警察官の難易度ランキング

警察官の難易度ランキング~倍率・競争率・合格率まとめ

警察官採用試験は国内では47全ての都道府県別で実施されています。※状況によっては採用を停止する自治体が出る可能性もあります。

 

住んでいる自治体を受験しなければいけないルールはありませんので、自分の働きたい自治体を選んで試験に臨むことができます。

 

正直言って、筆記試験(教養試験・作文)、人物試験(面接試験)、体力試験に自信が無いので、警察官採用試験の中で難易度の低いところを受験したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

 

今回は大卒程度、高卒程度の警察官難易度を徹底検証すると伴に比較的「合格しやすい、簡単な試験」を探してみることにしました。

 

また、逆に難易度の高い警察官採用試験に合格された方にとってもどの程度のレベルだったのか?気になるところではありますので、その辺りについても解説していきたいと思います。

 

 

難易度算定基準のルールについて

 

①平成28年度実施試験(一部平成27年度実施試験)。なお、一部例外はありますが、基本的に大卒程度は第1回A区分、高卒程度は第2回B区分を掲載しています。
②各自治体で受験者数の一番多い「大卒程度」及び「高卒程度」の倍率・競争率を掲載。
③最終倍率の()は最終合格者数
④難易度ランクはA判定倍率10倍以上、B判定7倍以上~10倍未満、C判定5倍以上~7倍未満、D判定3倍以上~5倍未満、E判定3倍未満になります。

 

【大卒程度】警察官採用試験難易度ランキング

 

 

最終倍率

難易度ランク

北海道

男性:5.9倍(206名)

女性:7.0倍(56名)

男性:C

女性:B

青森県

男性:4.8倍(63名)

女性:8.4倍(8名)

男性:D

女性:B

秋田県

男性:6.4倍(26名)

女性:4.7倍(6名)

男性:C

女性:D

山形県

男性:6.6倍(50名)

女性:9.0倍(11名)

男性:C

女性:B

岩手県

男性:4.2倍(46名)

女性:5.5倍(13名)

男性:D

女性:C

宮城県

男性:5.2倍(105名)

女性:6.9倍(21名)

男性:C

女性:C

福島県

男性:3.7倍(60名)

女性:2.9倍(18名)

男性:D

女性:E

警視庁(東京都)

※27年度実施

男性:5.7倍(1764名)

女性:8.4倍(309名)

男性:C

女性:B

神奈川県

男性:6.5倍(197名)

女性:7.0倍(47名)

男性:C

女性:B

埼玉県

男性:4.9倍(296名)

女性:5.1倍(83名)

男性:D

女性:C

千葉県

男性:2.9倍(408名)

女性:3.4倍(80名)

男性:E

女性:D

栃木県

男性:3.6倍(99名)

女性:4.5倍(24名)

男性:D

女性:D

茨城県

男性:5.1倍(96名)

女性:3.3倍(39名)

男性:C

女性:D

群馬県

男性:4.4倍(64名)

女性:4.1倍(16名)

男性:D

女性:D

新潟県

男性:4.1倍(82名)

女性:4.4倍(20名)

男性:D

女性:D

山梨県

男性:6.0倍(54名)

女性:16.3倍(6名)

男性:C

女性:A

長野県

男性:3.1倍(125名)

女性:8.0倍(19名)

男性:D

女性:B

石川県

※平成27年度実施

男性:4.3倍(61名)

女性:3.3倍(14名)

男性:D

女性:D

富山県

男性:3.4倍(13名)

女性:5.8倍(8名)

男性:D

女性:C

福井県

男性:2.2倍(90名)

女性:2.4倍(12名)

男性:E

女性:E

愛知県

男性:4.3倍(293名)

女性:6.3倍(57名)

男性:D

女性:C

岐阜県

男性:4.3倍(70名)

女性:6.9倍(15名)

男性:D

女性:C

静岡県

男性:4.0倍(103名)

女性:6.1倍(20名)

