上位
2018年度 85名 132名上位17%
2017年度 100名 140名上位18%
2016年度 100名 140名上位18%

 

仙台市職員採用の合格点とは?

 

仙台市の筆記試験は教養試験は知識試験と知能試験とに分かれ、専門試験の択一試験がメインとなります。ここ数年間の統計によると、仙台市役所の一次試験(筆記試験)で上位16~18%位で足切りされ、試験の採点が良くても安心できません。

 

また、最近の公務員試験傾向は、面接試験、2次試験重視の自治体が多いですが、仙台市については、1,5~2倍でどちらかといえば1次重視の採用試験となります。上位16%以上に入らなければ2次の面接試験に到達することができず、もちろん最終合格を果たすこともできません。

 

そこで、一般的に公務員筆記試験は、6割以上、7割で確実合格と言われていますが、仙台市役所の場合は、7,5割がボーダーラインと考え筆記試験対策する必要があるようです。

 

 

仙台市役所対策に強い公務員予備校一覧