【2019年】さいたま市役所の年収モデル~年齢・役職別一覧

【2019年】さいたま市役所の年収モデル~年齢・役職別一覧

都市雇用圏における東京都市圏の中心都市であるさいたま市は、西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区の10の行政区に構成されている政令都市になります。地方公務員を目指す際、給料&年収の高い自治体が気になるという方もいることでしょう。

 

そこで、さいたま市役所は、行政職、技能労務職、高等学校教育職、小中学校教育職に大きく分けられ、約12,000人が従事しています。ここでは業種別の平均年収や行政職の役職別の給料など一覧にしていますので、参考にしてみて下さいね!また、さいたま市で民間企業への就職か公務員かで迷われている方もご覧下さいね。

 

さいたま市役所公務員の平均年収~生涯賃金まで徹底検証!

 

全職種

 

給与441,362円、賞与1,689,000万円、年収698万円
年齢40.1歳 退職金(60歳定年)2141万円

 

行政職

 

給与452,599円、賞与1,684,100円、年収711万円
年齢40.0歳、退職金(60歳定年)2286万円

 

教育職

 

給与428,228円、ボーナス1,752,121円、年収689万円
年齢40.8歳、退職金(60歳定年)2175万円

※総務省(H30年給与・定員等の調査結果)参考

 

平均給与月額(一般行政職)

 

  • 全地方公共団体:401,242円
  • 都道府県:413,909円
  • 政令都市:427,624円
  • 国家公務員:410,940円

 

さいたま市役所職員の年収は、県庁所在地、政令都市であることから埼玉県内の自治体のなかではもちろん1位。そして、全国の自治体のなかでもトップテン入りしており、政令都市のなかでは3番目に高い地方公務員になります。政令都市ラスパイレス指数は、101.3で3位/20都市になります。

 

そして、さいたま市の行政職と教育職は、さほど変わらない平均年齢ですが、毎月の給与に差があることがわかります。行政職の手当が多いこともあり、この様な結果になっていると思われます。そして、教育職を詳しくみてみると高等学校教育職の平均年齢は51.2歳、平均給与479,294円で、小・中学校教育職は、40.3歳、404,928円になります。また、消防職員については、39.4歳、389,794円になります

 

諸手当(平均)

 

全職種 117,581円
一般行政職 137,105円
教員職 82,243円
内訳(職種によって異なる) 扶養手当、地域手当、住居手当、初任給調整手当、通勤手当、単身赴任手当、特殊勤務手当、管理職手当、義務教育等教員特別手当、時間外勤務手当、宿日直手当、管理職員特別勤務手当、夜間勤務手当、休日勤務手当、寒冷地手当

 

生涯賃金

 

およそ2億9414万円と予想されます。また、高卒は大卒よりも少ないですが、大学でかかる費用を考えると、最終的に大卒の職員と変わらないとも言われています。

 

さいたま市職員VS民間企業年収比較

 

市内には本社を置く企業がたくさんあり、さいたま市上場企業25社のなかで、最も年収の高いのが電機機器メーカーの芝浦電子の701万円になります。次いで、2位クラリオン685万円、3位タムロン681万円になり、さいたま市役所の年収は、市内の上場企業トップ3を上回る高さを誇っています。

 

さいたま市職員の職種別初任給

 

職種 初任給
一般行政職 大卒:179,900円

高卒:146,400円

技能労務職 高卒:146,400円
高等学校教育職 大卒:207,500円
小中学校教育職 大卒:207,500円

 

県内国家公務員の初任給は、一般職(大卒)179,200円、高卒程度147,100円で、さいたま市職員(行政職)の大卒初任給のほうが若干高いですが、高卒は少ないです。

 

さいたま市職員の職種・学歴・年齢別平均給料月額

 

区分 20~30歳 40歳 45歳 50歳
一般行政職(大卒) 25.9万円 32.3万円 36.8万円 38.6万円
一般行政職(高卒) 21.6万円 29.3万円 32.3万円 36.8万円
技能労務職(高卒) 21.6万円 29.3万円 32.3万円 36.8万円
高等学校教育職(大卒) 30万円 36万円 38万円 41万円
小・中学校教育職(大卒) 29万円 35万円 37万円 39万円

 

民間企業では崩れつつある年功序列の給与制度が、公務員では維持されているので、個人の成績に関わらず毎年の昇給により給料UPするのは魅力です。長く勤めるほど基本給が上がっていくので、安心感もあります。また、高卒は同期になる大卒と比べ、出世は遅いですが、40歳頃になると同じポジションにつくことになりますので、多少、給料差はあるもの若いときよりも縮まっていきます。

 

ただ、役職や管理職につく、つかないとでは同年代のなかでも月額の給与の差は大きいのが現状です。

 

さいたま市≪一般行政職≫役職別の月額給料・年収

 

1,306人・32.9% 664人・16.8% 1,035人・26.1% 433人・10.9% 292人・7.4% 140人・3.5% 63人・1.6% 33人・0.8%
区分(役職) 年代 月額給料 年収
1級(主事・技師) ~20代後半 141,900~280,700円350~550万円
2級(主任) 30代~後半 232,300~355,100円550~700万円
3級(係長) 40代 268,800~398,200円630~800万円
4級(課長補佐) 40代後半 304,900~412,500円680~820万円
5級(課長) 50代 351,000~450,900円750~900万円
6級(次長) 50代半ば~ 393,100~482,800円850~930
7級(部長) 50代後半 446,000~516,300円890~980万円
8級(局長・区長) 50代後半 504,200~556,300円960~1000万円以上

 

さいたま市役所の職員7割以上の方が係長、課長補佐までの役職につくことができ、課長まで登りつめるのはほんの一部になります。ちなみに20代の多くは主事・技師に含まれ、年収は約350~550万円で、民間企業の平均年収が432万円で、さいたま市職員20代は既にこの平均年収を上回ることができます。

 

そして、30代になると主任に昇格し年収600万円以上が見込め、40代になると700万円、50代に突入し課長クラスになれば年収800~900万円が期待できます。そして、ほんの一握りですが、部長、局長になれば1000万以上も夢ではありません。ただし、管理職のほとんどが大卒出身者になり、高卒出身者は頑張ってもせいぜい課長クラスぐらいと思われます。