【2019年】静岡県庁の年収モデル~年齢・役職別一覧

【2019年】静岡県庁の年収(給料)モデル~年齢・役職別一覧

静岡市、浜松市の2つの政令都市を持つ静岡県は、世界遺産の富士山をはじめ、海や山の自然、グルメ、温泉など観光資源が豊富にあり、国内外から多くの人が訪れます。

 

そんな魅力ある街を支え、県政の中心的役割を担っている静岡県の職員は、総勢3万2000人の人が働いています。大きく分けると、一般行政職、技能労務職、高等学校教育職、小 ・中学校教育職、警察職で、それぞれの職場で従事することになります。

 

ここでは静岡県庁の職種別の平均給与、年収、賞与、退職金などまとめていますので、公務員受験の際、将来の仕事の指針として参考にしてみて下さいね。特に、他の都道府県、政令都市、市町村職員で迷われている方、民間企業への就職で悩んでいる方はご覧ください。

 

静岡県庁公務員の平均年収~生涯賃金まで徹底検証!

 

全職種

 

給与436,615円、賞与1,766,000円、年収700万円
年齢41.8歳 退職金(60歳定年)2,300万円

 

一般行政職

 

給与430,175円、賞与1,726,100円、年収689万円
年齢42.5歳 退職金(60歳定年)2,399万円

 

教育公務員

 

給与430,255円、賞与1,843,229円、年収700万円
年齢43.2歳 退職金(60歳定年)2,293万円

 

警察職

 

給与445,861円、賞与1,620,800円、年収696万円
年齢37.9歳 退職金(60歳定年)2,246万円

※総務省(H30年給与・定員等の調査結果)参考

 

平均給与月額(公務員)

 

  • 全地方公共団体:401,242円
  • 都道府県:413,909円
  • 政令都市:427,624円
  • 国家公務員:410,940円

 

47都道府県公務員年収ランキングは7位で、静岡県職員の給料、給与は地方公務員のなかで、平均を大きく上回っている自治体になります。どの職種もそれほど変わりなく、年収は都道府県平均よりも高めになります。また、警察職は特殊勤務手当など手厚いため、平均年齢が若いわりに高年収となっています。

 

そして、静岡県庁職員の全都道府県ラスパイレス指数は、102.4でこれも平均の水準を上回っています。

 

ラスパイレス指数とは、全地方公共団体の一般行政職の給料月額を同一の基準で比較するため、国の職員数(構成)を用いて、学歴や経験年数の差による影響を補正し、国の行政職俸給表(一)適用職員の俸給月額を100として計算した指数。

 

諸手当

 

全職種 81,414円
一般行政職 96,927円
教員職 55,386円
警察職 118,784円
内訳(職種によって異なる) 扶養手当、地域手当、住居手当、初任給調整手当、通勤手当、単身赴任手当、特殊勤務手当、管理職手当、特地手当、へき地手当、定時制通信教育手当、産業教育手当、義務教育等教員特別手当、時間外勤務手当、宿日直手当、管理職員特別勤務手当、夜間勤務手当、休日勤務手当

 

生涯賃金

 

47都道府県の平均生涯年収は2億6429万8,000円で、静岡県の職員はそれ以上の高い金額が見込まれると考えられます。また、高卒は大卒よりも少ないですが、大学でかかる費用を考えると、最終的に大卒の職員と変わらないとも言われています。

 

静岡県職員VS民間企業年収比較

 

ホンダやスズキ、ヤマハやカワイといった日本屈指の企業発祥の地である静岡は、県内に本店を置く上場企業は50社、事業所数は19万以上になります。

 

そこで、静岡県の平均年収ランキング1位は、ヤマハの903万円、2位、スルガ銀行801万円、3位静岡銀行754万円になります。静岡県庁と同じぐらいの企業は、7位にランクインしている浜松ホトニクス698万円、8位の静岡ガス695万円があげられます。県内の上場企業と比較しても静岡県庁の年収は高いことがわかり、高水準の年収が見込める職業になります。

 

ちなみにスズキ自動車は、657万円(11位)、河合楽器製作所は、574万円(24位)になります。

 

静岡県庁の職種・学歴別初任給

 

職種 初任給
一般行政職 大卒:190,738円

高卒:155,891円

技能労務職 高卒:153,548円

中卒:140,608円

高等学校教育職 大卒:213,051円

高卒:167,201円

小中学校教育職 大卒:213,051円

高卒:167,201円

警察職 大卒:221,101円

高卒:185,134円

 

行政職で比較すると、国家公務員の初任給よりも静岡県庁(行政職)のほうが若干高くなります。

 

静岡県庁職員の職種・学歴・年齢別平均給料月額

 

区分 20~30歳 40歳 45歳 50歳
一般行政職(大卒) 27.9万円 36.8万円 38.7万円 40.9万円
一般行政職(高卒) 24万円 33万円 36.3万円 38.2万円
高等学校教育職(大卒) 32.8万円 41.6万円 43.5万円 44.3万円
高等学校教育職(高卒) 該当者なし 30.9万円 36.4万円 37.7万円
小中学校教育職(大卒) 32.4万円 41万円 42.5万円 43.2万円
警察職(大卒) 28.5万円 40万円 41.5万円 43.2万円
警察職(高卒) 26.3万円 36.3万円 40.2万円 41.3万円

 

年功序列により、給料は毎年、昇給し、役職や管理職につくと手当が加算されます。若いときこそ高卒、大卒など学歴による給料の差はあるもの、40代、50代になるとその差は少なくなります。高卒は同期になる大卒と比べ、出世は遅いですが、どの職種も40歳頃になると同じポジションにつくことになります。ただ、能力、学歴によって出世の限界がありますので、役職、管理職につく人、つかない人との給料格差は当然ながらあります。

 

静岡県庁≪一般行政職≫役職別の月額給料・年収

 

区分(役職) 年代 給料 年収
1級(主事・技師) 20代 146,823~252,279円 350~475万円
2級(主事・技師) 20代後半 197,666~309,949円 435~575万円
3級(主任) 30代 234,347~356,615円 490~660万円
4級

(副班長・主査)

30代半ば 267,970~391,461円 560~700万円
5級

(班長・主幹)

40代 294,360~402,465円 630~745万円
6級

(参事・ 課長代理)

40代半ば 325,232~417,952円 670~785万円
7級(課長) 40代半ば~50代 369,758~453,308円 730~820万円
8級(局長) 50代 415,813~477,456円 800~880万円
9級(部長代理) 50代半ば 467,063~537,469円 860~950万円
10級(部長) 50代半ば 531,560~570,074円 960~1000万円以上

 

静岡県行政職は、20代に主事・技師に属し、後半になれば550万円以上の年収が見込めます。静岡の平均年収は459万円で、30歳を目前にした県庁職員は、既に平均年収を上回っていることになります。そこで、一般行政職はおよそ65%の職員が、4級に属しています。5級の班長・主幹、6級の参事・ 課長代理は、全体の16.4%で、努力次第では高卒出身者でも役職につくことができます。

 

但し、7級の課長クラス以上になると大卒、院卒出身者が大半を占めているのが現状です。課長は全体の3.5%、8級の局長は1.4%、9級の部長代理は0.6%で900万円近い年収が見込めます。さらにほんの一握りになりますが、10級の部長になれば1000万円以上の年収が期待でき、現時点では11人の方が従事しています。

 

 

【2019年】静岡県庁の年収モデル~年齢・役職別一覧関連ページ

沼津情報・ビジネス専門学校の評判&口コミ