氷河期世代の公務員試験とは?予備校おすすめランキング

 

就職氷河期世代採用の公務員試験とは?

 

氷河期世代公務員採用試験とは企業が採用人数を大幅に減らしていた就職氷河期に就職活動をしていた30代、40代、50代前半等の世代を対象にした公務員試験です。

 

社会人経験者採用は民間企業で活躍している人材を対象にするケースが多いのに対して、氷河期世代は学歴や職歴を問わずに幅広いのが特長的になります。職歴が全く無い、あるいは職歴が少ない場合でも採用されるチャンスがあります。

 

※採用を実施する自治体、省庁によっては職歴・学歴条件がある場合があります。詳しい内容は最新の採用実施要項をご覧ください。

 

今月のPickup!氷河期世代受験者向けの完全無料キャンペーン

 

氷河期世代の公務員試験を検討してる方は最初にコレだけは絶対読んでください。

 

※クリックして表示されない場合は終了しています。

約30秒のカンタン入力

 

受験資格

 

※2021年度 国家公務員 中途採用者選考試験(就職氷河期世代)

 

 

 ただし、次のいずれかに該当する者は受験できません。
(1)日本の国籍を有しない者
     ※ 日本国籍を有する者であっても外国の国籍を有する者は、外務公務員になることができません。
(2)国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者 
禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者 
一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
(3)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

 

年齢制限は?何歳から何歳まで受験可能?

 

※2021年度 国家公務員 中途採用者選考試験(就職氷河期世代)

 

年齢に関しては1966(昭和41)年4月2日~1986(昭和61)年4月1日生まれの者とありますので、2021年においては氷河期世代採用試験の年齢制限は35歳~55歳程度と考えておくと良いでしょう。もちろん、年度によって年齢制限が変更になる可能性もありますし、自治体によってバラバラですので、受験先の採用実施要項を確認してください。

 

地方公務員試験の場合ですと30代中盤~40代後半の年齢制限のケースが多いです。50代でも受験可能な自治体はありますので、諦める必要はありません!是非、いろいろ探してみてください!

 

採用職種

 

行政職・事務職/学校事務/警察事務/教育事務/司書/土木職/建築職/福祉職/デジタル職/農業職/林業職/電気職/機械職/水道技術/学芸員/環境整備員/清掃職員/調理員/保育調理員/保育士/幼稚園教諭/保健師/刑務官/入国警備官

 

過去の実施された氷河期世代採用では幅広い職種の募集を実施しています。

 

メインになるのは行政職・一般事務職になりますが、土木職など技術系に関しても積極的に採用している自治体が多いのが特長になります。

 

試験種目・試験の方法

 

※2021年度 国家公務員 中途採用者選考試験(就職氷河期世代)

 

第1次選考 【全区分共通】
 (1)基礎能力試験(多肢選択式):公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
       解答題数:40題
       知能分野:20題(文章理解、課題処理、数的処理、資料解釈)
       知識分野:20題(自然科学、人文科学、社会科学(時事を含む。))
      解答時間:1時間30分

 

  (2)作文試験:文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験
      解答題数:1題  
      解答時間:50分 

 

第2次選考
   ①事務区分及び技術区分
     採用面接等:各府省の採用予定機関における個別面接等

 

   ②刑務官区分
     身体検査:主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿、その他一般内科系検査
     身体測定:視力についての測定
     体力検査:立ち幅跳び、反復横跳び、上体起こしによる身体の筋持久力等についての検査
     採用面接等:採用予定機関における個別面接等 

 

 ※ 第1次選考の試験問題は、高等学校卒業程度の問題が出題されます。
 ※ 第2次選考は、採用予定機関で行います。
 ※ 一般内科系検査は、呼吸器、循環器、眼、耳鼻咽喉、言語、聴器などの検査項目について、視診・問診・聴打診を行いま
  す。
 ※ 体力検査の基準に達しないものが一つでもある場合は、体力検査で不合格になります。
基準の詳細は受験案内をご確認ください。

 

氷河期世代採用はどこで実施されてる?

 

国家公務員試験、地方公務員試験(都道府県・市町村区)の両方で過去に実施されています。

 

毎年決まった自治体が採用試験を実施するとは限らず、年度によって異なるのが注意が必要になります。

 

興味がある方は「氷河期世代採用 札幌市」など就職したい自治体名で検索してみることをおすすめします。

 

採用予定人数はどのくらい?

