警察事務の予備校比較

警察事務の予備校比較ランキング

警察組織を事務方で支える職業になります。縁の下の力持ち的なところがありますので、存在を知らない方も結構多いと思いますので、簡単な概要について説明していきたいと思います。

 

仕事内容については謎に包まれていますが、例えば郵便物を所定の場所へ振り分けたり、各部署から届いた文章を印刷して管理をするなど庶務的な一面が大きいのが特徴的になります。もちろん、犯罪の予防、交通事故の防止など住民生活とって安全・安心の環境を作ることが警察事務職員の課題の1つになります。

 

実はそのタメに必要な予算を確保したり、企画・立案をするなど雑用的な業務内容だけではなく組織全体において影響力のある仕事を任せられるケースも結構あります。

 

さて、今回紹介するのは警察事務の予備校・専門学校比較ランキングに関するテーマになります。通学のスクール塾に通えない方のために警察事務通信講座・通信教育おすすめ特集を企画していますので、どうぞ最後までご覧頂ければと思います。

 

警察事務の予備校おすすめランキング

 

警察事務採用試験対策講座の予備校人気ランキングを発表!凄腕の講師陣が在籍する優良スクールに厳選して掲載していますので、安心して最終合格を目指せるはずです。まずは気軽に最低5社へ無料資料請求をしてみてくださいませ。

 

 

 

 

警察事務の年収・給料

 

平均年収585万円~642万円

 

給与面で職業を選ぶと失敗すると言われていますが、それでもやっぱり気になるのがお金の話になります。

 

一般的に警察事務と言えばちょっと年収が低めのイメージがありますが、基本給(俸給)事態はほとんど一緒であると考えていいでしょう。
もちろん、初級区分(高卒程度)、中級区分(短大卒程度)、上級区分(大学卒業程度)によって出世・昇進スピードも異なりますので、多少の差はありますが、学歴事態においても大きな違いを生まない職種の1つであると考えていいでしょう。但し、警察事務職員採用試験は初級・中級の募集が一般的になりますので、大卒程度で受験をされたい方は自治体によって限られている点については注意しておきたいですね。

 

通勤手当、扶養手当、住居手当、残業手当などが基本給にプラスで諸手当として支給をされるのが特徴的になりますが、犯人逮捕などの身体的にリスクのある仕事や特殊な仕事が少ないので、あまり大きな金額は期待できないと考えておきましょう。

 

警察事務の難易度・倍率について

 

初級区分→10段階中・・・1.7

 

中級区分→10段階中・・・3.4

 

合格までの勉強期間目安・・・半年(6ヶ月)

 

全体的に言えるのは教養試験、論文・作文試験、面接試験対策をシッカリとやればそれほど難しい試験ではないという点になります。上記では半年が合格するための目安として紹介していますが、実際の体験談・口コミなどを見ると高卒程度の警察事務であれば3ヶ月程度で突破されている方も少なくはないのが特徴的になります。もちろん、短期での1次試験、2次試験対策をするのであれば警察事務の予備校・通信講座などを活用するのが効率的ではありますが、

 

独学でも十分に狙う試験の1つになります。

 

「簡単だった」

 

「これは狙い目」

 

「あんまり勉強しないで受かった」

 

などの声もあります。警察事務の難易度はズバリ低いと考えることができますので、どの職種にするか?決まっていないでとりあえず公務員になりたいと考えているのであれば魅力的な仕事内容ですので、候補の1つに加えておいてはいかがでしょうか?

 

警察事務の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

予備校や専門学校を利用する場合ですと学習カリキュラムの沿ったテキスト教材や過去問等が用意されるのが一般的ではありますが、独学となると自分で書店や通販で購入するのが基本になります。

 

但し、注意が必要なのは警察事務専用の問題集や参考書はほとんど販売されていません。

 

それでは独学で学習を進めるのは難しいのか?

 

実は初級区分、中級区分の問題集を購入すれば基本的に対応することができます。実は公務員試験は似たような内容になりますので、1つのオーソドックスなテキストで様々な職種に対応することができるのです。

 

警察事務Q&Aコーナー(よくある質問)

 

階級・昇進について教えて!

将来幹部候補を目指している野心家にとって気になるのが出世の話になります。一般的な階級制度については下記の通りになります。
主事→主任主事→副主査→主査(班長・チームリーダークラス)→副主幹(副課長)→主幹(課長)

 

人事異動や勤務先について教えて!

2~4年程度のスパンで人事異動を命じられるのが公務員の宿命になります。理由は業者との癒着を避けるためであると言われています。中には半年・1年レベルで異動するケースもありますので、新しい人間関係を作るのが大変だと思います。警察事務の勤務先・働く場所は大きく2通りになります。

 

  • 警察本部
  • 警察署

 

交番勤務はほとんどなく、基本的に管轄の警察施設で働くことになるのが一般的になります。

 

警察事務と警察官の関係性とは?

警察官は体育会系出身者がほとんどですので、肉食系タイプが多いのが特徴的になります。一方、警察事務は運動が苦手な草食系タイプが大きな比率を握っています。それを考えると人によって異なりますが、やはり横柄な態度を取るような方も多いと推測することができ、居場所が無い!と弱い立場であることを悩まされている事務さんも少なくはないでしょう。もちろん、ほとんどは仲良くコミュニケーション連携を取って業務をしていると思いますが。また、稀に併願や転職を希望される方がいるのですが、仕事内容は基本的に全く違うので似たような職業と考えるのは間違えですね。別物と思っておいた方がいいでしょう。