男性:D

女性:C

三重県

男性:4.5倍(42名)

女性:5.9倍(8名)

男性:D

女性:C

大阪府

男性:5.8倍(653名)

女性:8.2倍(89名)

男性:C

女性:B

兵庫県

男性:4.3倍(203名)

女性:5.3倍(35名)

男性:D

女性:C

京都府

男性:4.1倍(120名)

女性:10.0倍(16名)

男性:D

女性:A

滋賀県

男性:5.0倍(73名)

女性:7.7倍(11名)

男性:C

女性:B

奈良県

男性:4.8倍(58名)

女性:5.1倍(9名)

男性:D

女性:C

和歌山県

男性:5.5倍(13名)

女性:-倍(0名)

男性:C

女性:-

岡山県

男性:3.5倍(75名)

女性:7.2倍(10名)

男性:D

女性:B

広島県

男性:6.4倍(101名)

女性:10.9倍(21名)

男性:C

女性:A

鳥取県

男性:5.7倍(15名)

女性:2.3倍(6名)

男性:C

女性:E

島根県

男性:3.2倍(46名)

女性:5.5倍(6名)

男性:D

女性:C

山口県

男性:5.4倍(47名)

女性:7.6倍(12名)

男性:C

女性:B

香川県

男性:5.7倍(43名)

女性:6.9倍(8名)

男性:C

女性:C

徳島県

男性:2.3倍(58名)

女性:1.8倍(25名)

男性:E

女性:E

愛媛県

男性:2.6倍(83名)

女性:1.8倍(24名)

男性:E

女性:E

高知県

男性:3.5倍(38名)

女性:3.4倍(10名)

男性:D

女性:D

福岡県

男性:8.5倍(145名)

女性:11.0倍(32名)

男性:B

女性:A

佐賀県

男性:4.9倍(37名)

女性:4.2倍(10名)

男性:D

女性:D

長崎県

男性:4.7倍(49名)

女性:9.2倍(6名)

男性:D

女性:B

熊本県

男性:6.3倍(77名)

女性:8.3倍(16名)

男性:C

女性:B

大分県

男性:5.4倍(57名)

女性:8.4倍(8名)

男性:C

女性:B

宮崎県

男性:3.2倍(50名)

女性:6.6倍(5名)

男性:D

女性:C

鹿児島県

男性:3.6倍(83名)

女性:3.6倍(18名)

男性:D

女性:D

沖縄県

男性:7.4倍(54名)

女性:7.8倍(8名)

男性:B

女性:B

 

【大卒警察官】難易度低いランキング~簡単・狙い目はココ!

 

男性部門~倍率・競争率下位ベスト5

 

福井県警察官採用試験

 

倍率2.2倍(Eランク)

 

徳島県警察官採用試験

 

倍率2.3倍(Eランク)

 

愛媛県警察官採用試験

 

倍率2.6倍(Eランク)

 

千葉県警察官採用試験

 

倍率2.9倍(Eランク)

 

長野県警察官採用試験

 

倍率3.1倍(Dランク)

 

女性部門~倍率・競争率下位ベスト5

 

徳島県警察官採用試験

 

倍率1.8倍(Eランク)

 

愛媛県警察官採用試験

 

倍率1.8倍(Eランク)

 

鳥取県警察官採用試験

 

倍率2.3倍(Eランク)

 

福井県警察官採用試験

 

倍率2.4倍(Eランク)

 

福島県警察官採用試験

 

倍率2・9倍(Eランク)

 

四国エリアが狙い目!

