【2020年】相模原市役所の年収モデル~年齢・役職別一覧

【2020年】相模原市役所の年収(給料)モデル~年齢・役職別一覧

緑区、中央区、南区の3区で構成されている相模原市は、神奈川県で第3位の人口規模を擁し、市民ニーズに対応できる多様で個性的な商業地が形成されています。

 

そんな政令都市で働きたいという方、公務員就職、転職を検討している方は必見になります。ここでは相模原市役所の職員の年齢別給料や賞与、退職金についてまとめていますので、県庁、市役所、町役場の比較にみてはいかがでしょうか。また、民間企業就職と迷われている方もご覧下さいね。

 

相模原市役所公務員の平均年収~生涯賃金まで徹底検証!

 

全職種

 

給与413,200円、賞与1,670,100円、年収662万円
年齢40.4歳 退職金(60歳定年)2,248万円

 

行政職

 

給与422,801円、賞与1,644,100円、年収670万円
年齢40.4歳、退職金(60歳定年)2,273万円

 

教育職

 

給与417,455円、賞与1,731,650円、年収673万円
年齢40.0歳、退職金(60歳定年)2,428万円

※総務省(H30年給与・定員等の調査結果)参考

 

平均給与月額(一般行政職)

 

  • 全地方公共団体:401,242円
  • 都道府県:413,909円
  • 政令都市:427,624円
  • 国家公務員:410,940円

 

相模原市職員の年収は、政令都市のなかで中間あたりに位置しています。政令都市ラスパイレス指数は99,5で18位/20都市になります。政令都市のなかでは、平均給与は低いですが、2018年の相模原一般年収平均は341万ですので、それに比較すると市職員の給与の高さが際立ちます。

 

ラスパイレス指数とは、全地方公共団体の一般行政職の給料月額を同一の基準で比較するため、国の職員数(構成)を用いて、学歴や経験年数の差による影響を補正し、国の行政職俸給表(一)適用職員の俸給月額を100として計算した指数。

 

ちなみに相模原市消防職は平均年齢38.7歳、平均給与41.5万円、医療職は52.1歳、89.8万円になります。医療職は高収入の医師など含まれますので、平均年収は行政職よりも倍以上の年収が見込めます。消防職については、行政職の賞与、退職金、生涯賃金よりもほぼ同額またはそれ以上と考えられます。

 

諸手当(平均)

 

全職種 93,955円
一般行政職 115,410円
教員職 77,015円
内訳(職種によって異なる) 扶養手当、地域手当、住居手当、初任給調整手当、通勤手当、単身赴任手当、特殊勤務手当、管理職手当、義務教育等教員特別手当、時間外勤務手当、管理職員特別勤務手当、夜間勤務手当、休日勤務手当

 

生涯賃金

 

およそ2億7900万円と予想されます。高卒はそれよりも少ないですが、大学でかかる費用を考えると、最終的に大卒の職員と変わらないとも言われています。

 

相模原市職員VS民間企業年収比較

 

県内の企業数は19万9200、会社企業は10万2084あり、そのなかでも相模原市公務員は高年収に位置しています。上場企業(神奈川)でいうならば、年収ランキング47~50位のプレス工業、電機機器のエヌエフ回路設計ブロック、イリソ電子工業、フィード・ワンなどが、相模原市役所と同じぐらいの平均年収になります。

 

相模原市役所の職種別初任給

 

職種 初任給
一般行政職 大卒:182,100円

高卒:148,000円

技能労務職 高卒:140,700円

中卒:128,900円

消 防 職 大卒:206,600円

高卒:167,000円

医 療 職 大学6卒:245,200円
教 育 職 大卒:206,400円

 

国家公務員の初任給は、一般職(大卒)179,200円、高卒程度147,100円で、相模原市役所の行政職と比べると、若干ですが市職員のほうが高くなっています。

 

川崎市役所の職種・学歴・年齢別平均給料月額

 

区分(学歴) 20~30歳 40歳 45歳 50歳
一般行政職(大卒) 26万円 36万円 38万円 40万円
一般行政職(高卒) 21万円 31万円 36万円 37万円
消防職(大卒) 27万円 38万円 40万円 42万円
消防職(高卒) 24万円 33万円 37万円 39万円
教育職(大卒) 31万円 39万円 42万円 44万円

 

地方公務員は年1回昇給が上がる仕組みになっており、若いうちはゆるやかですが、30代~40代にかけては昇給UP率が高くなります。能力の有無に関わらず、基本給は上がっていきますので長く続けらる安心感があります。また、高卒は同期になる大卒と比べ、出世は遅いですが、40歳頃になると同じポジションにつくことになりますので、月額給料は若いときよりも差が縮まっていきます。

 

そうはいっても月給2~3万円の差はありますので、高卒と大卒の給料差は、年間にすると30~40万円の違いがあります。さらに、昇格によって、年収の差は大きく広がります。

 

相模原市≪一般行政職≫役職別の月額給料・年収

 

級(役職) 年代 月額給料 年収
1級(主事) 20代 139,100~245,400円 370~450万円
2級(主事) 20代後半 189,100~302,300円 420~560万円
3級(主任) 30代 225,000~348,100円 520~660万円
4級(主査) 30~40代 259,400~379,100円 580~740万円
5級(副主幹) 40代 285,900~391,900円 640~780万円
6級(課長) 40代半ば 316,500~407,500円 680~800万円
7級(参事) 50代 360,600~443,000円 760~860万円
8級

(会計管理、部長)

50代 406,200~466,700円 820~900万円
9級(局長、区長) 50代半ば 456,500~525,600円 920~1000万円以上

 

国税庁が発表する民間給与の平均年収は432万円で、これは20代後半~30代前半の相模原市役所職員の年収に匹敵します。その後、問題なく順調に昇給、昇格することで給料は更にアップします。そして、高卒でも頑張れば、主査、副主幹あたりまで登りつめることが可能です。わずかですが、課長に就任している高卒出身もいます。

 

ただ、参事以上になると大卒・院卒出身者が占め、参事、部長クラスは年収800万~900万円、局長、区長は1000万円の年収が見込めます。