地方中級の予備校比較

地方中級の予備校比較ランキング

短大卒程度・2類・Ⅱ種などと表記されることもある地方公務員試験中級対策に関するページになります。教養試験、論文試験、面接対策に困っている方などは必見であると言えるのではないでしょうか?ニーズとして求められているのは中堅幹部候補になります。丁度、間に挟まれている感じで微妙な立ち位置であると表現されている方もいますが、調整役・中間管理職を目指している方にとっては理想的な仕事内容・業務内容に充ることができるチャンスでもあります。

 

また、全体的な試験の特徴としては採用予定者数が少なく、全体的に競争率が高い傾向があります。稀に理系(技術職)の公務員試験も実施されていますが、その場合においても1~2種類程度で求人募集においても若干名と掲載されているのが一般的になります。

 

さて、地方中級の予備校・専門学校比較ランキングを紹介するページになります。短大卒程度になりますので、公務員専門学校2年制学科の方についても受験対象とされていますので、意外と難しい試験になっています。なお、通学で通える範囲内にスクール塾が無い方向けに地方中級の通信講座・通信教育おすすめ特集を企画していますので、良かったら参考にして頂ければと思います。

 

地方中級の予備校おすすめランキング

 

作文試験や面接対策にも強い東京アカデミー、資格スクール大栄などがラインナップに入っています。人気のある地方中級公務員予備校・通信講座ランキングで徹底比較しましょう!

 

まずは気軽に下記の学校へ無料資料請求をしてみてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

地方中級の年収・給料

 

平均年収650~675万円

 

まあ、一般的な公務員の平均レベルの給与水準になっています。それほど高くもないし、低くもないイメージですね。中小規模の民間企業と比べると拡大に年収は高いと言えますし、東証一部上場企業で考えても同等程度になります。家賃補助である住宅手当、扶養手当、通勤手当など各種諸手当についても充実していますので、地方中級は給料以上に抜群の安定感を誇ります。

 

給料モデル(専門卒・短大卒)

 

*出世コース

 

新卒採用:年収200万円

 

25歳(主事):年収320万円

 

30歳(主事):年収400万円

 

35歳(主任主事):年収550万円

 

40歳(副主査):年収620万円

 

45歳(主査):年収700万円

 

50歳(副主幹):年収750万円

 

55歳(主幹):年収800万円

 

60歳(課長):年収920万円

 

上記は順調に出世・昇任を重ねた例になりますので、現実的に考えると給与水準はもう少し低くなるでしょう。地方中級の場合ですと副主幹~主幹クラスの段階で退職する方が多いので、課長クラスまで登りつめるのは結構難しい話です。もちろん、自治体によって出世における学歴の重要度は異なりますので、例外はありますが。

 

地方中級の難易度・倍率について

 

10段階中・・・

 

受験者レベルはそれほど高くはないのですが、競争率は非常に高いことでお馴染みです。

 

例その①~一般行政

 

1次試験受験者数:477名

 

最終合格者数:41名

 

合格倍率:11.6倍

 

ハッキリ言って10倍以上の競争率になるのは地方公務員中級区分においては決して珍しいことではありません。15倍~20倍以上になることもあります。その中でも特に人気があると言われているのが一般行政・事務職区分になりますので、教養試験対策をシッカリとしなければまず二次試験まで辿りつくことさえできないでしょう。地方中級予備校・通信講座のノウハウをシッカリと借りたいところではありますね。当サイトでは評判&口コミ2ch(2ちゃんねる)で評価に優れているスクール塾・専門学校の紹介をしていますので、興味がある方はページ最後のランキングコーナーをご覧くださいませ。

 

例その②~学校事務

 

1次試験受験者数:85名

 

最終合格者数:7名

 

最終倍率:12.1倍

 

こちらは採用予定者枠が少なく、シンプルに需要と供給のバランスが偏っていることで高い倍率になっています。全体的に言えるのはそれほど難易度事態は高くはありませんので、シッカリと準備をすれば十分に突破できる可能性はあるはずです。

 

地方中級の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

全体的に言えるのは短大卒程度の公務員試験対応のテキスト教材は非常に少ないので、その厳選された中から決める必要があります。独学で合格を狙う場合において参考書・過去問が勝敗を分ける材料になる可能性もありますので、妥協はしないで徹底的に理想を追求したいところではありますね。