国家一般職予備校の口コミ(2件)&比較

国家一般職予備校の口コミ!おすすめ比較ランキング

このページで紹介するのは国家公務員一般職の大卒程度、高卒程度、社会人試験対策に関するテーマになります。教養試験や専門試験など筆記対策だけではなく官庁訪問対策・2次の面接対策などに検討されている方についても対象になりますので、ぜひ最後までチェックして頂ければと思います。メイン企画としては国家一般職の予備校・専門学校比較ランキングを発表しています。通学でどうしても通えないという方でも安心です。国家一般職通信講座・通信教育で評判&口コミ評価に優れているおすすめスクール塾をまとめています。

 

国家一般職の予備校・専門学校おすすめランキング

 

国家公務員一般職対策ができる通学予備校及び通信講座を一覧にまとめてみました。基礎能力試験対策だけではなく面接カードの添削指導や個別面接・官庁訪問対策など様々なサポートをしてくれる東京アカデミーが特に人気があります。

 

まずは気軽に無料資料請求をしてみてくださいませ!国家一般職予備校を比較!

 

 

コース種類・料金

2020年合格目標 行政系公務員2年合格コース
Web通信:300,000円
2019年合格目標 10ヵ月合格 行政系公務員併願総合コース
Web通信:270,000円
2018年合格目標 行政系公務員100日マスターコース
Web通信:160,000円
オプション安心保証:30,000円

対応学歴区分

高卒程度、大卒程度

 

専門試験対策は憲法、行政法、ミクロ経済、マクロ経済、財政学、経営学、政治学、行政学共に充実した内容になっています。記述式対策、面接対策、時事対策、公開模擬試験もありますので十分に最終合格を目指すことができます。クレアールは通信講座専門ですので、通学は無いのですが効率性・コストパフォーマンスを考えると非常に魅力的な学校です。

 

 

コース種類・料金

校舎によって異なる。詳細内容は資料請求。

対応学歴区分

高卒程度、大卒程度

 

通学教室で国家一般職の予備校・専門学校を探しているのであれば東京アカデミーは非常におすすめです。ポイントになるのは評判に優れている”生講義”です。一流の指導力を誇る講師陣による臨場感あふれる講義は最大の魅力と言えるでしょう。また、実際に大卒程度・高卒程度共に合格実績に優れています。

 

 

コース種類・料金

校舎によって異なる。詳細内容は資料請求。

対応学歴区分

高卒程度、大卒程度

 

全国各地に拠点を構えているので、通学で検討されている方におすすめです。

 

 

コース種類・料金

2019年合格目標スペシャルコース
Web+音声DL通信講座284,000円
DVD通信講座340,000円
通学Web+音声DLフォロー付324,000円
通学DVDフォロー付380,000円
2019年合格目標スーパースペシャルコース
Web+音声DL通信講座351,000円
DVD通信講座402,000円
通学Web+音声DLフォロー付391,000円
通学DVDフォロー付442,000円

 

TAC、大原と並び大手公務員予備校の1つになります。知名度の高い有名スクールですので、安心感は格別!

 

 

コース種類・料金

2019年合格目標総合本科生
Web+音声DL通信講座327,000円、入会金10,000円
DVD通信講座409,000円、入会金10,000円
資料通信講座188,000円、入会金10,000円
教室講座324,000円、入会金10,000円
個別DVD講座324,000円、入会金10,000円
教室+個別DVD講座(VIPコース)355,000円、入会金10,000円
教室+DVD通信講座461,000円、入会金10,000円
2020年合格目標1.5年総合本科生Plus
Web+音声DL通信講座444,000円、入会金10,000円
教室講座440,000円、入会金10,000円
個別DVD講座440,000円、入会金10,000円
教室+個別DVD講座(VIPコース)490,000円、入会金10,000円

対応学歴区分

大卒程度

 

大卒程度の国家一般職区分の受験するならTACは比較対象に加えておくべきでしょう。高卒程度の取扱いはありませんので、注意が必要になります。TACはコース種類・メディア種類が非常に豊富にありますので、1人一人に合った学習をすることが可能です。講師レベル、サポート体制に優れた王道の国家公務員一般職予備校です。

 

 

講義を休んだ時のフォロー制度がしっかりしているところや、講師の方々がとても熱心に対応してくれると感じたためTACを選びました。


 

 

TACの一番の魅力は情報量の多さだと思います。筆記試験の予想的中率はとても高いですし、面接復元シートには、面接の情報が詳細に載っています。


 