 

一般的に都市部の自治体の場合ですと競争率水準が安定して高いのが特徴的になります。

 

一方、地方エリアになると倍率の差が激しいのが特徴的になります。去年は簡単だったのに今年は難しいというケースもあります。
今回の調査で狙い目と言える自治体は男女共にEランク判定の徳島県、福井県、愛媛県の3つの自治体です。

 

中でも徳島県は男性部門2位、女性部門1位と数値から相当狙い目であることが分かります。通常の警察官採用試験の場合ですと100人に20人程度しか最終合格することができないのですが、徳島県であれば100人中約55名が大卒程度の女性区分であれば合格できる計算になります。ちなみに同等レベルの難易度の易しさを誇るのが愛媛県です。

 

なお、首都圏エリアで働きたい!と就職・転職をキッカケに地元から脱却することを希望されている人もいるでしょう。関東圏内で圧倒的におすすめなのは千葉県警察官採用試験です。今回のリサーチ結果では男性部門で第4位にランク入りしています。
女性についても倍率は3.4倍になりますので、数ある公務員試験の中でも決して難しい競争率ではないことが分かります。そして何より千葉県に注目して欲しいのは毎年の採用予定人数です。団塊世代の引退以降人手不足に悩まされている自治体の1つで積極的に採用されています。周囲の神奈川、警視庁に比べると合格しやすい傾向があるのは表を見れば一目瞭然のはずです。

 

【大卒警察官】難易度高いランキング~合格しにくい自治体はココ!

 

男性部門~倍率・競争率上位ベスト5

 

福岡県警察官採用試験

 

倍率8.5倍(Bランク)

 

沖縄県警察官採用試験

 

倍率7.4倍(Bランク)

 

山形県警察官採用試験

 

倍率6.6倍(Cランク)

 

神奈川県警察官採用試験

 

倍率6.5倍(Cランク)

 

広島県警察官採用試験

 

倍率6.4倍(Cランク)

 

女性部門~倍率・競争率上位ベスト5

 

山梨県警察官採用試験

 

倍率16.3倍(Aランク)

 

福岡県警察官採用試験

 

倍率11.0倍(Aランク)

 

広島県警察官採用試験

 

倍率10.9倍(Aランク)

 

京都府警察官採用試験

 

倍率10.0倍(Aランク)

 

長崎県警察官採用試験

 

倍率9.2倍(Bランク)

 

女性は激戦区多数!

 

男性部門上位はBランク、Cランクで構成されています。一般的に難易度が高いと言われているのがBランク以上ですので、競争率の高い男性警察官採用試験は少ないと言えます。

 

一方、女性部門上位はAランク4つ、Bランク1つで構成されています。倍率10倍を超える警察官採用試験があることは頭に入れておくべきでしょう。簡単に言えばAランク試験の場合ですと100名受験して最終合格できるのは10名未満になります。ライバルに差をつけるのは圧倒的な努力とある程度の運が必要になるそうです。

 

【高卒程度】警察官採用試験難易度ランキング

 

 

最終倍率

難易度ランク

北海道

男性:6.1倍(175名)

女性:5.1倍(64名)

男性:C

女性:C

青森県

男性:9.8倍(36名)

女性:6.8倍(14名)

男性:B

女性:C

秋田県

男性:7.0倍(29名)

女性:3.4倍(14名)

男性:B

女性:D

山形県

男性:6.3倍(37名)

女性:8.7倍(6名)

男性:C

女性:B

岩手県

男性:4.9倍(40名)

女性:4.1倍(8名)

男性:D

女性:D

宮城県

男性:4.7倍(60名)

女性:4.0倍(21名)

男性:D

女性:D

福島県

男性:3.9倍(53名)

女性:3.0倍(16名)

男性:D

女性:D

警視庁(東京都)

※平成27年度実施

男性:6.2倍(459名)

女性:7.0倍(128名)

男性:C

女性:B

神奈川県

男性:10.8倍(82名)

女性:6.2倍(34名)

男性:A

女性:C

埼玉県

男性:6.5倍(117名)

女性:9.4倍(16名)

男性:C

女性:B

千葉県

男性:2.9倍(230名)

女性:4.0倍(38名)

男性:E

女性:D

栃木県

男性:5.3倍(45名)

女性:5.8倍(13名)

男性:C

女性:C

茨城県

男性:13.9倍(11名)

