新潟大学公務員講座の評判&口コミ

新潟大学公務員講座の評判&口コミ評価

新潟市、長岡市には、口コミ評価の高い公務員専門予備校が点在していますので、学内(生協)講座のどちらか迷われている方もいることでしょう。特に新潟大学は公務員に強い大学として2018年度は、11位にランクインしていますので気になる人は多いと思われます。

 

ここでは、新潟大学公務員講座について、口コミ体験談を交え特徴や魅力を紹介!予備校、通信講座比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

※こちらで紹介している情報は、今後変更、既に終了している場合もありますので、公式HPで確認することをおススメします。

 

新潟大学公務員講座の特徴

 

基本詳細

 

新潟大学教育・学生支援機構

キャリアセンター

新潟市西区五十嵐2の町8050番地
開設時間 月曜日〜金曜日(祝日、休日及び12月29日〜1月3日等を除く)

窓口業務:9:30-17:15 / フリースペース利用時間:8:30-17:15
公務員講座カウンター受付時間(土日祝日休業)12:00-18:30

ポイント 新学部3年生・新大学院1年生対象に4月にガイダンス開催

(行政職・技術職)

 

 

新潟大学キャリアセンターは、全ての学部・学年が利用でき、学生一人一人に合ったきめ細かいキャリア形成支援を行っています。 そして新潟大学生協の共済による公務員試験対策は、学内講座ならではのフォロー体制、市場よりも安い費用で、国家Ⅰ・Ⅱ種、地方上級、国税専門官、警察・消防官合格に必要な力を身につけることができます。

 

2018年度公務員就職者数(新潟大学)

 

人文学部43名
教育学部49
法学部89
経済学部61
理学部20
工学部23
農学部26
合計311名(国家公務員62名・地方公務員311名)

 

受講ポイント

 

  • 10ヶ月の短期集中講座
  • キャンパス内で行う1次試験対策(短期養成講座)
  • 全国大学で高い合格実績を上げている講師陣
  • 欠席時に講義のDVD無料貸し出し
  • 実力判定模試2回実施(オプションで試験対応別模試もあり)

 

新潟大学公務員講座は、キャンパス内で効率よく学ぶことができ、官公庁説明会、試験情報収集、面接対策、欠席時対応など試験合格するための体制が整っています。そして、独学では決して体験できない模擬集団討論や講師による個人面接指導など2次試験対策も万全で、実践に役立つカリキュラムも好評です。

 

先生への質問はどのようにしたらよいですか?

講師が新潟にきている場合は、講座前や休憩時間、講座終了後に遠慮なく質問して下さい。講師が新潟にいない場合は、生協のお事務局に相談して下さい、メールやFAXをつかってみなさんの質問に回答します。

 

コース詳細

 

行政職コース(297コマ):197,200円
技術職コース(127コマ):89,340円
教養コース(112コマ):80,320円

 

※過去の受講費になりますので、詳しい詳細は大学生協に問い合わせて下さい。

 

新潟大学≪公務員試験対策≫口コミ評価

 

大学生協の公務員講座を受講し、勉強へのサポートや説明会や試験の情報など手厚く支援してくれたので不安なく学習することができ、おかげで地方公務員に就職することができました。

生協の公務員講座は、10ヵ月と短い期間ですが1次試験から2次試験まで必要な対策を取ることができます。そして、公務員専門予備校よりもかなり安く受講できるので費用面でも大変助かりました。

 

学内講座の魅力は、学生の学習進捗や学事に合わせたスケジュール構成になっていますので、キャンパスライフと両立して無理なく試験勉強できることです。そして、新潟大学の公務員講座評判に注目すると、口コミ数は少ないもの毎年、多くの学生が受講して、希望の職種合格を果たしています。優秀な講師による講義を受けることができ、合格ノウハウのあるカリキュラムを低料金で受講できるというわけです。

 

そこで、大学のある新潟県内には公務員に強い予備校がいくつかあり、地方上級合格者が多い東京アカデミーをはじめ、大栄、LEC、オンライン講座クレアールなど併せて検討してみると良いでしょう。また国家総合職、一般職の合格率が高いWセミナー(TAC)もピックアップしておきたいものですね。