本省採用と出先機関勤務について

 

2ch(2ちゃんねる)噂など度々話題になるのですが国家公務員一般職の場合ですと「本省で働くか?」、「出先機関採用になるか?」この2つの選択道によってその後の国家公務員としての人生が変わってくると言っても過言ではないでしょう。

 

それぞれの特徴について簡単にメリット・デメリットを分析してみましたので、ご覧くださいませ。

 

本省勤務の魅力・注意点

 

公務員であれば誰もが一度は憧れる行政の中枢を担っている霞ヶ関で働くことができるのは大きなメリットであると思います。

 

世間帯、誇り、モチベーション維持、社会的地位などに魅力を感じて選択する方も少なくはないでしょう。実際に中央官庁の本省で働いているのは大企業の本社勤務のように「凄い」とか「エリートだね」などと思われるのが一般的だと思います。そんなカッコいい自分を想像することで受験勉強を頑張ることができるということもあるでしょう。

 

但し、注意が必要なのはメリットばかりではないのです。実は国家一般職(本省)の場合ですと下記の懸念点があります。

 

  1. 残業が多く激務
  2. 仕事量が多いのに薄給
  3. 2年~4年くらいのスパンで国内外幅広く転勤
  4. 20歳以上年下の上司にこき使われる

 

毎日のように膨大な仕事量をすることになりますので、深夜~早朝勤務も当たり前のようにある世界です。昔に比べると大分楽になったと口コミもありますが、実際にはまだまだ激務度の高い職場であるケースが多いと思います。体力的な面で自信がないと中途で退職に追い込まれてしまう可能性も十分にありますので、注意が必要になります。実際に本省に求められる人材像としては心技体のバランス力という話はよく聞きますからね。

 

また、その仕事量に対しての給料が少ないと不満を持っている職員も多数いるのだとか。国のために頑張る!という気持ちはあると思いますが、人間誰だってお金は欲しいですからね。何となく国家公務員は残業代が全て手当として支給されるイメージがあるのですが、実はそれは大きな間違えです。実際には膨大な残業時間の3分の1、4分の1程度が裏事情の相場なのだとか。

 

さらに転勤が多いので結婚して家族を持った時に子供を何度か転校させなければいけないケースもありえますので、その辺りについても検討対象には加えておきたいですね。そして意外と話題にはならないのですが、国家一般職大卒本省採用の場合ですと新卒2~3年目くらいまでは特に気にならないと思いますが、40歳、50歳になった時に将来の高級官僚である国家公務員総合職(キャリア組)の20代中盤~後半が直属の上司になる可能性が高くになりますので、自分の息子・娘と近い年齢の若者に支持されて、仕事のミスで怒られてやるせなくなる職員も結構いるみたいですね。

 

公務員は完全に階級社会ですからね。プライドの高い方にとっては窮屈かもしれない。

 

勿論、メリットもあります。本省課長級クラスまでなら十分にノンキャリアでも出世の可能があります。年収においても昇任レースに勝つことができれば1000万円以上目指せますので、野心があるのであれば選択するメリットはあるかもしれない。但し、時給換算をすると実はあまり得しているとは言えない状況の場合も・・・。

 

出先機関・地方エリア勤務の魅力や注意点

 

大半の国家一般職は大卒程度でも高卒程度においても地方勤務になります。

 

出世・昇任スピードにおいては本省勤務に比べると劣りますが、緩やかに公務員生活を満喫したい方におすすめです。

 

例えば・・・

 

  • 残業が少ない
  • 転勤の範囲が限られている
  • 責任度の高い仕事が少ない

 

上記のメリットがあります。残業が少なく給料水準もそれほど本省国家一般職と変わらないのでコストパフォーマンス的な目線で見ると地方勤務の方がいいと思います。また、労働時間や責任度を考えると精神的なストレスを抱え、「キツイ」、「辛い」、「疲れた」、「辞めたい」など追い込まれるリスクについても低いのではないか?と推測しているところではありますね。確かに出世においてはハードルが少し高くはなりますが、地方勤務から本省で活躍されている方もいますので、最終的にどうにでもなることは結構あるのです。

 

出世・昇進のレベルで考えると一般的な地方上級と同等クラスになります。

 

日程・試験概要について

 

平成28年度版を基に掲載しています。

 

採用までの流れ・手順について

 

受験案内を確認→インターネット受験申込→1次試験→1次合格発表→2次試験(人物)→最終合格発表→官庁訪問→採用内定→採用(勤務スタート)

 

