獣医公務員の予備校比較

獣医公務員の予備校比較ランキング

国家公務員であれば「農林水産省」と「厚生労働省」で試験が実施されていて、地方公務員であれば獣医師として資格免許職区分として実施されているのが特徴的になります。市町村区としての募集よりも都道府県レベルの採用が多いのが特徴的になりますので、獣医公務員の勤務先として挙げられるのは・・・

 

  • 畜産・林業・水産関連の部署(本庁勤務)
  • 食肉衛生検査所
  • 動物愛護施設
  • 保健所
  • 衛生研究所
  • 畜産保健衛生所
  • 動物園・水族館

 

基本的に自然や動物に関わる仕事内容になりますので、但し犬や猫などをイメージする方も多いと思いますが、様々な種類を相手にすることになりますので、動物のすき好みは難しい業務内容であると言えるのではないでしょうか?

 

具体的な獣医公務員の仕事内容として挙げられるのは主に家畜衛生、各種許可申請、感染予防法に関する業務、狂犬病予防法・動物愛護法に関する業務などが挙げられます。

 

なお、このページで紹介するのは主に獣医公務員試験対策の予備校・専門学校に関する解説になります。通学で通える範囲内に校舎が無いという方も当然いると思いますので、その点に配慮して公務員獣医師の通信講座比較ランキングについても発表していますので、どうぞ気軽に試験対策に役立てて頂ければと思います。まずは基礎的な情報から入りたいと思います。

 

獣医公務員の年収・給料

 

平均年収600~743万円(推定)

 

数ある公務員の中でも専門性に優れていますので、給与水準については高いと言われています。初任給においても行政職に比べると数万円程度高いので20代~30代前半の比較的新人時代においても好待遇を受けることが可能になります。あくまで目安ではありますが、27~29歳程度で450万円程度、35歳で650万円程度を狙える職種になります。

 

さらに男性だけではなく、女性で活躍されている方も多く、もちろん公務員の場合ですと男女によって差は出ないのでそれなりの待遇条件で働くことができます。なお、公務員を辞めて、退職金支給後に夢だった動物病院の経営を志す方も少なくはないと言われています。また、公務員から転職する場合においても民間企業でも需要のある免許資格になりますので、年収アップを狙うことは可能になります。

 

大切なのはやりたい仕事がどこにあるか?それに限ると思います。公務員獣医でできる仕事はたくさんありますので、興味がある方はさらに調べてみるといいでしょう。

 

獣医公務員の難易度・倍率について

 

10段階中・・・6.5

 

受験者数はそれほど多くはないので競争率が激しい試験になるケースは少ないのが特徴的になります。もちろん、自治体によっては高い倍率になるケースもありますが、全体的に見ると落ち着いている方だと思います。但し、受験者のレベルが高いことで平均的な難易度に対して高い水準として今回は評価させて頂きました。

 

例その①

 

1次試験受験者数:18名

 

最終合格者数:12名

 

合格率:1.5倍

 

2倍以下の公務員試験は非常にレアになりますので、この年度に受験された方はラッキーと言えるのかもしれないですね。しかし、実際には合格している方のほとんどは教養試験、専門試験対策をシッカリと半年くらい前から準備をされています。場合によっては公務員獣医の予備校・通信講座ランキングをチェックして対策講座に入会された方もいるのではないでしょうか?決して甘くはないので油断はできない。

 

例その②

 

1次試験受験者数:38名

 

最終合格者数:15名

 

最終合格倍率:2.5倍

 

こちらもそれほど高い倍率ではありません。例えば高等学校や大学であればそれなりの競争率と言えるのかもしれないのですが、公務員試験全体で考えると狙い目と考えてもおかしくはないでしょう。しかし、2次試験の面接対策、集団討論、論文試験などをシッカリ対策して着実に合格に近づける努力をしないと足元を簡単にすくわれてしまいますので、気を付けなければいけません。

 

獣医公務員の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

専用のテキスト教材を探している方もいると思いますが、獣医区分の公務員試験参考書・過去問などは滅多に販売されていないと思いますので、予備校や専門学校のノウハウを借りるのが一般的だと思います。また、独学で勉強する場合においても教養試験については一般的な上級区分と共通しますので、オーソドックスな問題集などで対策をすることができます。なお、個別面接、集団面接、集団討論、論文試験などは基本的には獣医公務員予備校のノウハウを借りることを推奨しますね。

 

専門試験の出題分野(例)

 

家畜解剖学/家畜生理学/家畜薬理学/家畜病理学/家畜内科学/家畜外科学/家畜繁殖学/家畜寄生虫病学/家畜微生物学/家畜伝染病学/獣医公衆衛生学/家畜衛生学/家畜一般など・・・自治体・省庁別の出題範囲を各自確認してくださいませ。

 

獣医公務員の予備校おすすめランキング

 

人気のあるスクール塾・公務員獣医の通信講座・通信教育比較ランキングを紹介しているメインコーナーになります。1次試験、2次試験対策が充実しているので最終合格をサポートしてもらいたい方は必見です!まずは気軽に最低5社へ無料資料請求をしてみてくださいませ。