TAC宅建の評判&口コミ

TAC宅建の評判&口コミ評価

独占業務がある資格になりますので、長年の間人気を継続されているのが特徴的になります。今後も一気に受験者が急増することは考えにくいですが、安定した社会的なニーズを続くでしょう。

 

さて、TACの宅建講座評判&口コミ評価に関する検証をする内容をこのページでは紹介していきたいと思います。模試試験の成績表や結果を終えた難易度を調べたい方についてもチェックして頂ければと思います。
ちなみに口コミ体験談によると

 

「難しいね」

 

「過去問より細かい範囲から出題された」

 

「今年は難易度上げてきたな~」

 

など「簡単だった!」など威勢の良いコメントは少ないのが印象的になりますので、TACで37点、38点、39点、40点辺りを取ることができれば合格圏内の実力と言えるでしょう。但し、自信過剰になるのではなく、その後の直前対策(ラストスパート)が宅建士試験合格のポイントになりますので、油断するのではなく最後まで全力で勉強に励むことが大切になります。1年間に1回の実施になりますので、何としても今年で決めましょう!

 

コース種類を徹底分析

 

  • 初学者向けコース
  • 学習経験者である程度知識がある方向けコース
  • 宅建士試験合格者の実務コース

 

上記の3つで構成されています。何度か受験して落ち続けている方と初めて学習をスタートする方ではやはり勉強方法が異なりますので、自分に合った宅建講座を選ぶのがポイントになります。いくつか主な講座に関する詳細内容をまとめましたので、ご覧くださいませ。

 

総合本科生SPlus(エスプラス)

 

開講形態:教室・個別DVD・教室+Web・個別DVD+Web・Web通信・DVD通信

 

学習期間:8ヶ月~10ヶ月

 

受講料:185,000~

 

法律の学習が初めての方、基礎的な土台を固めていきたい方におすすめになります。INPUT・OUTPUTの両方を徹底的に完備されていますので、安心して合格水準までレベル達成を目指すことができます。インプットは入門講座で基礎を身に着けて、アウトプットでは過去問対策など問題演習が中心に構成になります。カリキュラムとしては最初は入門講義からスタートして基本講義(民法、宅建業法、法令上の制限、その他関連知識)、まとめ講義、解放テクニック講義、直前対策講義、ミニテスト、過去問答練+解説講義、基礎答練+解説講義、トレーニング復習、応用答練+解説講義、直前答練+解説講義など非常に充実した内容になっています。

 

ボリュームもタップリですので、ガッツリと勉強して一発合格を狙いたい方におすすめになります。10月上旬の宅建士試験本番の前には全国公開模試や直前答練など本試験を想定して問題を解く機会もありますので、実践レベルの向上を狙うことも可能になります。

 

教材においても非常に多数ありますが、合格に必要な個所に的を絞っていますので、効率性は抜群に優れています。「まとめ講義レジュメ」、「入門講義レジュメ」、「基本テキスト」、「直前対策レジュメ」などはTAC宅建講座口コミ&評判理由にもなっていますので、注目しておきましょう。さらに嬉しいは独学ではなかなか情報をGETするのが難しいですし、手間と言われている問題を解決できる「法律改正点レジュメ」の存在になります。これがあれば間違った知識を覚えるリスクを軽減させることができますね。

 

平日はもちろん、土日も勉強を進めることができますし、昼・夜など時間帯においても融通が利きますので、利便性にも優れています。但し、各校舎によって若干違いがありますので、確認してみてくださいませ。

 

速習本科生

 

学習期間の目安:2~3ヶ月程度

 

受講形態:教室・個別DVD・教室+Web・個別DVD+Web・Web通信・DVD通信

 

受講料:87,000円~

 

特徴をザックリまとめると・・・

 

  • 超短期コース
  • 夏からでも間に合う!
  • 初学者~学習経験者まで
  • 料金・費用がリーズナブル

 

通常ですと早くても半年程度の勉強期間が必要と言われている試験ですが、TACなら最短2ヶ月程度で合格レベルに達することも可能になります。

 

「ちょっと出遅れてしまった」

 

「受験するか迷っていたら8月になっていた」

 

「急に宅建士の資格が仕事で必要になった」

 

そのようなピンチの方にチャンスを与えるようなシステムになっています。頻出事項・重要論点に特化したチャレンジ講義になっていますので、民法、宅建業法、法令上の制限などを効率的に網羅することができます。教材においてもコンパクトな構成になっています。

 

その他注目のコース

 

  • 週1マスター本科生
  • まるかじり本科生
  • スマートWeb本科生
  • 合格る直前対策シリーズ

 

自分のライフスタイルやレベルに応じて多彩の種類の宅建講座の中からセレクトすることができるのがTAC(タック)の最大の強味になります。なお、合格者を対象にしている宅建登録実務講習なども実施されていますので、TAC宅建受講→合格→実務講習の黄金ルートを歩むこともできます。

 

また、宅建業を従事されている方が対象となる宅建士「登録講習」を受ければ修了者は本試験において5問免除になるという有利な立場で受験することができる特権を得ることができます。願書提出時に手続きが必要になりますが、少しでも合格に近づけたいのであれば必見ですね。

 

合格率・合格実績ってどうなの?

 

受講された方でどのくらいの確率で合格されているのか?までは分からなかったのですが、本科生においては平成27年度宅地建物取引主任者試験において1,049名が合格されたようです。

 

その秘訣は長年培われたTACのノウハウやカリスマ講師陣のレベルの高さによるものが大きいと思われます。クラス振り替え出席フォローシステムがありますので、欠席時でも遅れを取ることはないですからね。忙しい社会人にも人気があります。

 

なお、キャンペーン情報や割引制度においてはホームページで確認しておくことを推奨します。

 

公式サイト

 

資格のTAC

 

 

 

宅建予備校ランキング