地方公務員試験の場合ですと最終合格=採用という認識である自治体が多いのですが、国家公務員試験は合格=採用という方程式は成り立ちません。各府省で面接を受ける必要があり、その中から採用される仕組みになっています。希望する省庁に積極的にPRすることも大切になりますが、まず官庁訪問先の仕事内容や課題など様々な知識を深めることが重要になります。

 

なお、国家一般職官庁訪問ルールがあり、事前予約に関することや接触禁止期間について掲載されていますので、シッカリと確認しておきましょう。

 

イベント・セミナーなど業務説明会に参加する

 

人物試験が重要視されている国家公務員一般職において面接対策をするために情報収集をするのは非常に大切になります。過去には下記のようなイベントや講演などが実施されています。

 

啓発活動

 

  • 霞が関特別講演
  • 公務研究セミナー 
  • 女性のための公務研究セミナー等
  • 女性のためのトークライブ 
  • 一般職官庁業務(管区機関等)説明会
  • 大学等での就職ガイダンス     
  • 霞が関(公共政策・法科)大学院生インターンシップ
    

 

人材確保活動

 

  • 霞が関OPENゼミ等
  • 法科大学院生対象業務説明会
  • 一般職各府省合同業務説明会

 

より良い人材確保のために人事院は公務員希望者である女性、大学生、理工学性を中心に様々なイベント・セミナーが開催されていますので、論文試験対策や面接試験対策として参加することでメリットは多数あります!最新情報は常に必見ですね!

 

大卒程度試験区分・概要

 

採用予定区分:行政、電気・電子・情報、機械、土木、建築、物理、化学、農学、農業農村工学、林学

 

平成28年度試験の日程例:1次試験日6月12日→1次合格発表日7月6日→2次試験7月19日~8月4日→最終合格者発表8月22日

 

1次試験内容(行政区分):基礎能力試験(教養試験)、専門試験、一般論文試験

 

2次試験内容:人物試験(個別面接)

 

本省と地域勤務の採用区分があります。国家一般職(大卒程度)の難易度は地方上級と同じくらいと言われています。平均年収・給料などについては地方公務員に比べると50万円くらい低い水準であると言われています。倍率・競争率は職種によって異なりますが、一般的に技術系よりも行政系の方が難易度が高い傾向があります。忙しい場合においても国家公務員一般職の通信講座や夜間の予備校・専門学校などを利用して対策したいところではありますね。

 

目安となる勉強期間については1年~1年半程度になります。

 

高卒程度試験区分・概要

 

平成28年度日程:1次試験9月4日→1次合格発表10月6日→2次試験10月12日~10月21日→最終合格発表11月15日

 

試験区分:事務、技術、農業土木など。

 

1次試験内容(事務):基礎能力試験(知能分野・知識分野)、適性試験、作文試験

 

1次試験内容(事務):人物試験(個別面接)

 

*技術系などは専門試験も実施されています。出題範囲や分野については採用案内をご覧くださいませ。

 

国家一般職高卒程度は現役合格するのは非常に難しいと言われています。偏差値60前後の高等学校で成績優秀の方でもたくさん落ちています。専門卒や短大卒でも年齢制限を考えると受験することができるケースもありますので、数ある高卒公務員試験・初級区分の中でも最難関クラスであると言えます。

 

倍率・競争率についても高いので勉強期間についても1年間は最低でも設けたいところではありますね。夏まで部活を続けて短期の勉強で1次試験合格するのは至難の業です!ただし、諦めなければ1ヶ月、2ヶ月程度の勉強でも内定を勝ち取ることができる可能性はありますので、頑張ってみてくださいませ!

 

ページ最後には高卒国家一般職の予備校・通信教育として評判&口コミのサービスを紹介していますので、よろしければ基礎能力対策や作文対策・面接対策などで活用してみてくださいませ。

 

国家一般職の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

高卒程度・大卒程度のいずれにおいても多数のテキスト教材が市販で購入することができます。歴史のある公務員試験になりますので、過去問などの情報も多数ありますので、精査して自分の理想とする参考書・問題集を見つけてみてくださいませ。独学で勉強する場合ですと合否を分ける非常に重要な買い物になりますので、適当に選ぶのではなくシッカリと自分なりにポイントは抑えておきたい。

国家一般職予備校の口コミ(2件)&比較記事一覧

一括りに自衛官になる!と言っても様々な試験区分があることはご存知でしょうか?中卒者や高卒者に人気がある「自衛官候補生」や「一般曹候補生」が一番オーソドックスで受験者も多いのが特徴的になります。大卒程度であれば「自衛隊幹部候補生」が例年注目されている公務員試験の1つになりますね。また、難易度が国立大学クラスの偏差値と言われている「防衛大学校学生採用試験」も最高幹部・エリート階級を目指すのであればおす...