女性:6.6倍(5名)

男性:A

女性:C

群馬県

男性:4.7倍(49名)

女性:8.8倍(8名)

男性:D

女性:B

新潟県

男性:4.0倍(60名)

女性:5.5倍(10名)

男性:D

女性:C

山梨県

男性:4.4倍(29名)

女性:8.0倍(6名)

男性:D

女性:B

長野県

男性:3.8倍(50名)

女性:5.7倍(12名)

男性:D

女性:C

石川県

男性:3.9倍(36名)

女性:3.9倍(8名)

男性:D

女性:D

富山県

男性:3.5倍(33名)

女性:9.0倍(5名)

男性:D

女性:B

福井県

男性:2.0倍(50名)

女性:3.0倍(13名)

男性:E

女性:D

愛知県

男性:3.7倍(163名)

女性:6.6倍(30名)

男性:D

女性:C

岐阜県

男性:3.7倍(55名)

女性:4.8倍(16名)

男性:D

女性:D

静岡県

男性:5.6倍(35名)

女性:4.6倍(8名)

男性:C

女性:D

三重県

男性:4.4倍(33名)

女性:7.0倍(7名)

男性:D

女性:B

大阪府

男性:4.1倍(280名)

女性:4.1倍(64名)

男性:D

女性:D

兵庫県

男性:4.3倍(121名)

女性:4.4倍(29名)

男性:D

女性:D

京都府

男性:15.2倍(29名)

女性:22.8倍(6名)

男性:A

女性:A

滋賀県

男性:4.2倍(22名)

女性:7.2倍(6名)

男性:D

女性:B

奈良県

男性:4.1倍(35名)

女性:6.2倍(5名)

男性:D

女性:C

和歌山県

男性:4.9倍(35名)

女性:5.2倍(11名)

男性:D

女性:C

岡山県

男性:3.7倍(50名)

女性:6.7倍(6名)

男性:D

女性:C

広島県

男性:7.7倍(39名)

女性:7.0倍(10名)

男性:B

女性:B

鳥取県

男性:3.2倍(28名)

女性:3.4倍(5名)

男性:D

女性:D

島根県

男性:5.7倍(15名)

女性:4.2倍(5名)

男性:C

女性:D

山口県

男性:3.7倍(51名)

女性:4.9倍(13名)

男性:D

女性:D

香川県

男性:8.0倍(27名)

女性:13.0倍(5名)

男性:B

女性:A

徳島県

男性:3.8倍(34名)

女性:3.6倍(6名)

男性:D

女性:D

愛媛県

男性:4.3倍(64名)

女性:7.3倍(8名)

男性:D

女性:B

高知県

男性:3.9倍(36名)

女性:4.6倍(8名)

男性:D

女性:D

福岡県

男性:9.4倍(103名)

女性:8.1倍(30名)

男性:B

女性:B

佐賀県

男性:5.9倍(39名)

女性:5.3倍(11名)

男性:C

女性:C

長崎県

男性:5.4倍(69名)

女性:6.7倍(11名)

男性:C

女性:C

熊本県

男性:8.6倍(51名)

女性:14.7倍(9名)

男性:B

女性:A

大分県

男性:5.2倍(33名)

女性:9.1倍(7名)

男性:C

女性:B

宮崎県

※平成27年度実施

男性:4.9倍(39名)

女性:8.0倍(5名)

男性:D

女性:B

鹿児島県

男性:4.1倍(53名)

女性:6.0倍(13名)

男性:D

女性:C

沖縄県

男性:13.2倍(54名)

女性:13.3倍(12名)

男性:A

女性:A

 

【高卒警察官】難易度低いランキング~簡単・狙い目はココ!