 

国家公務員試験では令和3年試験の場合ですと関東甲信越区分だけでも採用予定人数は51名、26区分全て合わせた採用予定人数が167名と大規模に実施されています。

 

地方公務員試験は小規模~中規模の市町村区の場合は採用予定人数は「若干名」又は「1名」のケースが多く、試験が実施された場合でも最終合格者0名というケースも珍しく無いです。

 

政令都市、中核市、都道府県など大規模な自治体の場合は少ないケースで1名~3名、多いケースで10名~20名程度を採用予定人数にしています。

 

採用予定人数ピッタリを最終合格にするのではなく、実際には少ないケース、多いケースなど予定人数とは異なるケースが大半です。概ねの目安としては採用予定人数の1.5倍程度を最終合格者数にする例が多いです。例えば採用予定人数が10名なら15名が最終合格になるイメージです。

 

難易度・倍率はどのくらい?

 

※2020年度 国家公務員中途採用者選考試験(就職氷河期世代)、事務区分、技術区分、刑務官区分、入国警備官区分の合計値

 

申込者数:10,943名
1次試験合格者数:1,009名
最終合格者数:199名
1次試験合格倍率:10.8倍
2次試験合格倍率:5.0倍
最終合格倍率:54.9倍

 

これから氷河期世代採用試験を受験する方には残念なお知らせになりますが、数ある公務員試験の中でも競争率の激しい試験になります。

 

筆記試験は一般的に振い落しの意味合いが強いのですが、10倍以上の倍率になっています。10人に1人程度しか合格出来ないことを考えると狭き門であることは容易に想像することができるでしょう。恐らく1次試験の倍率が高い理由は2次試験が個別面接である点だと思います。

 

人数が多すぎると人員が足りず、面接官の負担が大きくなるので、それを回避する目的もあると思います。

 

とは言え2次試験も5倍以上なので、十分すぎる難易度・・・。

 

これから受験する人は覚悟を持って公務員試験対策するべきです。半端な気持ちで勉強しても内定を掴むのは難しいでしょう。

 

1つ朗報を挙げると申込者数ベースで倍率を計算していますので、受験者数ベースで計算すれば30倍~40倍程度になるのではないか?と推測されます。

 

また、受験生は会社員などが多いですし、独学のケースが多いのでシッカリと対策している受験生は少ないので、通常の公務員試験に比べると受験生1人一人はレベルは低いです。

 

なので、正しい勉強方法で効率的に対策すれば合格できるチャンスは十分にあります!倍率だけ見て諦める必要はありません。

 

難易度が低い職種は?合格しやすい狙い目試験はコレ

 

事務職>>>>>技術職及び専門職

 

事務職に比べて技術職の難易度は圧倒的に低いです。待遇に関しても同等なので、受験資格の条件を満たす方は技術職が狙い目です。

 

特に採用人数が多い土木職が合格しやすい試験と言えます。

 

事務職の場合ですと倍率30倍以上は当たり前ですが、土木職の場合ですと自治体によっては1.5倍~4倍程度とお手頃の倍率になっている事例もチラホラあります。他にも資格免許系の保育士、保健師なども倍率が低いケースが多く民間から転職しやすいと言えます。

 

採用後の初任給は?年収・給料モデル一覧

 

採用時の年齢によって基本給が決まります。35歳及び45歳の2つの事例で解説して行きたいと思います。

 

年収に関しては採用された月によっても初年度の年収は大きく変わりますので、今回は1月採用を基準に算出してみました。

 

35歳採用の年収モデル

 

基本給:25万~30万
諸手当:5万~10万
合計月収:30万~40万
期末勤勉手当(年間ボーナス):100万~150万
推定年収:450万~600万

 

45歳採用の年収モデル

 

基本給:30万~35万
諸手当:5万~15万
合計月収:35万~55万
期末勤勉手当(年間ボーナス):120万~200万
推定年収:500万~700万

 

参考サイト

 

氷河期世代採用試験の詳しい情報を知りたい方はチェックしてみてください↓

 

人事院 国家公務員 中途採用者選考試験(就職氷河期世代)

 

https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/senkou/hyougaki.html

 

東京都職員 就職氷河期世代採用試験(1類B・3類)

 

https://www.saiyou2.metro.tokyo.lg.jp/pc/selection/rw03/section-hg.html

 