受験資格は高卒見込みの者及び高卒後3年を経過していない者とされていますので、年齢制限を考えると高校生現役合格を目指すか、税務職員予備校・専門学校で対策をする方法が一般的になります。なお、このページで紹介するのは高卒国家一般職の税務職員採用試験に関する内容になります。企画としては税務職員通信講座・予備校比較ランキングなども用意していますので、評判&口コミ評価に優れたスクール塾を検証されている方は参考...

世界を股にかけて働く国際派の官僚になりますので、高収入で社会的地位が高いと考える方は非常に多いと思います。仕事内容を考えても交渉や調整を進めるためにまず日常会話レベルの語学では試験突破は難しく、その国や地域の方と同等に会話をすることが求められます。超エリートのイメージがある外務省に勤務する方法としては主に下記の4つの試験があります。国家総合職大卒国家一般職(旧 Ⅱ種)高卒国家一般職(旧 Ⅲ種)外務...

経済系のドラマであれば”脱税”に関する違法行為が定番の1つになりますが、それらを摘発・指導をする重要な役割を担っているのが国税専門官になります。勤務先である国税庁の組織は長官官房、課税部、徴収部、調査査察部、税務大学校、国税不服審判所、税務署、国税局調査部、国税局査察部など様々な部署で編成されているのが特徴的になります。さて、今回紹介するのは国税専門官対策の予備校・専門学校比較ランキングになります...

国の財政・金融のスペシャリストである職種が誕生したのは実は結構最近の話で歴史は浅いのが特徴的になります。今回紹介するのは財務専門官の予備校・専門学校比較ランキングになりますが、場所によっては校舎に通学するのが難しいという受験生もいるでしょう。そのような方のために財務専門官通信講座・通信教育おすすめ特集も企画していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。なお、試験対策だけではなくまずは職業に関す...

厚生労働省が実施している食品衛生監視員採用試験の歴史はまだ浅く、平成24年度より専門職試験として実施されています。身分は国家公務員になります。(なお地方公務員でも各自治体で衛生区分、衛生監視員区分などでも採用が実施されていますが、ココでは厚生労働省が実施している試験について説明をしています。)このページで紹介するのは食品衛生監視員の予備校・専門学校比較ランキングがメインになりますが、仕事内容やお財...

専用のコースを設けている公務員予備校はそれほど多くはなく、労働基準監督官の対策講座として有名なのは大卒程度に強いと言われているTACと老舗スクール塾であるLECになります。但し、最近ですと東京アカデミーも労働基準監督官予備校・専門学校として人気を集めていますし、資格スクール大栄においても決して負けてはいない状況になります。教養試験(基礎能力試験)、専門試験など筆記だけではなく2次の個別面接対策のノ...

法務省専門職員(人間科学)採用試験対策に頭を抱えている方も結構多いのではないでしょうか?独学勉強ですと試験範囲が広いことで的を絞った効率的な学習をするのは難しいと言われています。そこで、このページで紹介するのは法務省専門職員の予備校・専門学校比較ランキングになります。評判&口コミ2ch(2ちゃんねる)で評価されているスクール塾を厳選して掲載していますので、どうぞ参考にして頂ければと思います。もちろ...

飛行機をどのように飛ぶか?決める重要な役割を果たしていることで知られていますね。簡単に言えば”空の整備”をする人と言った方が分かりやすいかもしれないですね。ココで紹介するのは航空管制官の予備校・専門学校比較ランキングについてです。評判&口コミ評価、2ch(2ちゃんねる)噂などをチェックしてもあまりスクール塾に関する情報は無いのでどのように試験対策をすればいいのか?悩まされている方も多いのではないで...

日本を海を守る国家公務員公安職として注目を集めているのが海上保安官になります。近年にニュースで竹島・尖閣諸島の話題で度々出てくる「領海」、「排他的経済水域」における密輸・密航などの海上犯罪、海難などの救出作業をするなどが役割の1つになります。近年においては伊藤英明さん主演のドラマ・映画で大ヒットした「海猿」で一躍世間に仕事内容が知り渡りましたが、ココでは本質的な部分についても迫っていきたいと考えて...

