航空管制官の予備校比較

航空管制官の予備校比較ランキング

飛行機をどのように飛ぶか?決める重要な役割を果たしていることで知られていますね。簡単に言えば”空の整備”をする人と言った方が分かりやすいかもしれないですね。

 

ココで紹介するのは航空管制官の予備校・専門学校比較ランキングについてです。評判&口コミ評価、2ch(2ちゃんねる)噂などをチェックしてもあまりスクール塾に関する情報は無いのでどのように試験対策をすればいいのか?悩まされている方も多いのではないでしょうか?また、自宅から校舎までの距離が遠くて直接講義を受けることができない方向けに航空管制官通信講座・通信教育おすすめ特集も紹介していますので、興味がある方は早速ページ最後をご覧くださいませ。

 

それでは前半編は仕事内容やお財布事情・試験の難易度など基礎的な知識から解説していきたいと思います。

 

航空管制官の予備校おすすめランキング

 

人気のある公務員試験対策の塾をまとめてみました。航空管制官は東京アカデミー、TAC、大栄辺りをチェックしておきたいですね。大手で考えているのであればLEC、大原も加えておくといいでしょう。通信講座・通信教育の取り扱いもある予備校ばかりですので、通学で通えない方も安心です。

 

まずは気軽に資料請求をしてみてくださいませ。

 

 

 

 

仕事内容・業務内容

 

空港勤務の場合ですと「管制塔」という細長い建物で勤務するのが一般的になります。通常のお客さんはターミナルビル→誘導路→滑走路の流れで移動しますので、一般の人は基本的には立ち入りません。

 

実は飛行機がターミナルビルから誘導路に行くまでの支持をしているのが航空管制官になります。大きな機体を動かすことになりますので、少しでも動作があると危険がたくさんありますからね。まわりの安全を確かめてタイミングを調整したり、時にはパイロットで無線で情報を伝えるなど重要な役割を果たしているのが特徴的になります。

 

続いて誘導路から滑走路に向かう時も同様になります。時速250~300kmの猛スピードで走っていますので、誘導路から前に進んでいる飛行機が途中で飛び出て来てぶつかるようなことがあれば大変な災害を招く可能性は大です。その調整はもちろん、実は離陸や着陸は管制官の許可が無ければできないので大切な判断を下す業務内容になっているのです。

 

勿論、安全確保が第一ですが込み合ったり、待たされる飛行機がたくさんあっては予定通りに顧客が飛行するのが難しくなります。位置等をシッカリ考えて効率的に順番・順序を考えなければいけないのもポイントになります。

 

そして、いよいよ飛行機が空に飛び立つ訳ですが、考えてみると陸の道路のように信号や交通標識など空にはありません。それではパイロットの自由にどこでも操縦することができるのか?といえば違います。そのように何もルールが無ければ他にも飛行機が飛んでいますので、事故に巻き込まれてしまうでしょう。それを防止するのも航空管制官の仕事内容になります。

 

基本的には航空路と言ってあらかじめ目的先までの通り道が決められています。しかし、だからといって安心という訳ではなく、予定よりも速く進んでいる飛行機がいれば、遅い飛行機もいますので、交差点でぶつかりそうであればそれを回避するために調整したり、スピードを落とすように指示をしたりします。

 

ココで1つの疑問として管制塔ってそんなに高いの?と思われるかもしれないのですが、目視するのではなく衛星通信レーダーで位置を確認されています。空港以外においても航空交通管制部と航空交通管理センターで勤務するケースもあります。

 

試験日程・概要について

 

平成28年度実施試験を基に掲載しています。

 

採用予定数:約120名

 

日程:1次試験5月29日→1次合格発表6月28日→2次試験7月6日→2次合格発表8月22日→3次試験9月1日~9月2日の指定する日→最終合格発表10月4日

 

第一次試験内容:基礎能力試験、適性試験Ⅰ部、聞き取り外国語試験(英語のヒアリング)、多肢選択式の外国語試験(英文解釈、和文英訳、英文法)

 

第二次試験内容:外国語試験面接(英会話)、人物試験(個別面接)

 

第三次試験内容:適性試験Ⅱ部、身体検査、身体測定

 

適性試験が1次と3次の2回に分けて実施されている点については非常に興味深いですね。それだけ特殊な仕事であり、その適性に合った人材を採用したいということでしょう。不適合と判断された場合は恐らく筆記試験や人物試験で高評価でも落とされる可能性が高いと考えられます。また、パイロットも外国人が多いので語学能力は必須になります。ヒアリング能力や英文解釈、英会話など高度なレベルが求められています。それを理解しなければ適格に判断・指示をするのは難しいですからね。なお、航空管制官予備校・専門学校を利用されている方であれば面接対策や外国語試験対策は特に問題は無いと思いますが、独学で勉強する方は注意が必要になります。

 

膨大な試験範囲を全て学習するとなるとたくさんの時間が必要になりますからね。短期で効率的に合格を目指す場合は勉強する範囲・分野もある程度的を絞ることが大切になります。独学の方こそ情報収集が欠かせないですね。

 

航空管制官の年収・給料

 

平均年収640~660万円(推定)

 

国土交通省の国家公務員になります。専門職になりますので、特殊な仕事内容も多いので諸手当が付きやすい傾向があります。一般的な給与水準を考えるとやや高めと考えていいでしょう。退職金・福利厚生・休暇制度・そして何より安定感を考えると年収・給料以上に魅力を感じるでしょう。賞与ボーナス(期末・勤勉手当)もシッカリ毎年出ていますからね。

 

航空管制官の難易度・倍率について

 

10段階中・・・6.5

 

申込者数は少子化の影響なのか!?年々減少傾向にありますので、以前に比べると難易度は下がっていると分析しています。今後もそのような流れになるのではないかと考えられます。試験対策で忙しい社会人などの場合ですと航空管制官通信講座を利用してWEB学習をするのも1つの手です。

 

一例として競争率がある程度予想することができるデータを掲載しておきましたので、ご覧くださいませ。

 

平成27年度実施結果

 

申込者数:1,077名

 

最終合格者数:102名

 

航空管制官の過去問・参考書・問題集の選び方について

 

あまり多くはないので当サイトでは独学よりも予備校・スクール塾をおすすめしています。専用のテキスト教材を見つけたいのであれば大きな書店で探すのが理想的だと思います。独学の場合ですと参考書や過去問をどれにするか?によって勉強の効率性が変わってきますので、注意が必要になります。