総務省

 

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/koumuin_seido/shushoku_hyogaki_shien.html

 

内閣官房

 

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/shushoku_hyogaki_shien/koumuin.html

 

社会人限定!お得な無料プレゼントキャンペーン

※クリックして表示されない場合は終了しています。

約30秒のカンタン入力

 

氷河期世代採用の公務員予備校おすすめランキング

 

氷河期世代予備校7校!対応学歴一覧表

 

評判&口コミ評価に優れている厳選7校です。

 

合格実績にも優れていますので、要チェックです。

 

大卒程度 短大卒程度 高卒程度 社会人枠
クレアール
LEC
スタディング - -
東京アカデミー
資格のTAC -
資格の大原
実務教育出版 - -

 

就職氷河期世代採用試験対策の公務員予備校ランキング

 

 

対応エリア 日本全国
対応学歴 高卒程度、短大卒程度、大卒程度、院卒程度
主な対応職種
  • 行政事務・一般事務全般
  • 専門職系全般
  • 技術職・理系公務員全般
  • 福祉職・心理職全般
  • 警察官・消防士等の公安系全般
  • 保育士・栄養士等の資格免許系全般
受講スタイル オンライン通信講座
おすすめコース
  • 1年合格社会人経験者スタンダードコース
  • 1年合格社会人経験者ベーシックコース
  • 1年合格社会人経験者特別区型コース
支払い方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード払い
  • コンビニ決済
  • 学費ローン
  • ペイジー
  • 郵便振替
料金相場 142,800円(税込)

※2022年合格目標 1年合格社会人経験者スタンダードコース 2021年11月時点の価格です。最新の料金は必ず公式サイトでご確認してください。

特長
  • 社会人向け公務員試験に強い
  • 超効率的な学習法「非常識学習法」
  • Vラーニングシステム
  • マルチデバイス対応
  • 時短学習システム
分析レポ クレアールは働きながら学習しやすいようにカリキュラムや学習システムが構築されていますので、社会人の方にはピッタリの予備校です。通信講座ですので、場所や時間に縛られる必要が無く、いつでもどこでも学習可能です。また、様々な職種にも対応されていますので、事務職系以外を受験する方にもおすすめすることができます。例えば技術職全般に対応していて「土木」、「建築」、「機械」、「電気・電子・情報」などにも強いです。福祉職・心理職、保育士、栄養士など他校では取扱の少ない職種も対策可能なコースがありますので、必見です。

 

 

対応エリア 日本全国
対応学歴 大卒程度
主な対応職種
  • 行政事務・一般事務全般
受講スタイル オンライン通信講座
おすすめコース
  • 社会人経験者合格コース
支払い方法
  • クレジットカード(一括、分割、リボ)
  • コンビニ支払
  • 銀行振込
  • ペイジー支払
  • ローン(分割払い)
料金相場 65,780円(税込)

※社会人経験者合格コース[2022年合格目標] 2021年11月時点の価格です。最新の料金は必ず公式サイトでご確認してください。

特長
  • スマホ学習機能充実
  • スキマ時間に効率的に学習可能
  • 10万円以下で十分に合格を目指せる
  • 完全オンライン完結型
  • 論文・人物試験対策講座も充実
評判・口コミ

私は年末に会社都合で退職することが決まってから公務員(特別区職員)を目指したので、試験までたったの4ヶ月しかありませんでした。
そんな中、私を合格に導いてくれたのはスキマ時間で学習が可能なスタディングです!特に、苦手な数的推理の克服やあまり時間をかけたくないサブ教科の集中暗記にかなり役立ちました。
※公式サイト引用。掲載内容は過去のコース内容です。最新のコースとは内容が異なる可能性がありますので、必ず公式サイトをご確認ください。

分析レポ 公務員オンライン講座の王道スクールです。いつでも、どこでも勉強OKなので、忙しい社会人にはピッタリです。スマホを利用して学習したい方には満足度が高い通信講座と言えます。WEBテキスト、スマート問題集、受験Q&Aサービスなど兎に角利便性に優れています。冊子オプションなどもありますので、紙媒体のテキスト教材で学習を進めることも可能です。そして最大の特長は高クオリティで圧倒的に安いという点です。他社と比較すれば一目瞭然ですが、業界トップクラスのコスパと言えます。低予算の方にもおすすめです!

