薬剤師公務員の予備校比較

薬剤師(薬学区分)公務員の予備校比較ランキング

働く道としては民間の調剤薬局、ドラッグストア、漢方、製薬会社など様々ありますが、その1つとして公務員試験に挑戦するのも1つの手であると思います。確かに希少価値の高い国家資格になりますので、安定が売りの公務員へ就職・転職しなくても十分に満足のいく待遇で勤務することは十分に可能になります。

 

但し、県立・国立病院など最先端の研究施設・設備の環境で働くことができる魅力や人事異動による様々な業務内容が経験することができるのはメリットであると言えるでしょう。民間企業で勤務をすれば当然、仕事の目的は利益を追求することになりますが、公務員の場合は全体の奉仕者として働くことができますので、”人の役立つことをしたい”と志しているのであれば必見です!採用については地方公務員、国家公務員、麻薬取締官に大きく分類されています。国家公務員の場合ですと厚生労働省、防衛省などが採用に積極的で総合職区分も存在しますので、薬剤師でキャリア高級官僚を目指す方におすすめです。

 

官僚の場合ですと現場で働くというよりは薬事行政の企画・立案に関わるなど政策的な部分が仕事内容になるケースが多いと言われています。もちろん、経験を積む目的で本庁だけではなく出先機関で働くケースもありますが、その場合でも指揮を執る管理職的な役割を担うのが一般的ではありますね。

 

さて、このページで紹介しているの薬剤師公務員予備校・専門学校比較ランキングに関するテーマになります。薬剤師区分、薬学区分の試験対策講座・通信教育に興味を持っている方については参考になると思いますので、必見です。公務員薬剤師の予備校評判&口コミ評価、2ch(2ちゃんねる)噂などを検証されている方についてもページ最後の人気ランキングコーナーについては参考にして頂ければと思います。

 

薬剤師公務員の予備校おすすめランキング

 

公務員試験を受験する薬剤師におすすめの予備校・通信講座比較ランキングを紹介します。厳選して掲載していますので、安心して1次試験、2次試験対策ができるはずです。まずは気軽に無料資料請求をしてみてくださいませ。

 

面接対策・集団討論・論文試験対策にも力を入れている優良スクールはココだ!

 

 

 

 

薬剤師公務員の年収・給料

 

平均年収520万円~650万円

 

民間企業に就職した場合と比較すると公務員は年功序列の給与体制になっていますので、初任給は低いのが特徴的になります。

 

20代後半~30代前半の若手時代に年収600万円を超えるのは難しいと言えるでしょう。しかし、30代後半から40代、50代にかけて昇給しますので、全体的に考えると民間と比較して収入面において一歩リードと言えるのではないでしょうか?福利厚生や諸手当関連、各種ローンについても充実していますので、安心・安定の生活を求めるのであれば公務員薬剤師は年収面においてもメリットがあると考えていいのではないでしょうか?具体的な新卒採用から退職までの給料モデルを作成しましたので、ご覧くださいませ。

 

公務員薬剤師のモデル例(出世コース)

 

新卒採用(主事):年収300万円

 

30歳(主任主事):年収450万円

 

35歳(副主査):年収540万円

 

40歳(主査):年収600万円

 

45歳(課長):年収920万円

 

50歳(次長):年収1000万円

 

55歳(部長):年収1200万円

 

60歳(局長):年収1300万円

 

公務員薬剤師のモデル例(一般コース)

 

新卒採用(主事):年収300万円

 

30歳(主事):年収420万円

 

35歳(主任主事):年収500万円

 

40歳(副主査):年収550万円

 

45歳(主査):年収600万円

 

50歳(主査):年収680万円

 

55歳(主査):年収740万円

 

60歳(副課長):年収800万円

 

退職金相場は階級・役職、さらには自治体・省庁によって異なりますが、概ね2000万円~3500万円程度が相場になります。但し、これはあくまで現状であって、今後の逆風から値下げラッシュが訪れる可能性は十分にあるでしょう。但し、現在の民間企業で働く場合に比べると退職金・年金制度は充実しているので第二の人生を考えた時のメリットを感じる方も少なくはないでしょう。老後・高齢者になった時に強いのも公務員の特徴になります。

 

 

薬剤師公務員の難易度・倍率について

 

10段階中・・・

 

6年制の大学を卒業された方が受験をするので筆記試験より面接試験のレベルが高いと言われています。新卒の時に就活をして個別面接や集団討論、履歴書の書き方などを学んだ経験のある方が転職で受験するケースもありますので、シッカリと公務員薬剤師の予備校・通信講座を利用して試験対策に備えたいところではありますね。

 

競争率を見ると畏まるようなレベルではないのですが、受験者のレベルが高いという点を考慮して今回は6点を付けさせて頂きました。また、再度見直しについては実施する予定になりますので、今後難易度レベルについては前後する可能性がありますので、注意が必要になります。

 

例その①~地方公務員編

 

1次試験者数:39名

 

最終合格者数:14名

 

合格倍率:2.8倍

 

自治体によっては事務よりの知事部局採用と現場採用の病院局採用に分けて実施されているケースがあります。ゼネラリストとしての道を歩むか、スペシャリストとしてのキャリアを積むか?はあなた次第でしょう。上記を見ると分かるようにまず公務員試験に挑戦する人数事態が行政区分などに比べると少ないのが特徴的になります。それに対して募集数はそれなりのボリュームがありますので、大抵の地方公務員の資格免許職試験の場合ですとこの程度の倍率になります。

 

例その②~国家公務員(薬学区分)編

 

倍率の分かる過去のデータを確認しようと思ったのですが、それらしき実施結果はありませんでしたので、代わり採用実績を紹介します。

 

24年度:6(1)

 

25年度:5(2)

 

26年度:6(0)

 

27年度:7(2)

 

28年度:9(2)

 

*()は女性

 

上記は厚生労働省の薬学系になります。男性の割合が多いのが特徴的なのですが、女性採用も積極的に取り組む姿勢がありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

薬剤師公務員の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

専用のテキスト教材は少ないので、教養試験については上級区分の参考書で対策するのが一般的になります。

 

専門試験対策については受験先の出題範囲を確認して大学で使っていた教科書などを活用するといいでしょう。

 

専門試験出題分野・範囲(例)

 

物理/化学/生物/衛生/薬理/薬剤/病態/薬物治療/法規・制度