臨床検査技師公務員の予備校比較

臨床検査技師公務員の予備校比較ランキング

このページでは就業者数がそれほど多くはなく、謎に包まれている臨床検査技師の仕事内容等の基礎知識から公務員試験を受験する場合の対策方法を解説しています。臨床検査技師の公務員予備校比較ランキングは非常に少ないと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。なお通学で通える範囲内に専門学校・スクール塾が無い方のために臨床検査技師の公務員通信講座・通信教育おすすめ特集についても企画しています。

 

まず仕事内容・業務内容について簡単に紹介したいと思います。簡単に言えば医師の指示・指導を下に臨床検査を実施する職業になります。現在の症状をチェックすることで早期的にや異常や病気の発見・治療をすることができますので、医療業界においては無くてはならない仕事の1つになります。患者への治療サポートに関わることになりますので、やりがいは十分にありますし、縁の下の力持ちではありますが、人の役に立つことができる喜びが醍醐味であると思われます。

 

また、常に最新の機器・検査方法が導入されていますので、古い常識に捉われることなくドンドン新しい知識を吸収するフットワークの軽さが重要になります。さらに一括りに臨床検査技師といっても様々な専門区分があります。

 

  1. 細胞検査士
  2. 超音波検査士
  3. 健康診断・人間ドッグ

 

などなど非常に様々です。活躍の場についても臨床検査技師は公務員(国立病院、公立病院、検査センター、保健所など)だけではなく、民間企業でもたくさんあります。例えば大手製薬メーカーなどは最近では人気を集めていますからね。なお、検査の種類については下記の通りになりますので、覚えておきたいところではありますね。

 

検体検査

 

一般検査/生化学検査/血液検査/微生物検査/免疫検査/輸血検査/病理検査

 

この中の病理については人気ジャニーズグループTOKIOの長瀬さんが主演を務めたドラマ「ブラジャイル」で有名になりましたね。

 

生理機能検査

 

心電図検査/呼吸機能検査/脳波検査/超音波(エコー)検査/筋電図検査

 

臨床検査技師公務員の年収・給料

 

平均年収480万円~600万円

 

年功序列体型であるのは他の公務員と変わらないのですが、研究職になりますので、昇給率が低いので給与が伸びにくいと言われていることが原因で上記のような年収になります。出世・昇進することによって年収700~800万円程度も十分に射程圏内に加えることができますが、非常に専門性の高い職種になりますので、部署・課などで管理職のポストが少ないのが特徴的になります。専門職・資格免許職の他の区分で採用されたライバルたちと少ない枠を争うことになりますので、出世難易度は高いと言われています。

 

但し、初任給は結構高く、20代であれば一般行政よりも好待遇・勤務条件であると考えることができます。最初は賞与ボーナス(期末勤勉手当)においても満足する方は結構多いかもしれないですね。30代くらいまではそれほど変わらないのですが、40代、50代で差が開く傾向があります。

 

臨床検査技師公務員の難易度・倍率について

 

10段階中・・・

 

競争率はそこまで高くはないのですが、優秀な方が受験をされて居ますので、難易度はそれなりにあります。

 

ライバルに勝つためには当然、早期的な対策が重要で1次試験、2次試験、3次試験を攻略する必要があると言えるのではないでしょうか?そのタメの方法の1つとして人気を集めているのが臨床検査技師の公務員予備校になります。専門試験というよりは教養試験の一般知識、一般知能問題を効率的に対策するのにメリットがありますし、何より個別面接、集団面接、集団討論、論文試験と筆記以外の部分においても徹底的に準備を進めることができるのは大きいですね。

 

臨床検査技師の公務員試験対策を独学で実施されている方は意外と多いのであえて予備校・専門学校を利用することで他の受験者と差をつけることが可能になるでしょう。

 

ココで自治体の採用試験による具体的な例をいくつか挙げていきたいと思います。

 

例その①~県職員

 

1次試験受験者数:27名

 

最終合格者数:4名

 

合格倍率:6.8倍

 

採用予定者数・募集枠が少ないので年度によって倍率にバラつきが出るのが特徴的になります。規模の大きな政令都市・県庁クラスでなければ数年に1回程度の頻度で求人されているケースも少なくはありませんので、チャンスがあれば民間企業に勤めている方でも転職で挑戦したいところではありますね。

 

臨床検査技師公務員の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

具体的に専用となるようなテキスト教材を見つけるのは数が少ないと思いますので、難しいと思います。予備校の講師陣・担任などに相談することが大切になりますね。さらに言うのであればオーソドックスな公務員試験の科目については学歴区分に応じた参考書・過去問で対策をすることができます。教養試験、時事問題、論文試験、面接対策などはまさに良い例ですね。

 

専門試験の出題分野(例)

 

公衆衛生学/臨床検査総論(情報科学など)/生理学/病理学(解剖・組織学)/臨床科学/生化学/血液学/免疫・血清学/微生物学/医動物学

 

臨床検査技師公務員の予備校おすすめランキング

 

臨床検査技師の公務員試験対策予備校人気ランキングです。通信講座・通信教育に対応しているスクールも掲載していますので、全国どこでも受講することが可能になります。2ch(2ちゃんねる)評判や口コミを検証するよりもまずは気軽に無料資料請求をすることが大切になります。