 

男性部門~倍率・競争率下位ベスト5

 

福井県警察官採用試験

 

倍率2.0倍(Eランク)

 

千葉県警察官採用試験

 

倍率2.9倍(Eランク)

 

鳥取県警察官採用試験

 

倍率3.2倍(Dランク)

 

富山県警察官採用試験

 

倍率3.5倍(Dランク)

 

愛知県警察官採用試験(他・・・岐阜、岡山、山口)

 

倍率3.7倍(Dランク)

 

女性部門~倍率・競争率下位ベスト5

 

福島県警察官採用試験

 

倍率3.0倍(Dランク)

 

福井県警察官採用試験

 

倍率3.0倍(Dランク)

 

鳥取県警察官採用試験

 

倍率3.4倍(Dランク)

 

秋田県警察官採用試験

 

倍率3.4倍(Dランク)

 

徳島県警察官採用試験

 

倍率3.6倍(Dランク)

 

筆記試験は倍率2倍以下も多数

 

一般的にⅢ類、B区分などと呼ばれている高卒警察官は数ある公務員試験の中でも特に教養試験及び作文・論文試験の難易度が低いと言われている就職試験です。高校2年生~3年生の段階で既に警察官になりたいと考えているのであれば大学に行かないで「高卒程度」を受験するのも1つの手です。大卒程度もそれほど難しい試験ではないのですが、出題範囲の内容や採用に求められるハードルは高くなります。

 

なお、今回のリサーチ結果で見えたのは合格を狙いやすいDランク難易度の自治体がゴロゴロあります。特に地元に拘りが無いのであれば近隣で競争率の低い自治体を受験するのもアリでしょう。但し、その場合は「なんで○○県じゃなくて、○○県を選んだの?」の質問に明確に応えることできる準備がポイントになります。地元以外だと合格しにくい都市伝説がありますが、明確に志望動機・志願理由を持つことができれば問題ありません。

 

【高卒警察官】難易度高いランキング~合格しにくい自治体はココ!

 

男性部門~倍率・競争率上位ベスト5

 

京都府警察官採用試験

 

倍率15.2倍(Aランク)

 

茨城県警察官採用試験

 

倍率13.9倍(Aランク)

 

沖縄県警察官採用試験

 

倍率13.2倍(Aランク)

 

神奈川県警察官採用試験

 

倍率10.8倍(Aランク)

 

青森県警察官採用試験

 

倍率9.8倍(Bランク)

 

女性部門~倍率・競争率上位ベスト5

 

京都府警察官採用試験

 

倍率22.8倍(Aランク)

 

熊本県警察官採用試験

 

倍率14.7倍(Aランク)

 

沖縄県警察官採用試験

 

倍率13.3倍(Aランク)

 

香川県警察官採用試験

 

倍率13.0倍(Aランク)

 

大分県警察官採用試験

 

倍率9.1倍(Bランク)

 

実力だけではダメ!?運も重要になる難関試験

 

上記に上げている自治体の中には倍率10倍を超える難関試験があります。当サイト基準で言えばAランクの部類に入ります。

 

このクラスの試験になると筆記試験の倍率が2~3倍、人物試験(面接試験)の倍率が3倍~4倍が相場になります。

 

高卒警察官採用試験では教養試験など筆記試験は「努力できる人材か?」を見極めるために実施されている一面が強く、所謂「足きり」と呼ばれています。正直言って「頭の良さ」などはあまり重要ではありません。「普通に勉強できればいいよ。その中の受験者から採用を選びます。」というスタンスです。

 

受験者を悩ませるのが面接試験です。いかに優秀な人材でも好みと違うと不合格になってしまう予測困難な試験種目であるのが特徴的になります。正直言って実力だけではなく、運も重要になりますので、合格率を上げたいのであれば近隣の倍率の低い自治体を受験するのも1つの手です。

 

なお、自治体別の傾向を見ると沖縄県は難易度が高いです。沖縄県は大学進学率が低く、安定志向の県民性を持ちます。

 

警察官も人気職業の1つになりますので、需要を供給が大きく上回る結果になっています。第一希望先であればそれなりの覚悟を持って挑む必要があるでしょう。

 

警察官予備校ランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加