気象庁に就職するには主に下記の3つの方法があります。総合職(院卒者・大卒程度)一般職(大卒程度)気象大学校学生採用試験それぞれの試験に合格する必要があり、高校生の段階で将来なりたい職業として「気象庁」を挙げているのであれば気象大学校を受験するのが王道になると思います。なお、キャリア官僚として最高幹部のポストまで出世・昇進したいのであれば国家総合職採用試験を突破するのがベストになります。気象大学校学...

天皇皇后両陛下及び皇族各殿下を護衛する特別司法警察職員になります。あまり知られていないのですが、皇族を守る重要な役割を果たしている警察庁附属機関に勤務する国家公務員になります。(宮内庁と間違える方が多いみたいですので、面接試験等の回答では特に注意する必要があります。)さて、今回紹介するのは皇宮護衛官の予備校・専門学校比較ランキングになります。皇宮護衛官採用試験対策でおすすめのスクール塾に厳選してい...

法務省管轄の刑務所・少年刑務所・留置所などに勤務することになりますので、精神的なタフさが必要になる仕事の1つになります。刑務官の業務内容は収容者に対する生活指導や職業訓練など社会復帰を支援するための様々になります。脱走しないように警備をすることも仕事内容になりますが、時には一人の人間・兄貴分として悩み事の相談(カウンセリング)に乗るケースも結構あるみたいですね。点検・引率・巡回などの指導及び監督業...

法務省入国管理局で働く公安職の国家公務員である入国警備官に関する基礎知識や対策ポイントなどをまとめているページになります。法律違反をする海外観光客・外国人の取り締まりをして日本を安全を守るのが主な使命になります。仕事内容・業務内容については大きく4つに分類されていますので、覚えておきましょう。(後半には入国警備官予備校・専門学校比較ランキングを紹介しています。評判&口コミ評価に優れているスクール塾...

裁判が影で縁の下の力持ちとして支えているのが裁判所事務官、裁判所書記官、課程裁判所調査官などの職業になります。決して派手で目立つような仕事ではなく、ハッキリ言って仕事内容は地味で庶務的な作業が多いのが特徴的になります。しかし、裁判所をスムーズに進めるためには無くてはならない業務内容もたくさんあり、審理・裁判をする裁判官を全面的にサポートしています。さて、メインで紹介するのは院卒者区分・大卒程度(総...

数ある中でも圧倒的な倍率・競争率を誇る超難関試験の1つになります。このページでは国立国会図書館予備校・専門学校比較ランキングの紹介をメインに仕事内容や給料事情・過去問など様々な基礎知識を解説していますので、はじめて受験する方にとっては参考になると思います。もちろん、周辺エリアに校舎が無い方のために国立国会図書館対策の通信講座・通信教育おすすめ特集も用意させて頂いています。国立国会図書館の予備校おす...

身分は特別職の国家公務員になります。給与・休暇等の待遇においては一般職の政府職員に準ずる取り扱いになりますので、少し一般的な職員の処遇とは異なる点もあります。今回紹介するのは国会を守る衛視職員、衆議院・参議院事務局採用試験対策の予備校・専門学校比較ランキングになります。受験者数はそれほど多くはないのですが、何となく母国の政治家運営をサポートしたり、関わることができる点に魅力を感じている方も多いと思...

国立大学法人等職員の仕事内容は主に大学運営・管理・経営に関わる業務になります。職員の身分は以前までは文部科学省管轄の国家公務員だったのですが、平成16年4月より民営化(法人化)したことにより非公務員になりました。巷では準公務員と呼ばれていることもあります。さて、今回紹介するのは国立大学法人対策の予備校・専門学校比較ランキングになります。比較的安定している就職先として人気を集めている職場の1つで今後...

大阪府泉佐野市りんくうタウンに設置されている国土交通省の大学になります。学歴レベルについては高卒程度になりますので、高校生で進学を検討されている方は候補の1つとして加えておくことをおすすめします。また、試験合格後に航空情報科又は航空電子科に入学をすると2年間研修を積むことになります。ポイントとなるのは入学すると同時に国土交通省職員の国家公務員として採用されるため給与・諸手当が支給されます。一般的な...

防衛省に就職するには一般職(高卒程度)、一般職(大卒程度)、総合職(大卒程度)などの種類がありますが、実は「専門職」という区分も存在します。簡単に言えば特定の分野におけるスペシャリストを採用する試験で高度な専門性が求められる職業になります。技術職とは違いがあり、主に国際職と語学職が存在しますので、覚えておきたいところではありますね。なお、このページで紹介するのは防衛省専門職の予備校・通信講座比較ラ...