 

 

対応エリア 日本全国
校舎 札幌、北見、仙台、八戸中央、郡山並木、水道橋、池袋、新宿エルタワー、早稲田、渋谷駅前、立川、中野、横浜本館、千葉、名古屋、静岡、浜松駅西、新潟、富山、甲府、長野、梅田、神戸、京都、難波、堺東、大津駅前、草津駅前、和歌山、岡山、広島、山口、高松、松山、福岡、長崎、北九州、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇
対応学歴 高卒程度、短大卒程度、大卒程度、院卒程度
主な対応職種
  • 行政事務・一般事務全般
  • 専門職系全般
  • 技術職・理系公務員全般
  • 福祉職・心理職全般
  • 警察官・消防士等の公安系全般
  • 保育士・栄養士等の資格免許系全般
受講スタイル 通学教室、通信講座
おすすめコース
  • 経験者採用専願コース
支払い方法
  • クレジットカード(分割払いOK)
  • コンビニ決済
  • 教育クレジット(分割払い)
  • 銀行振込
  • 代金引換
  • GO!GO!ポイント決済
料金相場 215,000円(税込)

※2022年合格目標経験者採用専願コース 2021年11月時点の価格です。最新の料金は必ず公式サイトでご確認してください。

特長
  • ほぼ全ての公務員試験に対応
  • 業界大手!カリスマ講師多数在籍
  • 通信・通学の選べる受講スタイル
  • 合格実績豊富
  • 面接対策に強い
評判・口コミ

筆記試験の勉強だけでなく面接対策を少しずつやっていたからだと思います。LECの担任相談を月に1回予約を入れ、筆記試験後はリアル面接シミュレーションの予約を入れ、面接対策をしておりました。また、私の場合は途中で仕事を辞めたことも合格の一因であったと考えております。私の場合は仕事を辞めた方が転職活動に集中できると考え、リスクを覚悟した上でそうしました。結果、勉強や面接対策の時間を増やせ、合格につながったと思います。
※公式サイト引用。掲載内容は過去のコース内容です。最新のコースとは内容が異なる可能性がありますので、必ず公式サイトをご確認ください。

分析レポ 全体的にクオリティに優れた教材、評判の良い人気講師による授業などメリットが多数あります。他校では対応していない職種など公務員試験のほぼ全てに対応している点もLEC東京リーガルマインドの強みと言えます。また、全国各地に校舎がありますので、通学教室コースもあります。自宅近くに校舎が無い場合でもLECはweb講座が充実していますので、安心です。

 

 

対応エリア 日本全国
校舎 旭川校/札幌校/函館校/青森校/仙台校/秋田校/大宮校/津田沼校/東京校/お茶の水校/池袋校/立川校/町田校/横浜校/静岡校/名古屋校/金沢校/新潟校/京都校/大阪校/難波校/神戸校/岡山校/広島校/高松校/松山校/北九州校/福岡校/長崎校/大分校/熊本校/鹿児島校
対応学歴 高卒程度、短大卒程度、大卒程度、院卒程度
主な対応職種
  • 行政事務・一般事務全般
  • 専門職系全般
  • 技術職・理系公務員全般
  • 福祉職・心理職全般
  • 警察官・消防士等の公安系全般
  • 保育士・栄養士等の資格免許系全般
受講スタイル 通学教室、通信講座
料金相場 資料請求で確認
特長
  • 熱意溢れる講義が魅力
  • 地方公務員試験に強い!自治体別対策充実
  • 毎年多くの最終合格者を輩出
  • 模擬試験実施校
分析レポ 通学教室で人気の高い東京アカデミーは公務員予備校の中でも知名度が高い存在です。特長として挙げられるのは徹底的に講義の質に拘ってる点です。各校地域に根付いた専門スタッフを配置していますので、受講生が最短距離で合格を目指すことができる仕組みになっています。

 

 

