防衛省専門職の予備校比較

防衛省専門職の予備校・専門学校比較

防衛省に就職するには一般職(高卒程度)、一般職(大卒程度)、総合職(大卒程度)などの種類がありますが、実は「専門職」という区分も存在します。

 

簡単に言えば特定の分野におけるスペシャリストを採用する試験で高度な専門性が求められる職業になります。技術職とは違いがあり、主に国際職と語学職が存在しますので、覚えておきたいところではありますね。

 

なお、このページで紹介するのは防衛省専門職の予備校・通信講座比較ランキングになります。評判&口コミ評価に優れている専門学校・スクール塾に厳選することで選びやすい構成になっているはずです。2ch(2ちゃんねる)噂や体験談で筆記対策・面接対策を考えるよりもまずは行動する方が効率的です。なお、最初は防衛省専門職予備校おすすめ特集に入る前に基礎的な知識の説明から入りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

防衛省専門職の予備校おすすめランキング

 

防衛省専門職対策の通信講座・通学教室比較ランキングになります。人気のスクール塾に厳選していますので、評判&口コミ評価で選びたい方にもおすすめです!

 

まずは気軽に無料資料請求をしてみてくださいませ!

 

 

 

 

仕事内容・業務内容について

 

仕事内容としては防衛分野における国際的な会議の企画・調整・運営など極めて重要な役割になります。ニュースで取り上げられるような会議・イベント行事なども企画しますので、それをやり遂げた時の達成感は計り知れないものがあるようです。なお、語学職などの場合ですと会議通訳や資料翻訳など自分のスキルを存分に活かすことも可能になります。軍事用語を日々勉強したり、正確で好印象を与える英語のレセプションなど努力が目に見えやすい仕事内容・業務内容である点についても非常に魅力的であると思います。

 

特に在日米軍との会議はいhンパンに実施されていますので、英語のスキルは必須であると言えるのではないでしょうか?コミュニケーション能力によって相手との関係が良好に築かれるケースもありますので、喜びや満足感を得ることもできるでしょう。

 

また、国際関係の専門職で採用された方においては海外留学のチャンスを与えられているケースも結構ありますので、成長意欲のある方にとっては理想的な職場であると言えるでしょう。海外で学んだ文化・知識・情報などを活かして仕事をすることも可能になりますので、帰国子女の方で軍事分野における日本のサポートをしたい方は必見ですね。

 

試験日程・概要について

 

*平成28年度実施試験の内容を基に掲載・分析しています。以前は高卒程度(Ⅲ種)の採用も実施されていたのですが、大学卒業程度(Ⅰ種)の採用募集が一般的になっています。高卒程度の防衛省専門職を狙っているのであれば日々の情報収集が大切になります。

 

試験区分:語学(英語)、語学(ロシア語)、語学(朝鮮語)、国際関係(英語)、国際関係(ロシア語)、国際関係(朝鮮語)

 

日程:受付期間4月1日~4月18日→1次試験5月29日→1次試験合格発表7月1日→2次試験7月11日~7月15日→最終合格発表8月5日

 

1次試験内容:基礎能力試験(知能分野・知識分野)、専門試験(記述式又は多肢選択式)、論文試験(一般論文又は時事論文)

 

2次試験内容:口述試験(個別面接)、身体検査

 

専門試験の出題分野については試験区分によって異なります。例えば記述式のケースで考えると語学(ロシア語)の場合ですと露文和訳、和文露訳、露語文法になります。国際関係(朝鮮語)の場合ですと朝文和訳、和文朝訳、朝鮮語文法になります。専門試験記述式は特に合否を決める重要な種目になりますので、シッカリと準備をしたいですね。

 

国際関係の多肢選択式の専門試験は国際関係論、安全保障論、外交史、国際政治学、国際機構論、比較政治学、国際法、国際経済学になりますので、シッカリと対策しましょう。なお、採用予定先については試験区分によって内部部局、航空自衛隊、陸上自衛隊、情報本部に分かれています。

 

防衛省専門職の年収・給料

 

平均年収650万円~690万円(推定)

 

敵意用俸給表については行政職俸給表(一)1級25号俸になります。初任給は新規卒業者で東京都特別区勤務の場合ですと平成28年2月の段階では209,390円になります。それに加えて扶養手当、住居手当、通勤手当、期末手当・勤勉手当(賞与ボーナス)、超過勤務手当(残業手当)などの諸手当が状況によって支給されます。

 

出世・昇進スピードによっても同期で年収・給与・退職金などは変わってきますので、少しでも階級・役職をグレードアップさせるために仕事を頑張ることが高収入への道になります。

 

防衛省専門職の難易度・倍率について

 

10段階中・・・7

 

難易度は高いのですが、総合職に比べると劣ります。競争率・倍率においては語学(英語)・国際関係(英語)が高い傾向があり、その他の外国語については割と低倍率になっているケースが例年のデータを見ると多いです。なお、年度によっては中国語での採用募集を実施しているケースもありますので、興味があればチェックしてみてくださいませ。シッカリと防衛省専門職予備校・通信講座で効率的に勉強をすれば1年~2年程度でも十分最終合格を狙える難易度になりますので、積極的に挑戦してみてくださいませ!

 

防衛省専門職の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

テキスト教材選びで一番大切なのは出題内容とマッチングしているか?という点になります。これでズレが生じると公効率的に学習を進めるのが困難になります。それを重点的に考えて独学で勉強を進める場合は過去問や参考書を決めるといいでしょう。