対応エリア 日本全国
校舎 札幌校/仙台校/大宮校/津田沼校/水道橋校/新宿校/早稲田校/池袋校/渋谷校/八重洲校/立川校/中大駅前校/町田校/横浜校/日吉校/群馬校/松本校/富山校/金沢校/名古屋校/京都校/梅田校/なんば校/神戸校/広島校/岡山校/福山校/高松校/徳島校/福岡校/大分校/熊本校/宮崎校/鹿児島校/沖縄校
対応学歴 高卒程度、短大卒程度、大卒程度、院卒程度
主な対応職種
  • 行政事務・一般事務全般
  • 専門職系全般
  • 技術職・理系公務員全般
  • 福祉職・心理職全般
  • 警察官・消防士等の公安系全般
  • 保育士・栄養士等の資格免許系全般
おすすめコース
  • 氷河期世代中途採用向け 講義パック(高卒程度の試験内容)
  • 秋試験経験者区分本科生
受講スタイル 通学教室、通信講座
料金相場 55,000円(税込)、入会金10,000円(税込)

※氷河期世代中途採用向け 講義パック<2021年合格目標> 2021年11月時点の価格です。最新の料金は必ず公式サイトでご確認してください。

特長
  • 大手ブランドの公務員予備校
  • 幅広い試験職種に対応
  • 毎年多くの最終合格者を輩出
  • 模擬試験実施校
分析レポ TACは大卒程度の公務員試験に強い予備校ですが、氷河期世代採用に関しては高卒程度向けのコースになっています。通学でも通信でもクオリティが高いので検討対象に加えてみてはいかがでしょうか?有名な資格スクールですので安心感がありますね。人物試験対策も充実しています。

 

条件別おすすめスクール

 

オンライン通信講座で選ぶなら「クレアール」、「スタディング」がおすすめです。

 

通学教室なら「LEC」、「東京アカデミー」がおすすめです。

 

大手ブランドで選ぶなら「LEC」、「資格のTAC」がおすすめです。全国各地に校舎がありますし、歴史も長い伝統校です。LEC、TACの2校を比較して公務員予備校を決める受験生は多いです。

 

コスパ重視なら「スタディング」がおすすめです。10万円以下で十分に合格を目指せるカリキュラムになっています。

 

迷ったら「クレアール」がおすすめです。合格実績、講義レベル、スマホ対応、サポート体制など総合力に優れています。

 

氷河期世代受験生はこのテキスト絶対見て

※クリックして表示されない場合は終了しています。

約30秒のカンタン入力

 

完全無料!お試しサンプル講座

 

氷河期世代対策向けの予備校選びQ&Aコーナー

 

どのコースを選べばの良いでしょうか?

「社会人経験者採用対策コース」、「氷河期世代対策コース」を選ぶのが一般的です。自治体によっては一般的なコースで対策可能なケースも多いです。
不安な方は受講を希望する予備校に「○○市の氷河期世代採用○○区分を受験するのですが、どのコースが良いですか?」と直接問い合わせしてみることを推奨します。受験先に応じて最も効率的に勉強できるコースを提案してくれるはずです。

 

オンライン講座と通学教室で迷ってます。どちらが良いでしょうか?

一概には言えませんが、オンライン講座が断トツでおすすめです。理由は倍速機能、スマホ対応、学習ツール、コスパ、効率性などに優れている点が挙げられます。特に社会人で働きながら受験対策する方にとって通学するのは負担になります。オンライン講座であれば電車、昼休みなどいつでもどこでも学習することが可能なので、忙しい方でもスキマ時間を利用して勉強時間を確保しやすいです。

 

独学で合格することは可能でしょうか?

独学で氷河期世代採用試験に最終合格されている方は多数います。努力次第では十分に可能ですし、コストを最小限に抑えることができるメリットがあります。ただ、前述に競争率を説明した通り、氷河期世代の難易度は高く、狭き門となっています。また、自治体によっては独特な試験科目が実施されるケースもありますので、独学だと十分に対策しにくいと言えます。効率性を考えるのであれば予備校を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

失敗しない選び方を教えてください。
  1. 資料請求
  2. 体験講義
  3. 受講相談
  4. 説明会

まずは情報収集するところからスタートしてください。1校で決めるのではなく、最低3校は比較して決めるのが失敗しないコツです。

 

予備校によっては無料サンプル講義を実施しているケースもありますので、実際に授業を受けてみるのが手っ取り早いです。評判やランキングサイトの順位だけで決めるのではなく、実際に自分で無料講義を受講してみることが重要です。1人一人合う、合わないがありますので、何となくで選ぶのは避けましょう。

 

購入した方が良いテキストはありますか?

クレアールが「公務員転職ハンドブック」の無料プレゼントキャンペーンを実施しています。氷河期世代受験生は今なら完全無料で手に入れることができますので、絶対に読んでおいてください。